CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< クリスマスのケーキ | main | 「一瞬の風になれ 2 ヨウイ」佐藤多佳子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「チョコチップ・クッキーは見ていた」ジョアン・フルーク
チョコチップ・クッキーは見ていた
チョコチップ・クッキーは見ていた
ジョアン フルーク

ミネソタ州のレイク・エデンで「クッキー・ジャー」を経営するハンナ。毎日決まった時間にキチンとミルクを配達し、その後ハンナクッキーとコーヒーを飲んでいくロンが現れなかった。おかしいと思い外にでてみるとそこでハンナが見つけたのは胸を打ちぬかれたロンだった。

chiekoaさんのところで見かけて借りてみました。うん、こういうの大好き。昔はアメリカのこの手の殺人事件あり、恋あり、親との確執ありの物語ばかり読んでいました。やっぱりいいなぁ。
ハンナはもうすぐ30歳になる独身女性。赤毛で大柄。猫と二人暮らしをしています。母親はレイク・エデン中の独身男性とハンナをくっつけようと一生懸命。ハンナの妹アンドリアは保安官助手のビルと結婚し、今は娘トレイシーを保育園に預けながら不動産の仕事をしている。ハンナの店で働いているリサはアルツハイマーの父親を持つ、才能豊かな女の子。

ロンの死体を発見したハンナが義弟のビルの手助けをするため、いろんな人に質問したり時には忍び込んだりして事件の真相に迫ります。あー誰が犯人だったか、半月もしたら絶対に忘れます。

| 本:海外の作家 | 22:18 | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |
コメント
わーい!ななさんが読んでくれてうれしいです!
私も犯人誰だったかもう忘れてますよ(笑)。
大丈夫です!
シリーズを読み進めていくと、きっとさらに好きになれることうけあい♪そして、このとおり作って食べてたら巨漢になることもうけあい…。
| chiekoa | 2006/12/27 5:29 PM |
chiekoaさん、よかった!
ホッとしました。

確かにこの通りに作って食べてたら物凄いことになるでしょう。
chiekoaさんの底なしぶりは色々うかがってますが
どうしてそんなにお痩せさんなの?
基礎代謝量の違いかしら?
| なな | 2006/12/27 9:03 PM |
ななさん、お久しぶりです。
ななさんと、chiekoaさんのブログで見かけて以来ずっと読みたかった本です。
犯人は、わりと印象の薄い人でした。
事件に関係なさそうな・・・。
脇役感覚で読んでいたけど、とんでもなかった(笑)

記事と関係ないんですが、ななさんが読まれた、石田千さんの「部屋にて」が気になってます。

| 琉歌 | 2007/08/07 11:03 AM |
琉歌さん、こんばんは。

このシリーズ、次の本を読んだら琉歌さんもきっと
「あぁ、この人が犯人ね」ってわかると思います。
そんな水戸黄門的な「おきまり」具合が大好きです。
それにしても危険な本ですよね。
クッキーやチョコレートなしには読めませんもの。

石田千さんの「部屋にて」すごくいいですよ。
石田さんの選ぶ言葉が好きです。
読みながら、自分の子どもの頃の事や親とのことなど
考えてしまいます。
| なな | 2007/08/07 11:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/648
トラックバック
チョコチップ・クッキーは見ていた [ジョアン・フルーク]
チョコチップ・クッキーは見ていたジョアン フルーク Joanne Fluke 上條 ひろみ ソニーマガジンズ 2003-02 電車でですね、向かいの人が読んでいた本が気になって仕方なかったのです。何が気になったって、タイトルが。凝視したわけじゃないんですけどね、こう、ちらり
| + ChiekoaLibrary + | 2006/12/27 5:27 PM |
チョコチップ・クッキーは見ていた ジョアン・フルーク
チョコチップ・クッキーは見ていた この本はBOOKCASEの琉歌さんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 そういえば、この本ってだいぶ前にななさんがよんでなかったけか?・・・と思い、調べてみる。あぁ、やっぱり読まれてた。記
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/08/06 12:50 PM |
「チョコチップ・クッキーは見ていた」ジョアン・フルーク
お菓子探偵ハンナシリーズ第一弾。 以前から読みたかった本ですが、ようやく読了。 主人公ハンナが「クッキー・ジャー」というお菓子のお店を経営している為、四六時中クッキーやコーヒーが登場します。 仕事ではもちろん、ここまでくると趣味なんじゃないかと
| BOOKCASE | 2007/08/07 10:39 AM |