CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ステップファザー・ステップ」宮部みゆき | main | 「カクレカラクリ」森博嗣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「愚者のエンドロール」米澤穂信
愚者のエンドロール
愚者のエンドロール
米澤 穂信

夏休み、「氷菓」を作る為に集まった古典部の4人。千反田がお願いがあると言い出した。2年F組有志によるビデオ試写会に一緒に行って欲しいというものだった。それは廃村で起きた殺人事件。だけど殺人が起きたところで映像は切れ、脚本家が病気で続きがなく、古典部の4人に犯人を推理して欲しいというものだった。

前回の「氷菓」が6月の話だったような…で、夏休みの物語です。今私が本を読んでいるのが12月。寒い時期に暑い季節の物語を読むのもなかなかいいものです。早くあたたかくならないかなぁ。

省エネをモットーにする奉太郎。周りにのせられて「自分は推理が得意なのかも…」って思います。そして悩みながら出した結論。それを聞いた古典部のメンバーの反応。そこらへんがすごく好きでした。

それにしても、この高校生っていつの時代の高校生?ホータローがフォークソングを頭の中で唱えているし、里志はドラえもんの四次元ポケットのように欲しいものが何でも入ってる巾着袋を持ってる。巾着袋って…なんだか私が学生時代だった頃に男の子が持っていたような気がするんですけど…
| 本:や行(米澤穂信) | 21:55 | comments(8) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - |
コメント
米澤さんって確か78年生まれなんですが、…なんだか「サバ読んでます?」ってくらい渋い文章書かれることがありますよね。なんなんだろう。
古典部シリーズは時間の流れ方がものすごくゆっくりです。次の「クドリャフカ〜」でやっとカンヤ祭ですからね。今後どんな風に続いていくのか、私気になります!
| まみみ | 2006/12/12 8:36 PM |
まみみさん、こんばんは。

そうそう、私と同じにおいがするというのか
同年代なんじゃって思うような文章のことありますよね。
千反田さん登場だ!(笑)
| なな | 2006/12/12 10:08 PM |
このシリーズは、ななさんに追いついたぞ。
だけど他のシリーズは手付かずだ。
ゆっくり追っかけまーす(笑)
| しんちゃん | 2007/09/27 4:56 PM |
しんちゃん、さすがはやい!
「古典部シリーズ」新刊なんですよね。
もう出たのかしら?
きっと新刊が出る頃、次を読んで新刊に備える。
そんな感じになりそう…
| なな | 2007/09/29 11:19 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
面白かったですね。
古典部シリーズ、遅ればせながらはまっています。
ホータローは良いですね。
モットーも良いですが、発揮する推理力が素晴らしいです。
そして、時たま登場するお姉さま。
気になりますね〜^^;
| 苗坊 | 2008/02/24 7:50 PM |
苗坊さん、こんばんは。
古典部シリーズ、はまりますよね。
高校3年まで続くとか…楽しみです。
| なな | 2008/02/24 10:59 PM |
ななさん、こんにちは。
確かにいつの時代の高校生って感じです!(^^;
だからこそ魅力が更に増してるのかもしれませんね。
ウィスキーボンボンで酔っちゃったとか・・・
小学生のころを思い出します。懐かしい・・・。
(TBさせていただきました。)
| Spica | 2009/07/31 2:49 PM |
Spicaさん、こんにちは。
昔懐かしい感じがしますよね。
たしかに今の高校生じゃないから面白いのもあるのかも。
| なな | 2009/07/31 4:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/632
トラックバック
「愚者のエンドロール」 米澤穂信
愚者のエンドロールposted with 簡単リンクくん at 2006. 3. 5米沢 穂信〔著〕角川書店 (2002.8)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/12/12 7:28 PM |
「愚者のエンドロール」米澤穂信
愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)米澤 穂信 (2002/07)角川書店 この商品の詳細を見る 米澤さんの積読本を四冊も抱えているのに、またもや再読の道を選んでしまった。 古典部シリーズの二冊目です。 省エネがモ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/09/27 4:52 PM |
愚者のエンドロール 米澤穂信
愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫) 「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。 その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。 誰が彼を殺したのか?その
| 苗坊の読書日記 | 2008/02/24 7:49 PM |
米澤 穂信 「愚者のエンドロール」
愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)(2002/07)米澤 穂信商品詳細を見る 【内容】(「BOOK」データベースより) 「折木さん、わたしとても気...
| ホシノ図書館 (本と映画の部屋) | 2009/07/31 2:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/08/17 6:18 PM |
古典部、再び!
小説「愚者のエンドロール」を読みました。 著者は 米澤 穂信 「氷菓」に続く 古典部シリーズ2作目 脚本家が倒れ 犯人がわからない ミステリーの自主映画の真相を探る 前作と同じく、古典部のメンバーの キャラの良さ、楽しさが魅力ですね ストーリー、ミステリー
| 笑う社会人の生活 | 2012/06/25 10:25 PM |
小説『愚者のエンドロール』 ─ 心理コントロールとプロデュース能力に魅せられる ─
─ 小説『愚者のエンドロール』著:米澤 穂信 ─ アニメ『氷菓』もそろそろこの『愚者のエンドロール』のエピソードまで終わった頃でしょうか。小説『氷菓』を読んだ後、すぐさま ...
| Prototypeシネマレビュー | 2012/07/08 8:29 AM |
米澤穂信 「愚者のエンドロール」
JUGEMテーマ:読書感想文 &nbsp; ◆古典部シリーズ &nbsp;  試写会の件は、てっきり入須冬実が &nbsp; 千反田えるを操り、折木奉太郎を巻き込んだ &nbsp; と思いこんでしまうほど、仕込みがよく描かれていました。 &nb
| こみち | 2012/10/15 9:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/01/09 7:20 AM |