CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「という、はなし」吉田篤弘・フジモトマサル | main | 「一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--」佐藤多佳子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「私らしくあの場所へ」
私らしくあの場所へ
私らしくあの場所へ
角田 光代,大道 珠貴,谷村 志穂


講談社の女性誌5冊に計6回連載された日産・新型マーチ協賛企画から出来上がったアンソロジー。提供が日産なので物語の中に車があります。

角田さんの「ふたり」喧嘩をして家を出て車に飛び乗る女の人。左折右折が怖くて甲州街道をどんどん走る。なんだかわかるなぁ。喧嘩して飛び出したのに心の中で夫に向かって色々話してる。「かつて自由で気軽で、それを十分味わって、それでだれかといっしょにいることを選んだ。不自由を選んだのだ。」なんだかフムフムと頷いてしまいました。

後野中さんの「たとえ恋は終わっても」3年ちょっと一緒に暮らしてた彼が出て行って、彼のいない空間に途方にくれる私。彼の歯ブラシを見て、胸がしくしく痛み。そんな自分に「馬鹿っ!」って言う。何気なく外を見ると見慣れたマンゴー色の車。突然やってきた彼。自分のものじゃなくなった彼に感じる懐かしさと寂しさと…これも好きだった。
その他の話も忘れないよう一応あらすじを…
大道珠貴さんの「ゆうれいトンネル」30代に見えるお金持ちの60代の女性とのドライブ。

谷村志穂さんの「風になびく青い風船」お金を貯めて暮らし始めたパリ。犬を拾ったところから街に受け入れられるようになった。突然の病気で日本に帰らなければいけなくなり、車を買っていぬとドライブに行く。

有吉玉青さんの「BORDER」ボストンで知り合った彼。気がついたら大学にも行かないようになり1年が過ぎていた。彼の突然の提案でカナダに行く事になった。国境を超える時、私たちの関係も終わるのか?

島本理生「遠ざかる夜」一緒に暮らしてる彼。雑誌の間から女の子からの手紙が見つかる。別れようとする私をなだめる彼。ドライブ先は昔私が住んでいたアパート。
| 本:その他(アンソロジー) | 23:00 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |
コメント
半年前に読んでいたのですが、思い切り内容忘れていたところをななさんのレビューで思い出せました!どうもありがとうございます。
アンソロジーはいろんな作家さんを試し読みできるのでつい読んでしまいますが、これは短い上に「車」を絡めないといけなくてみな苦労されてる気がしました。
| まみみ | 2006/11/29 7:23 PM |
まみみさん、こんばんは。

内容忘れそうですよね。
印象に残ったのだけ書こうかと思ったんですけど
絶対に忘れる自信があったので書きました。

車が印象的だったのは「マンゴー色の車」かな。
| なな | 2006/11/29 9:28 PM |
既にタイトルすら出てこない私たち…
やばいね。
| ゆうき | 2006/11/30 4:09 PM |
そうだね。タイトル出てこなかったね。
そして今日「松子」を見てるときの私。
俳優名や歌のタイトルが全然出てこなかった。
出てきても一字違いとか…
ゆうきより進んでるよ。
自宅電話番号がわからなくなったら
その時は何か考えなきゃ。
| なな | 2006/11/30 9:48 PM |
文字が大きかったのでするすると読んでしまった。
普段読まない作家さんの作品を読むきっかけにはアンソロジーはよいですよね。
車が印象に残ったのは『風になびく青い風船』でしょうか。
突如として現れた車が驚きでした。
| うー | 2007/05/08 10:16 PM |
うーさん、こんばんは。

文字大きかったですね。
しおりがとてもかわいかったと思いませんか?
| なな | 2007/05/09 10:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/630
トラックバック
「私らしくあの場所へ」 角田光代ほか
私らしくあの場所へposted with 簡単リンクくん at 2006. 5. 6角田 光代著 / 大道 珠貴著 / 谷村 志穂著 / 野中 柊著 / 有吉 玉青著 / 島本 理生著講談社 (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/11/29 7:21 PM |
私らしくあの場所へ
  『私らしくあの場所へ』 角田光代他 2006年   ふたり       角田光代  結婚して3年。喧嘩して飛び出し、ドライブ。   ゆうれいトンネル  大道珠貴  山に籠る僕と、超若作りのミナミ。   風になびく青い風船 谷村志穂  パリでのゆっく
| わすれるまえに | 2006/11/30 4:08 PM |
『私らしくあの場所へ』
角田光代、大道珠貴、谷村志穂、野中柊、有吉玉青、島本理生のショートストーリー集。 その作品の前にはアーティストとの往復書簡もある。 ほとんどがモデルで、作品を読んでのファンレターとそれに対する返信。 FRaUでマーチとのコラボ計画、ということでだろうが、
| うーうーにっき | 2007/05/08 10:16 PM |