CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< クラッシュ | main | 「という、はなし」吉田篤弘・フジモトマサル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「アンフェアな月」秦建日子
アンフェアな月-----刑事 雪平夏見
アンフェアな月-----刑事 雪平夏見
秦 建日子

生後3ヶ月の赤ちゃんが誘拐された。雪平夏見は特殊班の応援で子どもを誘拐された母親亀山冬美の家に赴く。母親の狂言かと疑う夏見、だがそこに犯人からの電話が入る。「娘に見合うものを用意しろ」。夏見を交渉窓口に指名する犯人。手がかりを追っていった先で見つかった6つの遺体。誰が犯人か?何のために誘拐したのか?


「推理小説」の続編です。あの事件の次の日みたいです。雪平さん、大忙し。「推理小説」より勢いがあってあっという間に読み終わってしまいました。面白かった。
面白かったのですが、多分すぐに犯人を忘れるんだろうなぁ、私。一応登場人物を書いて置こう。

亀山冬美:妊娠した途端子どもの父親がいなくなり、イラストレーターの仕事をしながら一人で娘を育てている。
林堂警部補:特殊班の捜査員。
早川:担当した患者に初めて癌の余命宣告をする医者。
沢木:テレビ局のプロデューサー。

テレビのプロデューサー・沢木と放送作家の卵の会話のやり取りがなかなか面白い。秦さん、自分が脚本を書いたドラマについて皮肉ってませんか?

| 本:は行(秦建日子) | 20:57 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:57 | - | - |
コメント
こんばんわ。
あっという間に読み終わって満足でした。私としては『推理小説』より好きな感じです。ななさん同様に自分の脚本を皮肉っているかのようなやりとりは、私も面白く読ませてもらいました!あと、あの章終わりごとの予告のような、視覚的な楽しみもあって納得の一冊でした。
| KORO | 2006/12/17 7:34 PM |
KOROさん、こんばんは。

そうですよね。「推理小説」よりグググっと物語に入り込んで、読んだ後「あ〜面白かった」って思いました。
これ、雪平さんでどんどん続いて欲しいですよね。
| なな | 2006/12/18 10:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/621
トラックバック
アンフェアな月 著者:秦 建日子
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:96点 採点内訳へ ≪梗概≫ 生後3ヵ月の乳児が誘拐された。まもなく犯人から「娘に見合うだけのものを急いで用意しろ」との不明瞭な要求が。誘拐犯の目的は何か?『推理小説』(ドラマ『ア
| 読むなび!(裏) | 2006/12/17 7:37 PM |