CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ハヅキさんのこと」川上弘美 | main | 「風が強く吹いている」三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「祝福」野中柊
祝福
祝福
野中 柊

6つの恋の物語。松尾たいこさんの表紙もステキ。

「セカンドハウス」の夏の昼寝から起きた夕暮れ時。「銀の糸」の夫が出かけていった後に猫と眺める金魚の泳ぐ水槽。「祝福」の夜中に忍び込む植物園の栄養たっぷりの空気。そんな景色がすごく心地よかった。

「遊園地」だけちょっと物語から流れてくる気配が違うなって思ってたら、雑誌に載ったのが他の作品は「野生時代」、それだけ「小説現代」でした。


「しゃぼん」
19歳の時に転がり込むように一緒に住み始めた貴義さん。別れる時に彼が言った言葉は「僕たちはまた出会うよ、きっと」だった。

「セカンドハウス」
今年の夏も、あの海辺の家に明かりが灯った。

「銀の糸」
夫との生活は竜宮城にいるみたいだ。二人でいろんなものを見て、いろんなものを食べて、ひとりじゃないから楽しくて、でも、ちょっと退屈で…

「遊園地」
幼馴染の三浦君、彼と会えば私は彼の要求にこたえてしまう。

「メトロノーム」
雨の土曜日。かかってきた電話は友人の結婚式で隣に座った女の人だった。ドレスを汚してしまったお詫びに桃を送ったのだ。

「祝福」
祐介と忍び込む夜の植物園。祐介は別れた彼の友だちで彼とよく行ってたレストランのシェフ。
| 本:な行(野中柊) | 20:57 | comments(8) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 20:57 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは。
野中さん初読みでした。
なんだかとてもいい気持ちになれました。
ほかの作品を読んでないので、わからないのですけど、
「遊園地」だけ異質なのは、
たぶん掲載紙の意向なのでしょうね。
| 藍色 | 2006/10/21 2:17 AM |
藍色さん、こんばんは。
野中さん初読みだったんですね!?
私もデビューの頃から読んでいたんですけど
ここ数年離れていました。
最近の作品はどれもこれもいいですよ。
是非読んでみてください。
| なな | 2006/10/22 11:05 PM |
ななさん、こんばんは。
ありそうでなさそうな、素敵な表紙ですよね。

確かに「遊園地」違うな〜思ってたら野生時代掲載なのですね。気づいてなかったけど納得。
| ちきちき | 2006/10/31 11:47 PM |
ちきちきさん、こんばんは。

ありそうでなさそうな。
こんな風に生活できたらいいなぁって思えるステキな物語でした。

全部読んだ後「遊園地」の違和感がどうしてなんだろう?って思って、慌てて初出みたのでした。
| なな | 2006/11/01 10:16 PM |
松尾さん、いいですよねぇ〜!!!!はぁ。うっとりしてしまいます。って、本文じゃないのかって言うツッコミを…>自分。

「遊園地」なるほど!そうだったんですねぇ。ここを読んですっきりしました(笑)。アレだけ妙に大人だったわ…。
| chiekoa | 2006/11/17 11:45 AM |
chiekoaさん、こんにちは。

「松尾さん」の文字を読んで「松尾スズキ」を想像してしまいました。最近、友達がブログ仲間に借りた松尾さんの舞台のDVDを続けざまに見たもので…

で、松尾たいこさん、ステキです。
松尾さんの手がけた表紙だと、それはもう表装読みです。

「遊園地」大人でしたね。ちょっと前までの私だったら飛ばし読みしてたかもしれません。最近、ちょっと大人になって我慢できるようになったのです。(大人になるのが遅すぎる?)
| なな | 2006/11/17 2:23 PM |
子育て中の妹の話を聞くにつけ、「大変そうだなあ」と思っているので、「銀の糸」の夫婦の生活はコドモがいないからこそできることなのかなぁ…と思ってみたり。でも現実の夫婦で竜宮城に住んでるみたいな生活してる人、いるんでしょうか?してても言わないだけかな??ノロケだ!と思われるってわかってるのかしら(笑)
| まみみ | 2006/12/16 5:53 PM |
まみみさん、こんばんは。

まみみさんの妹さんのところは小さい赤ちゃんでしたよね。
確かに大変ですよね。赤ちゃんかわいいけど、あの大変さをもう一度…って考えると、もう子どもは無理です。

「銀の糸」のような夫婦…子供がいなくて仲がすごくいい夫婦何組かしってます。子供が生まれると急に生活くさくなっちゃうんでしょうね。
| なな | 2006/12/17 4:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/584
トラックバック
祝福 野中柊
装画は松尾たいこ、装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。 1991年、「ヨモギアイス」で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。主な作品「小春日和」「ひな菊とペパーミント」「あなたのそばで」「きみの歌が聞きたい」、パンダ
| 粋な提案 | 2006/10/21 2:19 AM |
祝福
『祝福』野中柊(角川書店) 素敵な装丁の恋愛短編小説集。 さらっと読めてちょっと甘い気分になったり、エッチな気分になったり、しんみりしたり、ふわふわしてみたり、とにかく恋気分にひたれる一冊。 なんだか恋っていいなあ、と思えるお話ばかり。 明る
| ぼちぼち。 | 2006/10/31 11:48 PM |
祝福 [野中柊]
祝福野中 柊 角川書店 2006-09-26 「しゃぼん」「セカンドハウス」「銀の糸」「遊園地」「メトロノーム」「祝福」の六つの恋愛小説が収録されています。で、私はこれを書いている時点でもうそれぞれの内容をあまり覚えていないわけなのですが…(汗)。 ということ
| + ChiekoaLibrary + | 2006/11/17 11:44 AM |
「祝福」 野中柊
祝福posted with 簡単リンクくん at 2006.12. 8野中 柊著角川書店 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/12/16 5:49 PM |