CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘 | main | 「図書館内乱」有川浩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
すべては愛のために
すべては愛のために~Beyond Borders~
すべては愛のために~Beyond Borders~

難民救済活家の医者ニックと、難民救済活動に加わるうちに彼を深く愛してしまったイギリス女性サラの切ないロマンスを軸に住む場所を無くし悲惨な状況で生活している難民を描いた物語。

見終わった後暫くボーっとしました。こんなストーリーだったとは…

タイトル、どうなんでしょう?たしかにニックとサラを動かしているのは「愛」。それは別に男女間の愛だけでなく、家族への、友だちへの、そして人類への愛なので、「すべては愛のために」ってタイトルも間違っている訳じゃないのですが、DVDが「ラブストーリー」のジャンルに置いてあってこのタイトル、もっと明るいものなのかって思っちゃっていました。

世の中の事全く理解していない私。エチオピア、カンボジア、チェチェン。そこで何が起こっているのかをちゃんと理解できないままでした。医師として難民救済に駆けずり回るニック。自分の宝石まで売ってエチオピアにかけつけたサラが持ってきた食料は3、4日分にしかならないと言われます。一生懸命戦っている人がいて、だけどどうにもならない世の中。そんな事を考えながらも何もしない傍観者の私。

カンボジアで義足をつけている人から聞いた「地雷を踏んだ時の「クリック」って音」の話と最後にサラが聞いた「クリック」の音。あのシーンは忘れられないような気がします。
| 見る:洋画(さ行) | 23:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |
コメント
確かに普通のラブストーリーではないと思います。
私は劇場で観て、涙が止まりませんでした。
今思い出しても泣きそうなくらい好きな作品でDVDも持っています。
許されない愛とはいえ、ここまで深い愛はそうそうないと思います。

もしも私が同じ状況になったら、恐らく同じ行動を取るでしょう。
すべては愛のため、愛する人と愛する人がする仕事を守るため、自分の命を投げ出しても後悔はしない。
| うー | 2006/10/02 11:37 PM |
うーさん、こんばんは。
うーさんに勧めていただいてみた映画ですが見てよかった。
ありがとうございます。

確かに「許されない愛」なのかもしれないですけど
惹かれ合う人たちを裂く事はできないんです。
そんな人の存在があるから、家族と一緒に自分の生活をしていける。「不倫」なのかもしれないですけど、すごく理解できます。
| なな | 2006/10/03 11:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック