CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 24 -TWENTY FOUR- シーズン3 | main | すべては愛のために >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
それからはスープのことばかり考えて暮らした
それからはスープのことばかり考えて暮らした
吉田 篤弘

昔の映画ばかり上映するよく行く映画館がある街から電車に乗って1駅。そんな所に住み始めた主人公のオーリィさん。よく見かける「3」と書いてある紙袋。それは近所にあるサンドイッチ屋さんの包みだった。

主人公のオーリィさん、大家のオーヤさん、サンドイッチ屋「トロワ」の店主安藤さんと息子のリツ君。緑の帽子をかぶっているあおいさん。オーリィさんの住む部屋からは隣の教会の十字架が見えて、「トロワ」の紙袋には「3」と書いてあるだけ。古い映画館で上映される昔の映画。どれもこれも魅力的。

ところどころに書かれている挿画もステキ。物語にぴったりあっていて、絵を見てから物語を読むとストンと納得できるというのか、頭の中に絵がしみこんできます。

こんな風にゆっくり、確実に生活できたらいいのになぁって憧れます。
安藤さんの作るサンドイッチ。お姉さんが持ってくるロールパン。あおいさんに教えてもらって作るスープ。幸来軒の「夜鳴きそば」。どれもこれも美味しそう。夜鳴きそばを食べた時のオーリィさんの感想「外はまだ夕暮れ時なのに深夜の路線ぎわで風に吹かれながら食べている感じがしてくる」がすごくいいです。私の周りにも深夜の風が吹いてきました。
| 本:や行(その他の作家) | 23:42 | comments(14) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |
コメント
ななさんの感想を読んで読みたくなり、今図書館にリクエストしているところです。おいしそうな本に弱い私…
| まみみ | 2006/10/05 6:52 AM |
まみみさん、こんばんは。
もう、おいしそうだし、ほのぼのしてるし
ちょっと危うい感じもあるしで本当によさそうです。
この本読んでると色んなものが食べたくなります。
食欲の秋。ご注意ください。
| なな | 2006/10/05 10:57 PM |
サンドイッチ!サンドイッチ!サンドイッチ!
晴れた日にお外で食べたいです…もう寒いかな?
いや、あつあつのスープがあれば!
おなかにも心にもあったかい本でした。大好きです!
ナナさんのところでみかけなかったら読まなかったかも…ありがとうございました!
| chiekoa | 2006/11/14 11:33 AM |
chiekoaさん、いいですね〜
今年は秋が長かったから。
今日みたいな暖かい日に毛布をひいて
サンドイッチとポットに入ったスープ。
この本の世界に入り込んじゃいますね。
| なな | 2006/11/14 10:27 PM |
ななさん☆こんばんは
わたしもこちらの記事を読んで、この本を手に取りました。
ご紹介ありがとうございました。m(__)m
とにかくサンドイッチが食べたくなっちゃうし、
熱々スープが飲みたくなっちゃうし、
お腹が空く本でした。(#^.^#)
| Roko | 2006/11/14 11:43 PM |
Rokoさん、こんばんは。
私の拙い感想読んで手に取っていただいたなんて嬉しい限りです。
出てくる食べ物すべて美味しそうですよね。
読みながら何か食べ物〜って家捜ししました。
| なな | 2006/11/15 10:55 PM |
この本、ななさんのところでタイトルを見てからずーっと気になってたんです。
こういうゆっくりとした確実な生活いいですよね。
日々読書のために手抜きをしまくっている自分を反省しました・・。
| june | 2007/02/08 10:31 AM |
juneさん、私も手抜きばかりです。
とりあえずは、日々心穏やかに
子供たちを怒ることなく過ごしたい。
スープなんかをコトコト煮込んでみたりしてね。
| なな | 2007/02/08 10:06 PM |
こんばんは★
とても素敵な時間を感じさせてくれる作品でしたね。
何気ない日常を大切に暮らすことこそが、幸せなのだなぁと気づかされた作品でした。
それにしても、サンドイッチとスープのおいしそうなことといったら!!
またおなかが空いてきました…(^-^;
| Rutile | 2007/03/24 11:29 PM |
Rutileさん、こんばんは。

一つひとつの事をちゃんとしていけばこんな風に暮らせるのでしょうかね?
ゆっくりと時間が流れる素敵な物語でした。

あぁ、こんなサンドイッチ食べたいです。
| なな | 2007/03/25 11:08 PM |
やっと読むことができました。これは素敵なお話しでしたね。
本当は普通のサンドイッチなんでしょうが、なぜか以前、横浜の山下公園近くにある小さなお店で買ったトーストサンドが思い出されてなりません。きっと読者のひとそれぞれに思い出のあるサンドイッチやスープを思い浮かべて読む一冊なんでしょうね。

| すの | 2007/09/04 12:49 PM |
すのさん、こんばんは。
本当に素敵な物語です。
TBやコメントを残してくださる人がいるたびに
この本の中の柔らかな空気を思い出して幸せになれます。
想い出のサンドイッチ!
私は母の作るクラブハウスサンド風サンドイッチです。
母ったら自分はパンが大嫌いなのに
なぜかオシャレで美味しいサンドイッチを作るのです。
| なな | 2007/09/04 7:47 PM |
たべものがおいしそうな物語でした。トロワのサンドイッチを食べてみたいです。スープも、夜鳴きそばもなにもかもがおいしそうでした。この物語に出てくる食べものは、単に奇をてらうのではなくて、昔からある懐かしい、やさしい味なのだと思います。あおいさんがスープをつくる台所もすてきな場所でした。
| 日月 | 2010/02/07 11:00 PM |
日月さん、こんばんは。
本当に食べ物がおいしそうで
流れてる空気が素敵は本でした。

こうやってコメントいただくと
本の空気が私の頭の中によみがえってきます。
| なな | 2010/02/08 8:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/575
トラックバック
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」 吉田篤弘
それからはスープのことばかり考えて暮らしたposted with 簡単リンクくん at 2006.10. 8吉田 篤弘著暮しの手帖社 (2006.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/10/14 7:17 AM |
それからはスープのことばかり考えて暮らした [吉田篤弘]
それからはスープのことばかり考えて暮らした吉田 篤弘 暮しの手帖社 2006-08 郊外の小さな街のアパートに引っ越してきた失業中の大里。街で人気のサンドイッチ屋の店主とその息子、アパートの大家さん、行きつけの映画館の係員やそこでよく会うおばあさん…彼と彼が
| + ChiekoaLibrary + | 2006/11/14 11:32 AM |
『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 吉田篤弘
それからはスープのことばかり考えて暮らしたposted with amazle
| ついてる日記? | 2006/11/14 11:39 PM |
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
それからはスープのことばかり考えて暮らした 小さな町に越してきたオーリィさんは、失業中。仕事を探さなければならないのに隣町の月舟シネマに通い、「トロワ」というサンドイッチ屋のサンドイッチのとりこになって通いつめる毎日。 教会の十字架の見えるオーリ
| 本のある生活 | 2007/02/08 10:28 AM |
『それからはスープのことばかり考えて暮らした』吉田篤弘
シェアブログ1152に投稿 毎日を大切に愛おしく生きるためのエッセンスが、 それこそスープのように、ぎゅっと詰まっている本です。 たとえば…  が、で働くようになって、店先で直接お客さんと顔を合わせているうち、
| 道草読書のススメ | 2007/03/24 11:12 PM |
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、連作短編集、サンドイッチ、シネマ、スープ 食べ物で一番美味しいものはなんだ?と問われれば、ぼくの答えは「美味しいお吸い物」に決まっている。それはなか
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/09/04 8:38 AM |
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」 吉田 篤弘
月舟町のサンドイッチ屋さんを舞台にした「それからはスープのことばかり考えて暮らした」は「つむじ風食堂の夜」と同じく、舞台はどこか懐かしい雰囲気の町・月舟町で、月舟町のサンドイッチ屋さんを舞台にしたおはなしです。 会社を辞めて月舟町に引っ越してきた大
| 日々の書付 | 2010/02/07 10:46 PM |