CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< メゾン・ド・ヒミコ | main | 「りかさん」梨木香歩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「嫌われ松子の一生」山田宗樹
嫌われ松子の一生 (上)
嫌われ松子の一生 (上)
山田 宗樹
嫌われ松子の一生 (下)
嫌われ松子の一生 (下)
山田 宗樹

大学2年生の笙の下宿に突然現れた父は遺灰を胸に抱いていた。それは父の姉のものらしい。自分に伯母がいたことすら知らなかった笙は伯母・松子が住んでいたアパートの後片付けを頼まれ、彼女と一緒に出かける。松子が生きた過去と笙が探る松子の一生。

映画、面白そうでした。見逃して残念。とりあえず本を読んでDVD発売を待ちます。

昭和四十五年、大学を卒業して中学の先生になった時から50歳で亡くなるまでを松子が語る部分と、松子に興味を持った笙が知り合いを探して話を聞く部分に分かれています。

松子、美人なんだけど父親の愛情はいつも病弱な妹に注がれ、いい娘を演じてきた。幸せを求めれば求めるほど、不幸になっていく。そして不幸になるきっかけはいつも男です。松子の「愛されたい!愛されたい!愛されたい!」って気持ちが痛いほどよくわかります。今のところ道を踏み外さずにここまで来ている私ですが、一歩間違ったら松子のような転落人生になっていたかもしれないって思うくらい「愛」にひたむきな松子の気持ちがわかります。


笙は普通の大学生。同じく下宿している彼女と半同棲のような生活をし、何の目的もなく大学に通っています。そんな笙が今まで存在すら知らなかった伯母・松子に興味を持ち、彼女の人生を遡って調べていきます。そして笙は少し成長する。

それにしてもタイトルはなぜ「嫌われ松子の一生」なんでしょうか?タイトルだけ見ていたときにはすごく嫌味な女の物語なんだと思っていました。
| 本:や行(その他の作家) | 21:59 | comments(8) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - |
コメント
こんばんわ〜^^
映画、私も見逃しました。
同じくDVDを待ちます。
本も読みやすくってよかったですね。面白かったです。
松子は、殺人や覚せい剤など犯罪を犯しましたけど、でも、真面目で一生懸命なんですよね。
それなのに、こういう人生を歩んでしまったって言うのが、何とも切なかったです。
そして、松子の最後も。
孫の笙に認められたことが、救いだったのでしょうかね。
| 苗坊 | 2006/09/07 12:11 AM |
おはようございます。ぼくも最近読みました。レビューまだですが。ぼくが思ってた以上に、山田宗樹にしては、よれることもなくまとまっており、ちょっと見直しました。
ただ、松子の晩年が痛ましいですね。もっと正々堂々と往生して欲しかった・・かな。
| すの | 2006/09/07 7:58 AM |
おはようございます。
凄い本でしたよね・・・
一気に読み上げました。
私も映画は見ていないので、DVDになったら見てみたいと思います!!
評判よかったですよね、この映画。
| ゆう | 2006/09/07 9:30 AM |
◇苗坊さんへ

本、引き込まれました。
そうなんです、松子はいつも一生懸命なんだけど
ちょっとだけむく方向が間違ってしまうんですよね。
最後は悲しかったです。


◇すのさんへ

私も眠くて、眠くてって状態で感想を書いたので
思った事の半分も書けていないのですが
山田宗樹さんすごいですよね。
最初から最後までテンポよく読めました。
他にも本が出ているのかなって慌てて検索しました。
愛に溺れちゃいけないんです!
気をつけなければ!


◇ゆうさんへ

そう、一気に読んじゃうんです。
構成が上手いんでしょうね。
映画、評判よかったですよね。
私はBonny Pinkの「LOVE IS BUBBLE」のPVで
この映画をチラリと見て興味を持ったのです。
DVD早く出るといいですね。
| なな | 2006/09/07 9:22 PM |
DVD出たら一緒に観たいね!
文庫本の表紙って、上の写真なの??
| ゆうき | 2006/09/08 6:52 AM |
DVDは11月17日に出るらしい。
http://kiraware.goo.ne.jp/goods.html
新作じゃなくなったら一緒にみよう。
その頃にはもしかしたらロックマン登場???
| なな | 2006/09/08 11:43 PM |
やっと読みました。
松子ほど道は踏み外してないけど、今思えば「ああ、あのときの選択でしくじったな」、たった一つずれてしまっただけで、その後選ぶことが全部ちょっとずつちょっとずつずれて、ああ、こんなになっちゃった、って、私はなんとなく分かるんですよね。
もちろん犯罪者ではないですが。(汗)

でも松子の人生って、決してこの先誰にも起こらない、って言えないとこが怖いな〜って思いました。
| じゃじゃまま | 2007/04/12 10:28 AM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

選択肢の違いでどうなってるか…わかります。
時々考えますもの。あの時あっちを選んでたら…(え??違う?)
女の人はやっぱり男の人によって色々変わってきちゃいます。
松子は「出会い」の運がなかっただけですもんね。
| なな | 2007/04/12 9:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
嫌われ松子の一生 山田宗樹
嫌われ松子の一生 (上)嫌われ松子の一生 (下) 大学生の川尻笙は、夏休み、突然父が現れて30年以上前に失踪した父の姉、松子の存在を知らされる。 最近何者かに殺されて亡くなった為、部屋を後始末してほしいという。 笙は、興味本位で松子の生涯について調べ始める。
| 苗坊の読書日記 | 2006/09/07 12:09 AM |
嫌われ松子の一生 山田宗樹
24歳の時に教職を追われ、故郷を後にした松子。その後、職と男を転々とし、堕落しきった人生の末、無残な死を遂げるはめに。 松子の存在すら知らなかった甥が、父親から彼女の死の真相を聞かされ、彼女の人生を調べるべく奔走する。 松子自身の流転の人生と、甥の追
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/09/07 9:28 AM |
嫌われ松子の一生
  『嫌われ松子の一生』 山田宗樹 2003年 『THE有頂天ホテル』を見に行った映画館で、『嫌われ松子の一生』の予告が入り、 とてもおしゃれでいておもしろそうな雰囲気だったので、読んでみました。 でも全然違う! 映画はおしゃれに作りすぎてる気がする。(
| わすれるまえに | 2006/09/08 6:51 AM |
激安価格 【嫌われ松子の一生】 DVD&関連商品 通販
【嫌われ松子の一生】 DVDの楽天で1番安い店はこちら! 壮絶で不幸な日々を過ごしながらもハッピーな人生を目指して奮闘する、川尻松子の生き様をつづります。
| 激安通販 【DVD・CD・本】 格安価格比較ナビ | 2006/09/28 2:14 AM |
嫌われ松子の一生
嫌われ松子の一生I情報満載です!
| http://tvdrama.livedoor.biz/index20.rdf | 2006/10/13 5:15 PM |
嫌われ松子の一生 山田宗樹著。
映画もドラマも見てないけど、読んでる最中いろんな松子が中谷美紀ちゃんだった。 松子の一生をざ~~っと振り返ってみると、不幸じゃん。最後は殺されちゃうんだし。それなりの家に育ち、才媛で、本当なら良妻賢母の人生を歩んだであろう松子。 人生の歯車って本当に一瞬
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/04/12 10:25 AM |