CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「日傘のお兄さん」豊島ミホ | main | 「作家の読書道」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「犬はどこだ」米澤穂信
犬はどこだ
米沢 穂信

アトピーの為仕事をやめた主人公の紺屋が始めた職業は犬探し専門の調査事務所「紺屋S&R」ところが開業一番に舞い込んだ仕事は、「失踪している孫を探して欲しい」という依頼だった。そして翌日には探偵希望の高校の後輩と、古文書の解読の依頼が来る。調査を進める内に二つの事件が微妙に関係して…。

主人公の紺屋、やる気ゼロです。元々希望の職業だった銀行員としてがんばっていたのに、重症のアトピーになってしまい仕事をやめて故郷に帰ってきた。チャット友達のGENに進められるまま犬探しの事務所を始めただけなのです。一方助手となったハンペーは、探偵にあこがれて夜のバイトとの掛け持ちの調査をする。自分の理想の探偵像とかけ離れていく仕事内容。優秀なんだかボケなんだかよくわかりません。そんな二人が自分の担当している調査について一人称で語っていきます。二つの事件が関係してるのに、それに気がつかない二人。そんな二人を「違う、違う」って思いながら見てる私。なんだか「八時だよ全員集合!」を見ている子供に戻ったような気がしました。ボケるドリフの面々に「そっちだよ!」って大声を張り上げる子供。

いやー後味の悪い話でした。桐子の気持ちは理解できます。だけど、どこまでいってもすっきりとしない紺屋や桐子の気持ちを考えると、後味はよくないですね。嫌いではなかったですけど。ラストまで読んでタイトルの「犬はどこだ」の意味がジワーっと効いてくる。

それと桐子の失踪の原因も、紺屋が調べた手段もネットでした。こうやって犯罪に使われるんだって少し怖くなりました。

二人の探偵のキャラもいいけど、夫と一緒に喫茶店を経営してる紺屋の妹がすごいです。元走りや?続編が出るようなので、ぜひ妹さんも登場させてほしいって思いました。
| 本:や行(米澤穂信) | 22:30 | comments(8) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |
コメント
ネットってほんとにこういうことあるんですかね…。うすら寒くなりました。自分には関係ないって思ってちゃいけないんですよね。ぶるぶる…。
| chiekoa | 2006/04/11 11:58 AM |
chiekoaさん、私たくさんTB飛ばしてしまってすみませんでした。
いちいちコメント大変でしたね。ありがとうございました。

ネットでこういうことってあるんでしょうね…
無知だからって済ませていたらとんでもない事にもなりかねないんだなぁと思いながらも何もしていません。
| なな | 2006/04/11 8:38 PM |
ななさん、こんにちは。
「こうだったら嫌だな」と思った、ちょっと苦めの真相で、
表紙の暗雲が内容を暗示していたようでした。
ネットの怖さもよく伝わってきました。
紺屋の妹、河村梓は義侠心にあふれたいい妹でしたね。
続編が楽しみです。
| 藍色 | 2006/07/10 3:51 PM |
藍色さん、こんばんは。

そういえば表紙、暗い雲でしたね。
藍色さんはいつも表紙のデザインしている人を
ちゃんとチェックしていらっしゃいますよね。

紺屋の妹さん、いいキャラだと思います。
続編でもぜひ活躍して欲しいです。
| なな | 2006/07/10 11:15 PM |
こんにちは。
そうそう。志村ー、うしろー!って感じ。ちょっと古いけど(笑)
GENの正体が気になりました。以外と近くにいたりして。
例えばマスターとかホータローの姉とか。
最後のざわざわ感は個人的には好きでした。
| しんちゃん | 2008/04/23 2:56 PM |
しんちゃん、こんばんは。
GENの正体がホータローの姉って
あのホータローの姉ですか?
本当だったらおもしろい!
最後のざわざわ、しんちゃん好きそう!
| なな | 2008/04/23 9:22 PM |
こんばんわ^^TBさせていただきました。
今更ながら読みました。
面白かったですね。
私もラスト、個人的に好きです。
でも、GENの正体がホータローの姉というのは考え付かないですね〜^^;
そもそも男性だと思い込んでいました。
続編って、出ているんでしょうか・・・
| 苗坊 | 2010/03/08 10:45 PM |
苗坊さん、こんばんは。

面白かったのは覚えてます。
だけど内容はいつものようにうろ覚え(笑)

続きがあるって書いてあったような
気がしますが、出ていないですね。
| なな | 2010/03/09 9:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/55
トラックバック
犬はどこだ [米澤穂信]
犬はどこだ米澤 穂信 東京創元社 2005-07-21 犬捜し専門の仕事を始めたはずなのに、依頼は失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、ふたつはなぜか微妙にクロスして…。いったいこの事件の全体像は? 犬捜し専門(希望)、25歳の私立探偵・紺屋、最初の事件。
| + ChiekoaLibrary + | 2006/04/11 11:57 AM |
「犬はどこだ」米澤穂信
タイトル:犬はどこだ 著者  :米澤穂信 出版社 :東京創元社 読書期間:2006/04/29 - 2006/05/05 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。しかしお好み焼き屋は
| AOCHAN-Blog | 2006/05/25 10:30 PM |
犬はどこだ、米澤穂信
BookDesign:岩郷重力+WONDERWARRKZ。COVER PHOTO:L.O.S.164。東京創元社ミステリ・フロンティアの1冊。 学生時代から安定堅実志向だった紺屋長一郎、25歳は銀行を辞職後、故郷の八保市で犬探し専門の調査事務所を
| 粋な提案 | 2006/07/10 3:52 PM |
(書評)犬はどこだ
著者:米澤穂信 犬はどこだ価格:¥ 1,680(税込)発売日:2005-07-2
| たこの感想文 | 2006/10/29 7:01 PM |
「犬はどこだ」米澤穂信
犬はどこだ (創元推理文庫 M よ 1-4)(2008/02)米澤 穂信商品詳細を見る 体調不良により銀行を中途退社した紺屋長一郎は、地元に帰って何か自営業を...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/04/23 2:48 PM |
犬はどこだ 米澤穂信
犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)クチコミを見る 何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。 しかしお好み焼き屋は支障があって叶わなかった。 そこで調査事務所を開いた。この事務所〈紺屋S&R〉が想定している業務内容
| 苗坊の徒然日記 | 2010/03/08 10:17 PM |
米澤穂信『犬はどこだ』
犬はどこだ (創元推理文庫)米澤 穂信東京創元社このアイテムの詳細を見る 今回は、米澤穂信『犬はどこだ』を紹介します。調査事務所にふたつの依頼が舞い込んできた。ひとつは、佐久良且二から依頼を受けた孫の桐子の失踪事件で、もうひとつは、百地啓三から依頼を受け
| itchy1976の日記 | 2010/05/31 11:12 PM |