CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生」山田宗樹 | main | 「空白の叫び 上下」貫井徳朗 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「幻夜」東野圭吾
4087746682幻夜東野 圭吾

父の通夜の翌日の朝起こった関西大震災。混乱する水野雅也は叔父を殺してしまう。ふと我に返って見たら、自分を見つめている女・新海美冬がいた。

誰もが目を見張るほどの美女・美冬。恐ろしすぎます。いつも冷静で、自分を見失わず、目標に向かって突き進む。そもそも彼女の目標って何なんでしょうか?

そして雅也を初め刑事・加藤、美冬が結婚した「華屋」の社長の隆治もみんな美冬に操られています。雅也の選んだ最後、すごく悲しいです。「白夜行」の続編といわれていますが、「白夜行」の雪穂より美冬のほうが冷たい印象。自分の為に男を単純に利用しているようなきがします。

| 本:は行(東野圭吾) | 19:21 | comments(3) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 19:21 | - | - |
コメント
こんばんわ^^
こわいですよ〜こわいですよ〜。
ホント怖かったです。
雪穂と亮司はお互いを信頼しあっていて、絆もあったと思うんです。
でも、美冬と雅也にはそれがない。
美冬は雅也を利用しているだけでしたもんね。
雅也が可哀相でしょうがなかったです。
自首して、有子と幸せになってほしかったです。
| 苗坊 | 2006/10/08 10:57 PM |
物語の大半は忘れちゃってるんですけど、冒頭の震災後のシーンは覚えてるんです。でも、一説には雪穂と美冬が同一人物と言われてるじゃないですか。「白夜行」と「幻夜」を立て続けに読まないと、納得できなくて。
かといって、もう一度読んで確認しようと思うほど好きではなかったんですよね〜。美冬も雪穂も、破滅して!って思うくらい大嫌いです。
| じゃじゃまま | 2006/10/09 1:53 PM |
◇苗坊さんへ

苗坊さん、こんばんは。
「白夜行」と「幻夜」なにやら繋がりがあるらしい…と聞いてはいたのですが、いやいや、主人公の冷酷さでいったら
美冬の方が数十倍上をいってます。
本当に怖かった。

◇じゃじゃままさんへ

じゃじゃままさん、私も「同一人物」とか「関連性が」って聞いていて読んだのですが、これは別物です。
ドラマの影響もあって「白夜行」はもうちょっとかわいい女の子のイメージです。雪穂と亮司の間には恋愛感情が会ったと思うんです。美雪には全くないって言い切れます!
私ももう一度読もうとは思わない本です。
| なな | 2006/10/09 9:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
幻夜 東野圭吾
幻夜 1995年1月17日関西で大きな地震が起きた。 阪神淡路大震災。 水原雅也はその前日に父を亡くしており、葬式をした日の翌日だった。 その時、叔父である俊郎を殺害した。 それを、同じ被災者である新海美冬に目撃される。 しかし、親戚から疑われてい
| 苗坊の読書日記 | 2006/10/08 10:54 PM |
東野圭吾【幻夜】
東野圭吾の 二大悪女小説 といえば、【白夜行】と【幻夜】である。 【白夜行】に登場する女の「悪女」ぶりは、同じ女の私には読んでいて身の毛がよだつものだが、悪女の心の奥の奥に、ほんのちょっぴり可愛らしさが
| ぱんどら日記 | 2006/10/09 9:11 AM |
妄想キャスティング――東野圭吾【幻夜】
この本を映像化するとしたら、やっぱりテレビ朝日の金曜深夜のドラマがいいかな。お子様には見せたくない場面が多いもんね。 映画って感じではないな。 連続ドラマのテンポが合いそう。 怜悧で美しい悪女役に妄
| ぱんどら日記 | 2006/10/09 9:12 AM |
幻夜 (東野 圭吾 )
「白夜行」 から4年半、  「幻夜」は2年ほど前に、 半分位読み終えてそのままにしていました。 半分だけしか読めていないのはなぜかというと、 図書館の返却期限が来てしまい、  次に借りる人の予約が継続して入っていたので やむなく断念したままになっていたんで
| 花ごよみ | 2006/10/09 9:54 PM |
東野圭吾
東野圭吾情報満載です!
| http://tvdrama.livedoor.biz/index20.rdf | 2006/11/03 8:32 AM |
幻夜
 この作者は几帳面だなと思う。細かい伏線やエピソードが漏れなくパズルのように綺麗にはまっていくからだ。ミステリにおいてはそれが謎解きのヒントになるので常道と言えば常道なのだが、それにしても律儀な感じがする。こういう構成を見る限り、作品は「事前に設計さ
| 本を読もう | 2007/03/24 8:43 AM |
幻夜
東野圭吾 著
| Akira's VOICE | 2007/04/10 4:33 PM |
幻夜 - 東野 圭吾
本作品はあの「白夜行」の続編であるらしい。らしいというのは著者である東野圭吾がはっきりと続編だと言っていないからである。しかしながら「白夜行」を読んだ人ならば続編なんだ
| 脳内TraP | 2007/04/12 12:08 AM |
幻夜 東野圭吾
幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編! 阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。だが彼女にも恐る...
| カブシキ! | 2007/11/23 7:44 PM |