CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ターミナル | main | 「キサトア」小路幸也 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「絲的メイソウ」絲的秋子
絲的メイソウ
絲的メイソウ
絲山 秋子


絲山さんが「小説現代」に連載していたエッセイをまとめたもの。初エッセイ集。

絲山さんすごいです。男気あふれるというのでしょうか…憧れちゃいます。
・中学で酒を、高校でタバコを堂々とやっていた私だが、すき焼きの卵2つはだめだった。
・17歳の時に禁煙する事はあきらめた。
・酒飲みの掟「飲んだら酔え くだを巻くな 金を払え」
・上司のセクハラには女性体育教師のような声で「ハイ、手はあと5センチした。」と言う。
すばらしいです!

絲山さんの「絲」の字。「いと」で変換できなくて困るんです。昨日お会いした本好きの方たちも「絲」の字はコピペしてるとおっしゃってました。絲山さんのエッセイによると、その「絲」は絲山さんの父方の祖母の旧姓だそうです。
絲山の家では「絲」は「もろいと」で「糸」は「かたいと」と呼ばれている。「もろいと」を使えるのは、長男一族だけだった。
フーン。この「絲」厄介ですよね。ネットで検索しても「糸山秋子」だとちゃんと出てこないんです。
| 本:あ行(絲山秋子) | 19:28 | comments(10) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 19:28 | - | - |
コメント
上司のセクハラの対応もカッコイイですよね。取説も面白かったです。鬱病と聞いてどんよりした人なのかと思っていたけど、とんでもなかったですね。これからもエッセイどんどん書いてほしいな。ちなみに私も絲山はコピッペです。
| coico   | 2006/08/21 10:27 AM |
coicoさん、こんばんは。
そうそう。取説、面白かったですよね。
締め切りをきちんと守ったり自分にとても厳しい
そんな絲山さん、これからも応援していきたいです!
| なな | 2006/08/21 9:15 PM |
ななさん、こんばんは!
面白いエッセイでしたね〜
絲山さんの男性の好みも分かったし(渋い!)
何よりお酒の席での対応は参考になりました。
カッコイイです〜
「絲」は「諸糸・両糸(もろいと)」
「糸」は「片糸(かたいと)」
なんですね〜
知識が増えたのは嬉しいけれど、やっぱり不便(苦笑)
| エビノート | 2006/09/06 9:09 PM |
エビノートさん、こんばんは。

絲山さんらしさがたくさん出ていた(って実物を知っているわけじゃなく、本を読んで想像するだけですが…)エッセイでした。
男の好み、渋すぎです!
全国の○○の男の人たちは胸を張って生きるべきです。
| なな | 2006/09/06 9:56 PM |
かっこいいですよねぇ…。
うちの父も●●なので、父に読ませたいと思います(笑)
| chiekoa | 2006/09/13 12:48 PM |
chiekoaさん、それはぜひお父さんにも読ませてあげてください。
きっとゆうきリンリンです(意味不明。寝不足なんです)
| なな | 2006/09/13 9:19 PM |
↑上のコメントに大笑いしました。…アンパンマン??男前ですよね。かっこいいな〜って読みながらつぶやいてしまうほど。でも恋してる状態の絲山さんはかわいくて、そんなギャップにもドキドキしました。
| まみみ | 2006/09/25 3:05 AM |
まみみさん、こんばんは。
そうそう、アンパンマンです。
私、ちょっと壊れていたもよう。

真面目で男前で、だけどかわいい。
ますます好きになりました。
| なな | 2006/09/25 11:27 PM |
絲山さん、かっこいいですよね〜。
惚れ惚れしちゃいました。
なのに恋をすると、トラバターになるくらい
悶々と部屋の中をうろついてしまうなんて、かわいすぎます。
| june | 2006/11/15 9:49 PM |
juneさん、こんばんは。

絲山さんかっこいいです。
この域にまで達したいものです。
この本を読んでいた時、私はトラバターに近い状態だったので、なんだか親近感わきました。
| なな | 2006/11/15 11:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/539
トラックバック
「絲的メイソウ」 絲山秋子 \(^o^)/
タイトル:「絲的メイソウ」  著者:絲山秋子 出版社:講談社 迷走、瞑想? 生きることは、ジグザグだ。ああ、人生はなんてジグザグにしか進まない! 「袋小路」からジグザグへ、いつもあちこちに本気で立ち寄り続 けて考えた、そして感じた。絲山秋子、初のエッ
| 読書大好きっ!料理もしなきゃっ♪ | 2006/08/21 10:27 AM |
絲山秋子『絲的メイソウ』○●
 初出「小説現代」2004年9月号〜2006年3月号。同期入社の男女の信頼と友情...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2006/09/02 3:54 PM |
絲的メイソウ 〔絲山 秋子〕
絲的メイソウ ≪内容≫ 迷走、瞑想? 生きることは、ジグザグだ。 ああ、人生はなんてジグザグにしか進まない! 「袋小路」からジグザグへ、いつもあちこちに本気で立ち寄り続 けて考えた、そして感じた。 絲山秋子、初のエッセイ集。 今の時代に鈍感でいるこ
| まったり読書日記 | 2006/09/06 9:03 PM |
絲的メイソウ [絲山秋子]
絲的メイソウ絲山 秋子 講談社 2006-07-22 絲山秋子の偽らざる日々。初エッセイ集。 愛する絲山さんのエッセイ…楽しみに読みました。全体的な感想としては…もっと男らしいかと思っていたので(勝手なイメージ)、誤解だったんだな!と。いや、いい意味で。連載エ
| + ChiekoaLibrary + | 2006/09/13 12:47 PM |
「絲的メイソウ」 絲山秋子
糸的メイソウposted with 簡単リンクくん at 2006. 9.24糸山 秋子著講談社 (2006.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/09/25 3:01 AM |
絲山秋子【絲的メイソウ】
世の中には、内容が面白いのに文章のリズムが合わない本がある。 とくに 句読点の位置 は、ものすごく気になる。本を読むときは黙読だが、頭の中では音読の状態になっている。だから予想外の位置で句読点を打たれると
| ぱんどら日記 | 2006/11/07 3:56 PM |
「絲的メイソウ」絲山秋子
絲的メイソウ 絲山さんの書くものは小説も好きだけれど、エッセイもいい。おもしろいし、とにかく豪気でかっこいい絲山さんの性格が、ダイレクトに伝わってくるのだ。あぁいいなぁ。惚れ惚れしてしまう。けれどもそれだけじゃなくてお茶目な一面も垣間見えて、ますま
| 本のある生活 | 2006/11/15 9:53 PM |
絲山秋子『絲的メイソウ』
絲山さんの初エッセイ集、わーん、おもしろすぎ! コーヒーショップで読んでいて「ムフッと笑ってる怪しい人」になってしまった。 迷走、遁走、逆走、疾走、そして、メイソウ―あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、決
| ホンノシアワセ | 2007/02/11 8:24 PM |
『絲的メイソウ』絲山秋子 を読んで
絲的メイソウ (講談社)絲山秋子 内容紹介 ああッ! 人生は、なんでジグザグにしか進まないんだ! あっちにぶつかり こっちにぶつかり 決してまっすぐには進まない 絲山秋子の偽らざる日々。珠玉???の初エッセイ集 個人的にすっかりハマッてしまっている小説家、絲山
| そういうのがいいな、わたしは。(読書日記) | 2007/11/21 12:20 AM |