CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「温室デイズ」瀬尾まいこ | main | ターミナル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「エバーグリーン」豊島ミホ
エバーグリーン
エバーグリーン
豊島 ミホ

田舎の平凡な中学校。オタクの友人を持ちなんとなく漫画を描いてるアヤコと兄から教わったギターでミュージシャンを目指すシン。卒業式の日に交わした10年後の約束。

うわー。よかった。この本好き!大好きです。中学から女子校だったのでこういう物語に憧れちゃうのかもしれません。そして瀬尾さんの「温室デイズ」の次に読んだのもあるかもしれません。

田舎の町で、自分はここにいる人たちとは違うんだ。将来大きくなるんだって思っているシンと自分は何をしても中途半端で平凡で、キラキラしているシンを見ることを楽しみにしているアヤコ。そんな二人が交互に語ります。
学祭でバンドを組もうと思っていたシンはメンバーに裏切られます。そんなところをたまたま通りかかったアヤコは「シン君は歌が上手だから一人でやればいい」と応援します。付き合うわけでもなくお互いなんとなく意識する二人。シンの放った心無い言葉で全く話さなくなる二人だけど、卒業式の後立ち話をして「10年後の今日、10時にこの場所で会おう」って約束します。

そして時は経ち10年後。二人とも10年前の約束を時々思い出して生活している。あの時「漫画家かになって本を持ってくる」と行ったアヤコは本当に漫画家になり、シンを思い続ける10年。一方シンは「こんな世界から飛び出してやる」と思いながらも、何者にもなれず地元で就職しゆるい毎日を送っている。

再会の日の前2ヶ月で変わっていく二人の気持ち。それまで心の中のシンをずっと思い続けていたアヤコは恋人を作り、アヤコが漫画家になった事を偶然知ったシンは自分が過ごしてきた10年に愕然とし、ギターを手に取る。そして再会の日がやってくる。

こんな風に遠く離れていても影響しあう二人。時々思い出す中学生だった頃の自分、あぜみちの風景と10年後の約束。10年経って再会した時に「約束していてよかった」って思う気持ち。駅までの30分がすごく切なかったです(感情移入しすぎでしょうか…)とにかく今の私にはすごく響く物語でした。

| 本:た行(豊島ミホ) | 22:15 | comments(32) | trackbacks(19) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |
コメント
これ、良かったですよね!
何か、豊島ミホさん力つけてきた感じがしました。
私もこの作品好きです。
思い出から抜け出して本当の愛を知るところも良かったし、
再会のシーンもすごくさっぱりとしているんだけど気持ちがこもっていて素敵なシーンを見せてもらったなって感じです。
| coico   | 2006/08/12 9:59 AM |
こんばんは!
こうゆう話、むちゃむちゃ好きっす(((o≧▽≦)o
本屋さんで表紙が素敵で
迷ってたんですけど
これ読みたいっす!
素敵なレビュー有難う御座いますm(_ _)m
ナナさんのところって
いつも読みたい本が沢山あります!
| 弥勒 | 2006/08/13 1:04 AM |
◇coicoさんへ

coicoさん、おはようございます。
これ、本当によかったです。
読んだ後、あまりに感情移入していて
一日経ってから感想書いたんですけど
それでも興奮冷めやらぬって感じ。
私の「ツボ」にぴったりとはまりました。


◇ 弥勒さんへ

弥勒、これはお薦めです。
って、私の「ツボ」にはまっただけなので
つまらないって思う人はつまらないのかもしれません。
あまりに興奮しすぎて、すごいネタバレなのでは…と
心配ですが、物語の中の空気が澄んでいるので
ぜひあの空気を感じてください。
| なな | 2006/08/13 7:08 AM |
ななさん、おはようございます。
この作品、確かに響きますよね。
人間、誰しもが味わう訣別の時を巧みに描いていると思います。

10年後に再会するという設定は非現実的ですが、シンの進んできた道(別の彼女を作って、ミュージシャンになる夢は挫折していた)は現実的ですよね。

私が一番心に響いたのはシンが会う直前にギターを取り出したことですね。

現実の厳しさと夢の持つ大切さとの両方を教えられた気がします。
| トラキチ | 2006/08/14 8:45 AM |
トラキチさん、こんばんは。

10年間想い続けて夢もかなえたアヤコより
「大きくなる」って思いながら日常に流されていたシンの方が現実的でした。
だけど、アヤコみたいに生きる事が出来る人って少ないかもしれないけど、「あこがれる」って言う気持ちがよく表現されていたなって思いました。
| なな | 2006/08/14 9:51 PM |
『檸檬のころ』を素敵に発展させたような感じだった!
きれいにまとまった、良い物語だったね。

| ゆうき | 2006/08/18 8:05 AM |
ゆうき、なんだか私はこれがすごく好きだって思ったよ。
綺麗にまとまっていて、きっと「つまらない」って思う人もいるとは思うんだけど…
| なな | 2006/08/20 9:28 PM |
ななさん
こんばんは!
この作品とっても良かったですよね。
シンの焦り、アヤコの孤独、それぞれの不安に大いに共感してしまいました。
二人の抱えるものが痛々しくって、せつなくって、でも最後は前向きになれるそんな話でした。
豊島さん、ますます今後に期待ですね!
| エビノート | 2006/09/04 8:17 PM |
エビノートさん、こんばんは。

えぇ、冷静ではいられないくらい好きで
本が好きな人たちの集まりのときに「お薦め」したのですが、もしかしたら私って興奮しすぎ?って思ったのです。
色んな部分で共感できますよね。
私の場合「あぁそんな気持ちあったなぁ」なんですが。
| なな | 2006/09/04 10:11 PM |
もっと早く読んでいればよかった〜と悔やんでいます。
現実的ではないかもしれないけれど、アヤコの生き方がとてもまっすぐで、感動しました。
十年後、私はどこで誰と一緒にいるのだろう、と考えてしまいますね。
| りあむ | 2006/09/14 11:11 PM |
りあむさん、こんばんは。

アヤコの「ひたむきさ」がよかったですよね。
誰でもそうやって大切にしてきてるものってあると思うんです。これほど大掛かりじゃないにしても。
そういうものを思い出します。
10年後…何か目標があるのって羨ましいですよね。
| なな | 2006/09/14 11:55 PM |
アヤコの思い続けるひたむきさ、シンの焦る気持ちがしっかり描かれていて、
純粋なふたりの気持ちが伝わってきて、
読んだ後、さわやかになれる作品でした。
忘れていた中学の多感な時期の頃のことを思い起こさせてくれました。
そういえば「温室デイズ」も中学の話で、主人公が交互に語っていましたね。
流行(はやり)の形式なのかも?

そうそう、伊坂さん、コンプリートできました。
でも記事としては「死神の精度」から後しかないので、
その前の分は忘れかけたりしています(笑)。
未読の作品、楽しみにして、読んでみてくださいね。
| 藍色 | 2006/09/25 12:55 PM |
藍色さん、こんばんは。

この本は私の豊島さんベストです。
えぇ、根っからの乙女体質なんです(笑)

二人が交互に語るのっていろんな方向から物語がみれて
読者にとっては面白いですよね。

ブログに書く前の本って忘れちゃっていますよね。
後数冊楽しみに読みます。

| なな | 2006/09/25 11:42 PM |
こんばんは。ななさん。
この本、最高でした!
いろんな事を思い出しながら読みました。
私も、ホントに大好き!★を5つもつけてしまいました。(笑)

| ゆう | 2006/09/26 9:14 PM |
ゆうさん、こんばんは。

あぁ、よかった。
すごく好きなんだけど、ちょっとあつくなりすぎかなって思ってたんです。
今年のベスト3に入りそうな予感です。
| なな | 2006/09/26 10:41 PM |
ななさん!この本のこと教えてくださってありがとう!!
よかったですー。ど真ん中でした。
あー、私も冷静ではいられません。
シンにもアヤコにも感情移入しまくりでした。
| june | 2006/09/30 1:29 AM |
juneさん、おはようございます。

ど真ん中でしたか。よかった。
私も感情移入しまくりで、冷静な判断出来ていませんでしたから…お薦めしたものの、ちょっと心配でした。
私たちサザエさんずですから似ているんですよね。
| なな | 2006/10/01 9:50 AM |
私にとっても、心に響く作品です。
シン君を思い続けるアヤコの気持ちも、手に取るようにわかったし、アヤコの成功を知って、あせるシンの気持ちも共感できました。
| はな | 2006/10/16 8:55 PM |
はなさん、こんばんは。

この本は今のところ私の今年のベスト1です。
ずっとシンを思い続けてるアヤコ、
時々アヤコを思いながらも現在をなんとなく生きてるシン。
どちらの気持ちもよくわかりますよね。
| なな | 2006/10/16 9:08 PM |
本当に良いお話でした。
わたしも個人的に、時々思い出す中学の頃の同級生がいるんですが…相手がわたしを同じように思い出してくれているかはわからないですね。その点この二人はお互いがお互いを忘れていなくて、それがうらやましかったです。
どこかで読んだインタビューで、豊島さんが「この話で過去を振り返るお話は書くのを少し休みます」と言ってたと思うんですが…また書いてもらいたいですね。新作もいつになるかわかりませんが、楽しみに待ちたいと思います!
| まみみ | 2006/11/04 7:18 PM |
うん。この作品は、一歩間違えば「ありがちな物語」を捉えて、つまらないと思う人がいるかもしれませんね。でも、それ以上に、きっと多くの人がこの喪失の痛みに共感を覚えるのでしょう。
あの読書会の日、ななさんがこの作品を強く推していたのに、そのとき反応ができなかったのが、悔しくて、歯噛みしたいくらに、この作品はぼくの心のツボにはまりました。
まみみさんのコメントが本当だとしたら、少し哀しいですね。未読の色物でデビューしたわりに、興味本位なそういう描写を極力排しているように見える豊島ミホをとても評価しているのですが・・。
| すの | 2006/11/05 6:47 AM |
◇まみみさん

まみみさん、こんばんは。
そうですよね。時々思い出す中学時代のシーンってありますよね。相手はどう思っているんだろう?
こうやって二人で思い会えたら素敵です。
「過去を振り返るお話はお休み」したら次はどこへ行くんだろう?
すごく興味があります。
新作、楽しみに待ちましょうね。


◇すのさん

すのさん。ツボにはまったんですね。
あぁ、よかった。
あの時、読んだ直後だったのですごくすごく強く推した私。
だけど、冷静になってみたらすのさんのおっしゃるとおり「ありがち」って思う人もたくさんいると思うんです。
次回は必ず語り合いましょう!
| なな | 2006/11/05 8:57 PM |
この作品のよさは「ありがちな物語」のよさなのですよ。そこをうわべだけ「ありがち」で伐っちゃうことも可能なのは、事実ですが・・。
シンの倣岸な自信は、実は自信のなさが隠れているんですよね。「いつだって俺のことすげーーって言ってくれる人ほしいのよ」。いえ、ぼくもアヤコの口(くち)かもしれません。決して、自信満々なことなんてなかった。あたぁっ・・。
次回、ぜひ語りたい作品ですね。
| すの | 2006/11/05 10:04 PM |
すのさん、こんばんは。

「ありがちな物語」をキラキラと描く豊島さんが素晴らしいということですよね。

>シンの倣岸な自信は、実は自信のなさが隠れているんですよね
これがたまらないんですよね。
大丈夫!そんな事知ってて応援してるんだから!って優しい気持ちになってしまう私は親の目でしょうかね???
| なな | 2006/11/06 10:21 PM |
こんばんは、ななさん。
ななさんが、この物語が良かったと言う気持ちが
わかります。
振り返れば、これが青春なんでしょうか。
| モンガ | 2007/02/05 11:46 PM |
モンガさん、こんばんは。
私の感想、ちょっと熱くなりすぎですよね(笑)
だけどそれくらい、好きだったんです。
| なな | 2007/02/06 11:05 PM |
これ、琴線にびんびんきちゃいました。
やばい、やばいっす。

夢とか、妥協とか、大人になるとか、いっぱい考えました。
こういう年代はとうに過ぎ去りましたが、少し若返ったみたいです。

豊島さんにやられたー!

| しんちゃん | 2007/12/21 8:52 PM |
しんちゃん、こんばんは。
私もこの本は去年のベスト本だし、豊島さんのなかで
一番好きな本です。
いいですよね〜
キラキラしていて切なくて…
こんな青春時代を過ごしたかった。
| なな | 2007/12/22 9:06 PM |
14歳の、こんなに人を好きになるなんてこの先あるんだろうかと思うアヤコも、約束を支えにずっと思い続けるアヤコも好きで、幸せになって欲しいと思いました。
だからシン君に彼女がいて、アヤコはまだ恋人がいないって分かった時、ドキドキしちゃいましたよ。
どうなるだろう、って。伊地知の方を向いたアヤコも、やっぱり好きです。
ああ、アヤコに感情移入しすぎ。(笑)
| じゃじゃまま | 2008/04/19 11:34 PM |
じゃじゃままさん、気持ちはわかります。
14歳の時の気持ちをずっと持ち続けたままのアヤコもいいし
他の人と付き合っていてもふとした拍子にアヤコを思い出すシン君もいいんです。
二人が最後に幸せになったらなぁと思ったけど
あの自転車で駅までいくらストもすご〜く好きです。
| なな | 2008/04/22 11:54 AM |
★ こんばんわ

4年近く前にこの感動を味わっておられたのですね。
中学生の純な恋。大人になったら、もう味わうことのできない純な気持ちを見事に表現した作品でした。
第1章だけで充分でした。
| やまけん(肩の力を抜いて) | 2010/05/25 11:23 PM |
やまけんさん、こんばんは。

本当に大人には絶対に味わうことの出来ない恋。
いいですよね〜
この本はいまだに私の豊島さんベスト1の本です。
| なな | 2010/05/26 9:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「エバーグリーン」 豊島ミホ (^。^)y-.。o○
タイトル:「エバーグリーン」  著者:豊島ミホ 出版社:双葉社 漫画家を目指すアヤコと、ミュージシャンを志すシンは別々の高校に進むことになる。卒業式のあと二人は約束する。10年後にまた会おう。10年、その間に二人はどうなるのか。夢をかなえるため、シ
| 読書大好きっ!料理もしなきゃっ♪ | 2006/08/12 10:00 AM |
<オススメ>『エバーグリーン』 豊島ミホ (双葉社)
エバーグリーン豊島 ミホ / 双葉社(2006/07)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <豊島ミホお得意の普通で地味な若者を熱く描いている青春小説の決定版。> 注目している若手作家豊島ミホさんの待望の書
| 活字中毒日記! | 2006/08/14 8:05 AM |
エバーグリーン
  『エバーグリーン』 豊島ミホ 2006年 うん、いいね、いいね! 『檸檬のころ』の続きのような、甘酸っぱさと音楽とリアリティ。   中学の卒業式、シン君とアヤコの10年の約束。   ミュージシャンと少女漫画家の夢。    10年後の約束って、よくす
| わすれるまえに | 2006/08/18 8:06 AM |
エバーグリーン 〔豊島ミホ〕
エバーグリーン ≪内容≫ 漫画家を目指すアヤコと、ミュージシャンを志すシンは別々の高校に進むことになる。 卒業式のあと二人は約束する。 …10年後にまた会おう。 10年、その間に二人はどうなるのか。 淡く切ない、残酷だけど美しい日々を描いた青春小説
| まったり読書日記 | 2006/09/04 8:10 PM |
『エバーグリーン』 青春文学の傑作、今年のベスト級作品!(豊島ミホ)
『エバーグリーン』 (豊島ミホ/双葉社) ハチクロこと『ハチミツとクローバー』 がついに完結してしまった。 ときめきや切なさや寂しさ、人間の強さや弱さ、友情や愛情、これぞ青春だ!という作品だった。 最終話の竹本がサンドウィッチを食べるシーンでは、ボ
| 朝から晩まで本を読んでいたい | 2006/09/14 11:07 PM |
エバーグリーン 豊島ミホ
装丁は片岡忠彦。cover photo MASASKI TOYOURA/A.collection/amana。書き下ろし。 中学校の卒業式のあと、別々の高校に進むことになった、ミュージシャンを志すシン(一方の語り手・宮本進)と、シンに憧れ漫画家を目指す
| 粋な提案 | 2006/09/25 12:55 PM |
エバーグリーン 豊島ミホ
ミュージシャンを目指す中学三年生のシンと、同級生である少女漫画家を目指すアヤコの青春小説。 中学卒業と共に、別々の高校へ進学、卒業式の日、10年後に同じ思い出の場所での再会を約束する・・・。 恋愛のこと、自分自身のこと、将来のこと・・・そして、飛び立て
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/09/26 9:12 PM |
「エバーグリーン」豊島ミホ
エバーグリーン ナナメモのななさんのオススメで読みました。やられました。ど真ん中きました。すごいよかったです!ななさん、薦めてくださってありがとう!!痛くて苦くて切ないんだけれど、キラキラまぶしかったです。地味な2人の主人公もすごく好きです。 中
| 本のある生活 | 2006/09/30 1:29 AM |
エバーグリーン
エバーグリーン 豊島ミホ 双葉社 2006年7月 中学生のアヤコは、部室に忘れ物をとりに行って、あこがれのシン君がバンドを辞めるということを立ち聞きしてしまい、「シン君ひとりで歌えばいいと思う」と思い切って声をかける。それから、交際するという
| <花>の本と映画の感想 | 2006/10/16 8:45 PM |
「エバーグリーン」 豊島ミホ
エバーグリーンposted with 簡単リンクくん at 2006.10.28豊島 ミホ著双葉社 (2006.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/11/04 7:12 PM |
「エバーグリーン」豊島ミホ
「エバーグリーン」豊島ミホ(2006)☆☆☆☆☆ ※[913]、国内、現代、小説、青春、初恋、音楽、バンド、漫画、現実、10年 ※めちゃくちゃネタバレあり。未読者は絶対読んではいけない。 久々にがつんと胸を打たれた作品。決して感動作ではない。言うならば心の琴
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/11/05 6:06 AM |
「エバーグリーン」豊島ミホ
エバーグリーン発売元: 双葉社価格: ¥ 1,470発売日: 2006/07売上ランキング: 105400おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/12/07 いきなり余談からで恐縮ですが、 著者名、としまみほと入力したら「年増美保」と出てきて嫌な気分でした。 もう32歳年増
| 本を読む女。改訂版 | 2006/12/12 12:38 AM |
エバーグリーン  豊島 ミホ
エバーグリーン 豊島 ミホ  07−33 ★★★☆☆  【エバーグリーン】 豊島 ミホ 著  双葉社  《青春、あまりにもほろ苦い、それが青春なんて…》  出版社/著者からの内容紹介より 漫画家を目指すアヤコと、ミュージシャンを志すシンは別々の高
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/02/03 12:19 PM |
エバーグリーン 豊島ミホ
エバーグリーン ■やぎっちょ書評 本ブロガーさんがよく読まれているのを見かけていたので、引っ越し前に古本屋さんにあるのを見て購入。ぱらぱらと見てみると久々の恋愛本ではないですか! 10年後にここで会おう!という約束。好きー。好きーよこういうお話。ベタで
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/05/24 9:22 PM |
「エバーグリーン」豊島ミホ
エバーグリーン豊島 ミホ (2006/07)双葉社 この商品の詳細を見る 自分が組んだのが、ワンマンバンドだとわかっていた。しかし、学祭まで一週間という日に、突然バンドは解散してしまっ...
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/12/21 8:44 PM |
「エバーグリーン」 豊島ミホ
エバーグリーン(2006/07)豊島 ミホ商品詳細を見る 2人をつなぐものは…約束。中学校の卒業式で、10年後の再会を約束した シンとアヤコ。夢をかな...
| 読書日和 | 2008/04/11 9:45 PM |
エバーグリーン 豊島ミホ著。
≪★★★≫ 「神田川デイズ」で感動し、みなさんにお薦めいただいた「エバーグリーン」読みましたよ~。 最初は、音楽に夢中な少年の音楽の話か?と若干引き気味で、数ページからなかなか進まなかったけど、おお!初恋か?青春か?とグンとスピードが上がった。 14歳の
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/04/19 11:21 PM |
・「エバーグリーン」豊島ミホ
地方の雪国の中学3年生。シン君。将来の夢への期待と不安。雪国にうもれたままではいたくない。やる気のないバンド仲間に投げかけた「クソ田舎で一生埋もれて暮らせ!」は心の叫びである。一方、「もし、このまま何者にもなれなかったらどうしよう。」という不安もまた
| 肩の力を抜いて | 2010/05/25 11:24 PM |
豊島ミホ 「エバーグリーン」
高校時代に約束した夢の実現へ進むシンとアヤコ。しかし、現実は甘くなくシンは夢を諦めていた。そして、アヤコとシンは、再会して今までの出来事を思い返す。
| ゼロから | 2011/03/31 6:53 AM |