CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「動物園にできること」川端裕人 | main | イン・ハー・シューズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「からくりからくさ」梨木香歩
からくりからくさ
からくりからくさ
梨木 香歩


祖母が亡くなって50日目。久しぶりに会ったりかさんは話をしなくなった。その祖母の家で共同生活する4人。染色をする蓉子。鍼灸の勉強しているマーガレット。機を織る紀久。テキスタイル図案を研究する与希子。4人の出会いは偶然なのか必然なのか?

梨木さんらしい雰囲気のある物語でした。祖母の残した古いけどよく手入れされた家。網戸を買うために、庭の雑草を食べる。絹を染める為に草木を刈る。機を織る音がすると、その周りで自分のことをする同居人達。ゆったりとした空間。ずっとひたっていたいと思いました。

物語はちょっと遠いところまで広がりすぎちゃったのかな?って思う部分もありました。ただ、出会うべくして出合った4人の物語だけでなく、遠い国まで行くあたりが梨木さんのよさなんですよね。南蛮ギゼルにトルコ…梨木さんのほかの本をふっと思い出させるような言葉が出てきます。やっぱり梨木さんの世界って素敵です。

ここに出てくる「りかさん」はたぶん梨木さんのほかの本「りかさん」のりかさんなんだと思います。ってことは読む順番を間違えたのかもしれない。
| 本:な行(梨木香歩) | 23:05 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |
コメント
私も、随分前にこの本を読みました。
専門的なことがいっぱいで、ちょっと難しかった記憶があります。でも、梨木さんの独特な世界は好きです。
「りかさん」も読みましたよ。容子の子どもの頃の話しになるんですが、「りかさん」のほうが、あとに書かれてるみたいですよ。「からくり・・・」の続編のお話しも一緒に収録されていて、こちらも好きでした。
ぜひ、「りかさん」も。
| ロニママ | 2006/07/21 9:17 AM |
ロニママさん、こんばんは。
能面や織物に染色。
そして数々の植物の名前。
知らない事ばかりで、物語の世界が中々自分の頭の中に広がりにくいのですが、いいですよね。
「りかさん」やっぱり子供の頃の蓉子なんですね。
「からくり…」の続編?ますます気になりました。
教えていただきありがとうございます。
| なな | 2006/07/21 9:08 PM |
私もまた読む順番を間違えたのでしょうか!
それともこれでよかったのか・・。
とりあえず「りかさん」を借りてきたので、
早く読みたくてうずうずしてます。
でも、子供に邪魔されて読めません・・(涙)。
| june | 2006/07/30 10:08 PM |
juneさん、こんばんは。
たぶん大丈夫だと思います。
梨木さんが書いた順番は「からくり…」「りかさん」のようです。
「りかさん」手元にお持ちなんですね。
私はすっかり忘れていました。明日図書館に行って見ます。
文庫本借りましたか?「からくり…」の続編が載っているとか…
先が長い夏休み、お互いがんばりましょう。
その前に12日がありますね。
| なな | 2006/07/31 12:28 AM |
世界の広がりが壮大な作品でしたね〜。
トルコが出てきたので、次は『村田エフェンディ滞土録』を読んでみようかなと思ってます。
梨木さんの作品は、その世界に身をゆだねたままず〜っと浸っていたいと思うような作品が多いですね。
| エビノート | 2007/09/11 9:02 PM |
エビノートさん、こんばんは。
梨木さんの物語って目に見えない何か、人が忘れてはいけない何かがあるように思います。
読んだ後、もっと着実に慎ましやかに生きなきゃって思います。
「村田エフェンディ滞土録」も「家守綺譚」も素敵な話ですよね。
| なな | 2007/09/12 8:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/517
トラックバック
「からくりからくさ」梨木香歩
からくりからくさ 好き嫌いが分かれるような気がしますが、私はこれ大好きです。意識にものぼらないような深いところに響いてくるかんじです。誤解を恐れず言えば、子供を生んだ女性は、この感じが実感としてわかりやすいのではないかとも思います。 懐かしく楽し
| 本のある生活 | 2006/07/30 10:09 PM |
からくりからくさ - 梨木香歩
昨日に続いて梨木香歩作品を読んでみました。読み始めは「ん?何何?」って感じでした。
| 脳内TraP | 2007/01/28 11:13 PM |
梨木香歩【からくりからくさ】
蓉子、与希子(よきこ)、紀久(きく)、それからアメリカ人のマーガレットと、若い女の子4人の共同生活を描く。 蓉子は染色家の工房に通う外弟子。与希子と紀久は美大の学生で、機織(はたおり)をする。マーガレットは鍼灸
| ぱんどら日記 | 2007/05/22 12:20 PM |
からくりからくさ 〔梨木 香歩〕
からくりからくさ (新潮文庫)梨木 香歩 新潮社 2001-12売り上げランキング : 32918おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 祖母が遺した古い家に女が四人、私たちは共同生活を始めた。 糸を染め、機を織り、庭に生い茂る草が食卓にのる。 静かな、
| まったり読書日記 | 2007/09/11 8:43 PM |