CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「わにのスワニー」中川ひろたか | main | 「主婦と恋愛」藤野千夜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「銃とチョコレート」乙一
銃とチョコレート
銃とチョコレート
乙一


盗んだ後現場に必ず1枚のカードを残す怪盗ゴディバ。それを追う探偵ロイズは子供たちの人気者。ある日、貧しい移民の子リンツは父と買い物に行き、聖書を買ってもらう。その聖書の中に挟まっていたのはゴディバの手がかりになりそうな謎の地図だった。

かつて子どもだったあなたと少年少女のための「ミステリーランド」だそうです。子どもも読むためなのかひらがなが多くて漢字にルビが振ってある。読みにくいです。

楽しい読書でした。設定がどの時代のどの国?ってくらい独特で雰囲気がある。怪盗に探偵、謎の地図など子どもだったらワクワクしちゃいそうなものがたくさん登場する。登場人物はゴディバやリンツ、ブラウニーさんにゴンチャロフ。冬だったらチョコレートが食べたくなったに違いありません!そしてあとがき。久しぶりの乙一さんだったので、うっかりしてました。乙一さんといえば「あとがき」だったじゃないですか!すごく短かったけどやっぱり「乙一」さんでした。

挿画がちょっと怖かったです。職場で「何読んでるの?」って聞かれてパラパラめくったのですが、みんなひいてました…
| 本:あ行(乙一) | 20:42 | comments(25) | trackbacks(17) |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - |
コメント
こんにちは♪
久々の乙一さんの新作、楽しかったですねえ。
読み終わったとき、チョコレートが食べたくて食べたくて仕方なかったです(笑)
| かずは | 2006/07/11 10:24 PM |
かずはさん、こんばんは。

久しぶりの乙一さん、分厚さの割にはあっという間に読めちゃって、もっともっと乙一さんの世界に入り込んで痛かったです。
私、夏は食欲をなくすタイプなのであまり感じませんでしたが、冬に読んでいたらチョコを買いに走ったに違いありません。
| なな | 2006/07/12 11:29 PM |
こんにちわ。
GODIVAのチョコレートアイスを食べながら、読んでいました。二つの意味で美味しかったです!あと、独特の世界観は乙一作品ならではですよね。雰囲気といい、内容といい、大人が読むミステリーランドNo.1作品だと勝手に思っています
| KORO | 2006/07/16 1:09 PM |
KOROさん、こんばんは。
GODIVAのチョコアイス。
それは夏にぴったりの選択ですね。

子供も読むミステリーランドの中でもちゃんと乙一さんらしい世界。さすがです。
| なな | 2006/07/16 10:29 PM |
この方の作品は、初めて読みましたが、少しこの作品は特異なんですよね??
面白かったけど、なんだか罪悪感を感じました。

「人をなぐってころした」

平仮名で書くと、本当に怖いです・・・

TBさせていただきました。
| ゆう | 2006/07/20 10:11 AM |
ゆうさん、乙一さんって黒と白があって
「人をなぐってころした」って言うのは黒乙一っぽインじゃないかと思います。(詳しい訳じゃないので、ファンの方に怒られるかもしれませんが…)
ひらがなは確かに怖いです。
そして自分の子供がこれを読むのはちょっといやだなぁって思いながら読みました。
大人が読むにはすごく面白い本なのですが…
| なな | 2006/07/20 11:35 PM |
こんばんわ〜^^面白かったですね!
凄くよかったと思います。
さすが乙一さんですね〜。
なるほど〜って思う部分がたくさんあったし、リンツもお母さんもとっても好きなキャラクターだったので、楽しく読みました^^
ただ挿絵が怖すぎます。
子どもが読んだら、泣いちゃいますよ、きっと。
| 苗坊 | 2006/07/21 5:57 PM |
苗坊さん、こんばんは。

本当に面白かったですよね。
リンツのお母さん、すごい人です。

挿絵、職場で見せたら本当にみんなひいちゃったんです。
「面白いんだよ」って私の言葉が空回り…
子供もきっとすごく怖がるでしょうね。
| なな | 2006/07/21 9:19 PM |
GODIVAが、まさか・・・だったとは予想もしませんでした。伏線も張ってあり、おもしろかったです。
ただ、子どもが読んだら、どう感じるのかなあと思いました。
| | 2006/07/23 4:34 PM |
花さん、こんばんは。

謎の地図に泥棒に探偵。
ワクワクする物語でした。

子供が読んだらどう思うのでしょうね?
自分の子がもう少し大きくなったら読ませてみたいような
だけど簡単に殺してしまうのってどうなんだろう?って思って見たり…
とりあえず、挿絵は怖がりそうです。

| なな | 2006/07/23 10:02 PM |
そう、あとがきよ!
こけたもん!

私も乙一の読み残しを読む!
生涯の図書館には一冊もないんだよ!
なんでも予約しなくちゃ手に入らない。
| ゆうき | 2006/08/11 7:14 AM |
私は、ちょっと入り込めなかったんですよね、この作品。
乙一さんは、大好きなんですが、どうも、物足りない感じがして。

あとがきは、相変わらずおもしろいですよね。
次回作に期待したいです。
| ロニママ | 2006/08/11 11:01 PM |
◇ゆうきへ

私「GOTH」を読んでいないの。
乙一さんはなかんかないよね。


◇ロニママさんへ

私は字のルビや無駄に多いひらがなに疲れました。
物足りなさはいつもより、子供を意思したからでしょうかね…

そう、乙一さんといえばあとがきなんですよね。
先に読まないよう誘惑と戦うのが大変です。
| なな | 2006/08/12 12:05 AM |
ななさん、こんにちは。
わくわくしながら読んで、
意外性もいっぱいの推理冒険活劇でした。
母親(メリーさん)が語る真相で
息子への愛情の深さがわかる物語でしたね。
あの挿し絵は私も怖かったです。
| 藍色 | 2006/09/06 1:06 PM |
藍色さん、こんばんは。

色んな要素が入っていて
乙一さんらしいストーリーでしたよね。
| なな | 2006/09/06 9:54 PM |
ななさん☆こんばんは
すっかり小学生の頃の気持になっちゃいました。(#^.^#)
そして、チョコレートが食べた〜い!
| Roko | 2006/10/14 11:56 PM |
Rokoさん、こんばんは。

子どもの頃って「冒険」とか「宝の地図」って言葉にワクワクしていましたよね。そんな頃を思い出しました。

これからはチョコレートの新製品がたくさん出る季節なので
危ないですね。
| なな | 2006/10/15 1:11 AM |
地図の入ってる本って、何だかわくわくするんです。
怖い挿絵も気持が盛り上がってよかったです。
(小学生みたいです・・)
それにしても人の名前が出てくるたびに、食べたくなって困りました。
| june | 2006/10/19 10:05 PM |
juneさん、地図付きってステキですよね。
この季節の、この名前はやばいです。
確実にスーパーなりデパートなりに走りそうです。
| なな | 2006/10/19 10:42 PM |
あとがきを集めたような『小生物語』も面白いですよね。
いつもかなりヘビーなホラーなのにあとがきは、というギャップを楽しんでいるので、今回は短くて寂しい気もしましたけど。
チョコレート、私も食べたくなりました。
| うー | 2006/11/02 6:00 AM |
うーさん、乙一さんといえば「あとがき」
毎回、最後のお楽しみにとっておきたい、でも読みたいっていう心の葛藤が…
「小生物語」大好きです。
最近漫画喫茶に行くようになったんですけど、
乙一さん、上京した際にはこういう場所で過ごしてたんだなぁって。
| なな | 2006/11/02 9:27 PM |
ななさん、お久しぶり。
これ、やっと手元に届き、読み終わりました。
やっぱり乙一さん凄い!
最後の結末に愛を感じますね。
面白かったです。
| coico   | 2006/11/04 3:43 PM |
coicoさん、こんばんは。

子供向けも乙一さんの手にかかるとこんな風になるんだって思いました。やっぱりすごいですよね。

図書館、現在6冊予約本が来ているようす。
来週の火曜日まで実家に行かないのですが
これ以上届かないよう願うばかりです。
新刊が多くて、調子に乗って予約しすぎました。
| なな | 2006/11/05 8:46 PM |
こんにちは。
ほんとすごいイラストでしたね。
お母さんが悪人にしか見えなくて、怖い。
| しんちゃん | 2008/01/12 12:49 PM |
しんちゃん、こんばんは。
イラスト、怖すぎですよね(笑)
インパクトあっていまでも忘れられません。
| なな | 2008/01/12 9:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/505
トラックバック
<面白い>『銃とチョコレート』 乙一 (講談社)
銃とチョコレート乙一 / 講談社(2006/05/31)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <名探偵明智小五郎のイメージで読めばエライ目にあいます。> 講談社ミステリーランドの作品。 乙一さんの単行本として
| 活字中毒日記! | 2006/07/11 4:21 AM |
「銃とチョコレート」乙一
最近はもっぱら映画製作に嵌っているという噂の乙一の待ちに待った新作は       「かつて子どもだったあなたと少年少女のための−ミステリーランド」。ジュブナイルの王道、リンツ少年の成長物語。期待に違わず、面白かったです!☆(≧▽≦)☆   登場人物の
| 読書とジャンプ | 2006/07/11 10:26 PM |
銃とチョコレート 著者:乙 一
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:95点 採点内訳へ ≪梗概≫ 名探偵ロイズはぼくらのヒーロー!はたして名探偵ロイズは、怪盗ゴディバをつかまえることができるのか!? 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石
| 読むなび!(裏) | 2006/07/16 1:05 PM |
銃とチョコレート 乙一【児童書】
リンツ少年が住む国で、連続強盗事件が発生。 リンツ少年が、とある物を手にした事をきっかけに、少年たちの憧れである探偵ロイズと出会い、共に『ゴディバ』と名乗る怪盗を追う長編ミステリー。 思わぬストーリー展開や、話の運びがとても面白く、飽きることなく最後
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/07/20 10:09 AM |
■ 銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレート 乙一 講談社 2006-05-31 久しぶりの、乙一さん。今回は、うちの市の図書館では児童文学の棚にはもちろん、YAコーナーにもおいてもらえず、普通に大人向けの小説の棚に置かれている、「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリー
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/07/21 12:23 AM |
銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレート ヨーロッパのとある国で、怪盗ゴディバという高価なものを盗む悪党がいた。 その悪党を捕まえようとしている探偵ロイズは、子ども達に大人気。 少年リンツもその一人。 リンツは移民の血を引く11歳の少年。 父デメルは杯の病気で死に、母メリーと
| 苗坊の読書日記 | 2006/07/21 6:04 PM |
銃とチョコレート
銃とチョコレート 乙一 講談社 2006年5月 怪盗ゴディバが、富豪の家から宝物をいろいろ盗み出していた。少年たちの間で人気の探偵ロイズが、捕まえると誰もが信じていた。移民のリンツは、父と胡椒を買いに行き、一緒に聖書も買って帰る。父が肺の病気で
| <花>の本と映画の感想 | 2006/07/23 4:29 PM |
銃とチョコレート
  『銃とチョコレート』 乙一 2006年 角を丸くした装丁。 甲殻機動隊の背景を描いている人のちょっと不気味な挿絵。 チョコレート色の背表紙。 いいなー、素敵だなー。   子どもならみんなチョコレートと“怪盗ゴディバVS探偵ロイズ”が大好き!   リ
| わすれるまえに | 2006/08/11 7:12 AM |
『銃とチョコレート』
銃とチョコレートposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.10乙一著講談社 (2006.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 少年リンツの住む国で富豪の家から宝石が盗まれるという事件が発生した。犯人は怪盗「GODIVA」。それに対抗
| 本の小さな花束 | 2006/08/11 10:58 PM |
銃とチョコレート、乙一
イラストレーションは平田秀一。かつて子どもだったあなたと少年少女のための講談社ミステリーランドの1冊。 古きヨーロッパを思わせる架空の国。主人公で語り手の十一歳の少年、リンツは亡父と市場で胡椒とともに買った聖書に、
| 粋な提案 | 2006/09/06 1:06 PM |
「銃とチョコレート」 乙一
銃とチョコレートposted with amazlet on 06.10.13
| ついてる日記? | 2006/10/14 11:47 PM |
「銃とチョコレート」乙一
タイトル:銃とチョコレート 著者  :乙一 出版社 :講談社 MYSTERY LAND 読書期間:2006/09/18 - 2006/09/20 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカ
| AOCHAN-Blog | 2006/10/16 9:37 PM |
「銃とチョコレート」乙一
銃とチョコレート ルビも振ってあるし、ひらがなも多いので児童書なのかと思いましたが、「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」というシリーズということで、大人も読んでいいようです。大人が読んでも充分おもしろかったです。というより
| 本のある生活 | 2006/10/19 10:06 PM |
『銃とチョコレート』乙一
乙一の新刊ということで大期待して読んだ。 最近はあまりグログロな表現はないような気がするのだが、この本も児童書といってもいいような表記を使用しており、比較的グロッキーな表現は出てこない。 とはいえ、さらっと流されている部分が恐ろしい、というところはあ
| うーうーにっき | 2006/11/02 6:01 AM |
「銃とチョコレート」 乙一
タイトル:「銃とチョコレート」  著者:乙一 出版社:講談社 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていた【GODIVA】の文字は泥棒の名前として国民に定着した。その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロ
| 読書大好きっ!料理もしなきゃっ♪ | 2006/11/04 3:44 PM |
銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレート この本は、「ジョナサンの読書飛行」のジョナサンさんと「ちょっくら読書1000冊目指してみようか。」の常陸さんにオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 な〜んと言いたいことの満載した本ざましょ。 まず
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/03 11:29 PM |
「銃とチョコレート」乙一
銃とチョコレート (ミステリーランド)乙一 (2006/05/31)講談社 この商品の詳細を見る 大金持ちの豪邸から英雄の金貨が盗まれた。そして数ヵ月後に...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/12 12:46 PM |