CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「いなかのせんきょ」藤谷治 | main | 「Presents」角田光代  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「厭世フレーバー」三羽省吾
リストラされた父親が失踪した。残された家族5人の物語。

この本も本が好きな方のブログにたくさん登場していて、なんとなく面白そうなにおいが漂って来ました。うん。面白い。恥ずかしながら漢字が苦手な私は「厭世」が「えんせい」と読むとは知らなくて、意味まで調べてしまいました。

章のタイトルが「14歳」「17歳」「27歳」「42歳」「73歳」最初の「14歳」進路相談で高校進学もやめ、陸上部も退部すると言う中学2年のケイ。ケイの人生を73歳まで追っていくのかとちょっと心配しましたが、そんなことはありませんでした。「17歳」は優等生だったの父の失踪後夜中まで家に帰らないカナ。「27歳」は高校卒業とともに家を出ていたけど、父の失踪後大黒柱となるべく帰ってきた失業中のリュウ。「42歳」は夫の失踪後酒びたりの毎日の母親。そして「73歳」は息子の失踪後ボケはじめ何度も食事をするおじいちゃん。

それぞれが年齢にぴったりの考え方で自分のこと、周りの人の事を語るのです。本人が考える「自分像」や行動が周りの人間にどう考えられているのかを知るのがすごく面白かった。

まだ未成年の二人は今の状況がすごくいやで「卒業したら自立する」と強く強く考えています。それに対して成人したリュウは「逃げ出したい」と思いながらもうそをついて無理をしている。母はアルコールに依存して現実に蓋をして、おじいちゃんはボケて過去を振り返る。私だったらどうするのかなって考えました。やっぱり依存するものがアルコールじゃないかもしれないけど、現実に蓋をして無かった事にして生きていくのかもしれない。


最後まで読んでみると、この家族血のつながりが薄いのです。おじいちゃんだって自分ではない名前で生きている。一緒に暮らしていれば癖や考えが似てくるものだし、血のつながりだけが家族ではないんだって思えます。

いろんな人が語る失踪した父親。子供のころから放浪癖があり、やることがむちゃくちゃ。むちゃくちゃだけど、自分の中できちんと筋が通ってる。昔モヒカン、今逆モヒカンのお父さん、猫の「部長」も戻ってきたことだし、いつかフラリと戻ってきてくれそうな気がします。
| 本:ま行(三羽省吾) | 23:58 | comments(14) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |
コメント
こんちは。移転ですか。お疲れ様です。手作業移転ですかねえ、大変ですよねえ。がんばって下さいな。
私もロリポブログだけどデザインとか基本はjugemと一緒なんで、最初はこのデザインでした。懐かしいなあ。
| ざれこ | 2006/03/07 5:23 PM |
ざれこさん、こんばんは。
えぇ、手作業でチビチビやってます。
肩こってます。

HTMLやCSS全くわからないシロウトなので
試行錯誤の繰り返しです。
ざれこさんのブログはすごいです!
本当に。
私もブログリストを折りたたみたい!

これからもどうぞよろしくお願いします。
| なな | 2006/03/07 11:52 PM |
こんにちはー。
私も、読書ブログをはじめて、だいぶ記事がたまってから、
JUGEMに引っ越したので、手作業が大変でしたよー。
時間もかかったし、肩もこったし・・・。
もう二度とやりたくないです!

これからは、JUGEM仲間ですね。よろしく♪
| ゆうき | 2006/03/08 2:54 PM |
ゆうきさん、やっぱり肩こりますよね?
うちのPC、きちんとした机の上においてある訳じゃないのでそのせいかと思ってました。
私ももう二度とごめんです(ってまだ全然終わってませんが)

これからもよろしくお願いします。
| なな | 2006/03/08 11:07 PM |
久々に☆をつけました。
やっと読めたよー。
1冊しかないんだもん!

すごく面白かった!
いいねー。
| ゆうき☆ | 2006/04/13 2:34 PM |
ゆうき、久しぶりの仕事お疲れ様でした。

そうなの?じゃぁ回せばよかった。
私もこっちの市で借りたんだけど、すぐにきたから大丈夫だと思ったのよ。
じゃぁ人気出てきたのかな。
何かの雑誌で紹介されたのかしら…
うちの市の人達そういうのに弱いからね。
| なな | 2006/04/13 10:27 PM |
三羽さんまだこれが2作目なんですね。
デビュー作も断然読みたくなったので早速予約しました。
この失踪父さん…結構イイやつなのかもですよね。
憎めないキャラって感じで。
注目の作家さんがまたひとり♪
| ユミ | 2006/05/23 11:44 PM |
ユミさん、こんばんは。
三羽さん、いいですよね。
もうすぐ新刊が出るとか出ないとか…
デビュー作読みたいって思っているのに、
なかなか読めないです。
| なな | 2006/05/24 10:15 PM |
ななさん☆こんにちは
三羽さん2冊目です。これも面白かったぁ!
新刊出るんですか?
「太陽がイッパイいっぱい」も早く読まなくっちゃね!
| Roko | 2006/10/09 1:45 PM |
Rokoさん、こんばんは。

三羽さんの中では今のところこの本が一番好きです。
上のコメントの「新刊」とは「イレギュラー」の事です。
もっと書いていただきたい!って思いますよね。
| なな | 2006/10/09 9:12 PM |
ななさん、
遅くなりましたが、おススメの『厭世フレーバー』読みましたよ。
ありがとうございました!!
すごく面白かったです。
家族それぞれに語るということが分かった時点で、おじいちゃんのパートはどうなるんだ?とちょっと不安だったんですが、大丈夫でしたね。
部長代理というネーミングセンスには笑ってしまいました♪
| エビノート | 2006/12/01 8:51 PM |
エビノートさん、こんばんは。

最初、各章のタイトル見たときには一人の人生かと思いますよね。で、「17歳」を読み始めたときに急にワクワクしました。
おじいちゃんの章で家族って血の繋がりだけじゃないんだなって…よかったですよね。
| なな | 2006/12/01 9:54 PM |
現実にあったらかなり厳しい状況なのに、軽快な文章で楽しく読みました。
読後清々しい本大好きです♪

三羽さんもっと書いて欲しいですね〜
| たまま | 2008/07/22 1:34 PM |
たままさん、こんばんは。
本当に辛い設定なのに爽やかな読後感♪
三羽さん、次はいつなんでしょうね。
| なな | 2008/07/22 9:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/50
トラックバック
「厭世フレーバー」三羽省吾
厭世フレーバー発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,680発売日: 2005/08/03売上ランキング: 25,825posted with Socialtunes at 2005/10/14 (非公認)読者大賞blogの新刊本ベストに突如エントリーがあったこの本。 (本のことどもの聖月さん、いつもありがとうございます)
| 本を読む女。改訂版 | 2006/03/07 5:05 PM |
■ 厭世フレーバー 三羽省吾
厭世フレーバー三羽 省吾 文藝春秋 2005-08-03by G-Tools 俺がかわりに殺してやろうか 父親が失踪。全力疾走のはてに少年は血の味を知ったー帯より 先入観0で読んだので、シリアスな犯罪小説かと思った・・・。全然違ってびっくりした(笑)。あとでよく見たら、
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/03/08 2:57 PM |
厭世フレーバー
  『厭世フレーバー』 三羽 省吾(みつば しょうご) 2005年 初めて読む作家さん。 仲良しのななちゃんが「是非読んで!」と言ってくれたのですが、 我が市の図書館には1冊しかなくて、予約待ちが思いのほか長かったです。 うん、良かった! 目次を見る
| わすれるまえに | 2006/04/13 2:33 PM |
「厭世フレーバー」三羽省吾
「厭世フレーバー」三羽省吾(2005)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、家族、父不在 本読み人仲間聖月さんのオススメということで図書館に予約、同じく本読み人仲間mamimixさんの気になる一冊と知ったところに、図書館から連絡。期待して読んだ。 まず、苦言
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/04/20 12:28 PM |
厭世フレーバー/三羽省吾
いやいや想像以上の面白さでした!三羽省吾さん…いいっすね。目次を見て「14歳男子の成長物語的作品なんだわきっと」なんて思い「息子にピッタリ♪」といそいそ借りてきたのですが見事に違いました(いやでも…違うとも言い難い)。これは意外に大人テイスト。突然いな
| ひまさえあれば | 2006/05/23 11:36 PM |
厭世フレーバー
174 ★★★☆☆ 【厭世フレーバー】 三羽省吾 著  文藝春秋 《家族って、何でしょうか。つながり…》 出版社 / 著者からの内容紹介 新しい時代の家族を描く新鋭登場 突然、父親が失踪。没頭していた陸上をやめ、14歳のケイは新聞を配り始めるが──。家
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/07/26 10:42 PM |
「厭世フレーバー」 三羽省吾
厭世フレーバーposted with amazlet on 06.10.05
| ついてる日記? | 2006/10/09 1:41 PM |
厭世フレーバー 〔三羽省吾〕
厭世フレーバー ≪内容≫ 俺がかわりに殺してやろうか。 父親が失踪。 全力疾走のはてに少年は血の味を知った ―家族の崩壊と再生をポップに描いた快作誕生。 (BOOKデータベースより)
| まったり読書日記 | 2006/12/01 8:40 PM |
「厭世フレーバー」三羽省吾
タイトル:厭世フレーバー 著者  :三羽省吾 出版社 :文藝春秋 読書期間:2007/09/19 - 2007/09/20 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ] 突然、父親が失踪。14歳のケイは陸上部をやめて新聞配達、27歳のリュウは急に家長の意識
| AOCHAN-Blog | 2007/11/09 12:07 PM |
三羽省吾『厭世フレーバー 』
厭世フレーバー (文春文庫)三羽 省吾文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、三羽省吾『厭世フレーバー 』を紹介します。父親失踪後の家族それぞれの様子を描いています。「14歳(次男)」「17歳(長女)」「27歳(長男)」「42歳(妻)」「73歳(祖父)」の5章です。5章
| itchy1976の日記 | 2009/12/09 11:32 PM |