CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ナイトメアー・ビフォア・クリスマス | main | デスノート<前編> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
陽気なギャングの日常と襲撃
陽気なギャングの日常と襲撃


「陽気なギャングが地球を回す」の続編。

前半部分は4人がそれぞれ、後半部分に登場する人たちのちょっとした事件をそれぞれ解決します。成瀬は職場の後輩と一緒に強盗団を警察に通報。響野は飲んで記憶を亡くしたお客さんの記憶探し。雪子は派遣先の同僚に送られたチケットの謎をとく。久遠は公園で殴られた借金苦の人を助ける。

そして後半部分は前回同様銀行を襲うシーンから始まる。今回は成功したのだが、その翌日成瀬から招集がかかる。成瀬の部下の恋人が誘拐されたらしい…

成瀬、響野、雪子、久遠の4人がそれぞれ「らしい」行動をし、おしゃれで面白い会話を繰り広げる。いいなぁ。十分魅力的だったんだけど、1作目の方が読んでいる時の「ワクワク感」が大きかったような気がします。


| 本:あ行(伊坂幸太郎) | 21:20 | comments(18) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | - | - |
コメント
「初恋」にTBはらせて頂いたところですが、トップにこの本があったので連続で貼らせていただきました。すみません。
やぎっちょもちょうど伊坂本の「終末のフール」を読み終えたところで明日UPする予定です!伊坂さんの独自のワールドとちょくちょく出てくる名言はとてもいいですよね★
| やぎっちょ | 2006/06/28 6:19 PM |
続編になるとどうしてもドキドキは減ってしまいますね。わたしも期待しすぎちゃいました。おもしろかったんですけれどね。
| まみみっくす | 2006/06/28 7:55 PM |
◇やぎっちょさん

伊坂さんの言葉に対するこだわり、大好きです。
がしっと鷲掴みです。
明日「終末のフール」のレビュー楽しみにしています。

◇まみみっくすさん

そうなんです。面白かったんですけど…
前作に比べるとドキドキ感が減ってしまったというのか。
前作は一度読んで、もう一度読み直してって夢中になったものですから。
| なな | 2006/06/29 12:49 AM |
やっぱり読書はね、読み手の心の状態によって変化するからねー。私はとってもインプットの時期なので、面白くてどんどん読んだよ!
役所での成瀬さんの様子とか、雪子さんが実は派遣とか、
久遠君はまた知らないおじさんとなれなれしいし、
響野さんは相変わらずだから、人物達に近づけた気がした。

成瀬さんの息子と、雪子さんの息子の話がもっと知りたいなー。
| ゆうき | 2006/06/29 6:55 AM |
そうそう、やっぱりこんな状態での読書はダメだよね。
もっと平常心を保っている時に読まなければ…
つくづく、私にとって読書とは現実逃避なんだって思ったわ。今は現実を見ていたいわけだから…

前半の「日常」の部分がよかったよね。
| なな | 2006/06/29 10:14 PM |
そうですね。前半のエピソードが後半で、無理やり集束させられたという感じがするのが、ちょっとおもしろさを損なったかなぁ・・という感じ。おもしろいのは間違いないのですが・・。
| すの | 2006/07/01 6:04 AM |
すのさん、後半はなんだか成瀬の独り相撲というか
久遠と響野がすっかり踊らされていた気がして…
そう、おもしろいのは間違いないんですけどね。
伊坂さんが楽しんで書いている姿が目に浮かびます。
| なな | 2006/07/01 9:57 PM |
なんかこうすかっとしたいときにはとてもよい本でした!ちなみに私はベランダに干してある布団が強風で飛ばないように窓辺で見張りながら読むというシチュエーションで読んだのですが…なかなかあってました(笑)。
| chiekoa | 2006/07/06 12:38 PM |
chiekoaさん、こんばんは。
えぇ、読む時期を間違えています。
今、本当に物語りにのめり込めないので、この本を読むのはもったいなかったのですが、なんてったって図書館で予約してますから、時期は選べない(買えって?)
布団を見張りながらの読書。スリル満点でよさそうですね。
| なな | 2006/07/06 10:47 PM |
ななさん、こんばんは。
そうですね、後半はちょっと多すぎる伏線で混乱したような気もします。
成瀬がまったく同じパターンだったのも、逆に騙されました。
4人の日常が見られたのは、面白くて良かったです。

伊坂さんの本、やっと今の最新刊まで読めました。
なかなか順番が回ってこないことをグチっちゃった頃を思うと、ちょっと感慨深いです。
| | 2006/09/22 4:28 AM |
ごめんなさい、上記は私です。
| 藍色 | 2006/09/22 4:29 AM |
藍色さん、こんばんは。

前半部分、面白かったですよね。
このシリーズはずっと続けて欲しいです。

伊坂さんの本コンプリートですか?
私は実は最初の数冊読んでいないんです。
「もったいない」ってとっておいてそのままなんです。
読まなければ!
| なな | 2006/09/22 8:15 PM |
 こんばんは♪
 ご訪問どうもありがとうございました◎

 たしかに前作とくらべて、
 スピード感には欠けていたかもしれませんね。 
 でも、愛すべき4人組に再会できて、 
 最後まで楽しく読めました♪
| miyukichi | 2007/05/22 9:33 PM |
miyukichiさん、こんばんは。

そうでした。4人の普段の生活が見えたような気がして
嬉しかったのでした。
読書ってその時のコンディションが影響しますよね。
この本を読んでいたとき、心ここにあらずで
本を読みながら違うことを考えていた自分を思い出せます。
| なな | 2007/05/22 10:59 PM |
こんにちは。ななさん。
第一弾もよかったですが、この作品もとても楽しめました。
三弾がいつ出るのかと心待ちにしています(笑)
| ゆう | 2007/07/12 7:29 PM |
ゆうさん、こんばんは。

4人のバランスがすごくいいですよね。
シリーズ化してくれること、私も期待します。
| なな | 2007/07/12 10:50 PM |
私も1作目のほうがわくわくしたかも。
でもギャングの日常と‥ってタイトルなんですよね。
日常の部分は充分満喫できたので満足です。

帰省中のうちの息子,眞戮蕕个擦覆ら、伊坂さんデビューしまして、まんまと嵌ってくれました。^^
私が人の名前が思い出せない〜(←しょっちゅう)と言っているのを聞いた息子´△
「パエリア食べなきゃね〜」
「そうそう〜サフランだよね〜」
なんて会話をしてました。
なんだか嬉しかったです。

| たまま | 2008/09/10 9:15 AM |
たままさん、こんばんは。
>「パエリア食べなきゃね〜」
>「そうそう〜サフランだよね〜」
なに?なに?サフランでなんとか…って話ありましたっけ(汗)
私も人の名前思い出せません。
自分が怖ろしくなります。

息子さん二人が本の話題で盛り上がる。
いいですね〜羨ましいなぁ。
息子読書家計画、がんばってます。
| なな | 2008/09/10 9:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/496
トラックバック
陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
陽気なギャングの日常と襲撃 ■やぎっちょ評価コメント 映画「陽気なギャングが地球を回す」を見た帰り、ブック1stでこの本を発見&購入。 ブロガーさんたちのコメントを見ていると、映画は小説を忠実に表しているわけではないようですね。ま、気にせず続編へ。 伊
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/06/28 6:18 PM |
「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎
陽気なギャングの日常と襲撃posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.18伊坂 幸太郎著祥伝社 (2006.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/06/28 7:54 PM |
陽気なギャングの日常と襲撃
  『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎 2006年 大好きな作中人物に再会できるのはそれだけで飛び上がりたいほど嬉しい。 その大好きなみんなが、相変わらずのチームワークで仲良くやっているのを知るのは ニヤニヤと頬が緩んじゃうほど嬉しい。   
| わすれるまえに | 2006/06/29 6:55 AM |
陽気なギャングの日常と襲撃 [伊坂幸太郎]
陽気なギャングの日常と襲撃伊坂 幸太郎 祥伝社 2006-05 人間嘘発見器・成瀬が遭遇した刃物男騒動と押し込み強盗事件。演説の達人・響野のもとに持ち込まれた「幻の女」の謎。正確無比な“体内時計”の持ち主・雪子の会社の同僚に届いた謎の芝居の招待券の真意。そし
| + ChiekoaLibrary + | 2006/07/06 12:37 PM |
陽気なギャングの日常と襲撃
愉快で痛快で爽快な、読み応えのあるミステリー。 なのに内容は薄くも軽くもない。流石としか言いようがない。 人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、 演説の達人響野は「幻の女」を探し、 正確無比な“体内時計
| ハジけて学べ! | 2006/08/02 10:53 PM |
伊坂幸太郎【陽気なギャングの日常と襲撃】
面白いよ。うん。面白い。 ミステリーなのでネタバレもしたくないけど、ざっくり言っちゃえば、誘拐事件が起こる。 で、どういうわけか、成瀬・響野・久遠・雪子のギャング4人組が事件を解決しなきゃいかん状況に置かれ
| ぱんどら日記 | 2006/08/29 12:43 PM |
2006/08/31
『陽気なギャングの日常と襲撃』(伊坂幸太郎著)を読んだ。 前作『陽気なギャングが地球を回す』を読んだ後、続編があることを知った。 銀行強盗がメインではないが、なかなか面白かった。映画のときの配役をそのまま思い浮かべ、楽しく読めた。テンポがいい。また次
| m's box | 2006/09/01 4:07 PM |
「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
タイトル:陽気なギャングの日常と襲撃 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :祥伝社ノン・ノベル 読書期間:2006/08/22 - 2006/08/23 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、
| AOCHAN-Blog | 2006/09/11 11:31 AM |
陽気なギャングの日常と襲撃、伊坂幸太郎
装幀、カバー写真、カバーモデルは前作と同じ。「小説NON」2004年5月号から2005年6月号の不定期掲載した四短編を長編の第一章として大幅に改稿、第二章以下は書き下ろし。映画化された「陽気なギャングが地球を回す
| 粋な提案 | 2006/09/22 4:32 AM |
「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
陽気なギャングの日常と襲撃伊坂 幸太郎 (2006/05)祥伝社 この商品の詳細を見る いつもはメモをしながら読むのですが、この本は純粋に読書に集中。 陽気なギャングは、やっぱいいっすね! このわくわくが溜まんない。 どこか
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/06 5:16 PM |
陽気なギャングの日常と襲撃/伊坂幸太郎 [Book]
 伊坂幸太郎:著 『陽気なギャングの日常と襲撃』  陽気なギャングの日常と襲撃祥伝社このアイテムの詳細を見る  とにかく痛快だった前作 『陽気なギャングが地球を回す』  の続編です。  4人組をはじめとする登場人物には  もうすでにとても愛着が湧いている
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/05/20 9:11 PM |
陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
バラバラの4つの出来事が、「社長令嬢誘拐事件」へと連鎖。特異なキャラを持つ4人組の強盗団が、事件解決へと奔走する『陽気なギャングが地球を回す』の続編。 小さなバラバラの事件が、やがては一つの大事件へと繋がっていくという展開の仕方や、見事な伏線の張りかた
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/07/12 7:27 PM |