CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ネバーランド」恩田陸 | main | 「翼はいつまでも」川上健一 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「とっても不幸な幸運」畠中恵
とっても不幸な幸運
とっても不幸な幸運
畠中 恵


新宿にある「酒場」と言う名前の酒場、料理の腕がよく喧嘩っ早い店長をはじめ、そこに集まる常連客はみな一風変わった人たちばかり。その「酒場」に「とっても不幸な幸運」という缶が持ち込まれる。その缶を開けた時に一瞬見える幻。

缶の中から出てくる幻は、開けた人が心の深い所に抱えている悩みに関係していて、見た本人にはとても辛く、自分自身を見直すきっかけとなる。酒場の店長をはじめ常連客たちが半分面白がって、時には賭けの対象にしながら、その不幸と向き合っている人を暖かく見守っていてる。ただ、缶を無理に登場させなくてもいいのでは?って思う話もあったりした。

連続短編6章読んで、色々な常連客の事を知って、店長の過去もわかり「最終章」。ずっと名前だけ出てきていた阿久根さんが刑務所から出所する日。「酒場」のみんなはとても暖かく、出てくる料理はとても美味しそう。こんな酒場の常連になれたらいいなぁと思った。
| 本:は行(畠中恵) | 21:45 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |
コメント
こんばんわ☆
本の題名に惹かれて読んだんですけど
ナナさんの感想どおり、無理に物語とタイトルを
結びつけてるような気がしました。
出てくる「酒場」やマスター・常連客が良かっただけに
少し残念でした。
私もこういう酒場の一員になってみたいとは思いましたね♪
| ゆき | 2007/04/13 10:39 PM |
ゆきさん、こんばんは。

酒場の雰囲気よかったですよね。
こんな飲み屋があったら入りびたりです。えへへ。
| なな | 2007/04/13 11:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/483
トラックバック
とっても不幸な幸運
************************************************************ 新宿の酒場に持ち込まれた 「とっても不幸な幸運」という名の缶。 中から現れた不思議な物が常連客たちに もたらしたものは、幸せ?それとも……? *************************************************
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2007/04/13 10:40 PM |