CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ぼくは悪党になりたい」笹生陽子 | main | バナナケーキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「図書室の海」恩田陸
図書室の海
図書室の海
恩田 陸


2年前位に読んだ事がある本。その頃恩田さんの「ドミノ」を読んで、他の本もと思って手に取った本でした。確か「図書室の海」が「六番目の小夜子」の番外編と書いてあって「次にはそれを読もう」とメモして、そのまま最近「六番目の小夜子」を読むまですっかり忘れていました。

「睡蓮」は「麦の海に沈む果実」の理瀬が出てくるし、「ピクニックの準備」は「夜のピクニック」の予告として書いたらしいし、「ある映画の記憶」は「小説以外」に話が出ていたし。いきなり読んだ2年前より、少し恩田さんの本を読んでからの方がずっとずっと面白く読めた。

「イサオ・オリヴァンを探して」は「グリーンスリーブス」の予告として書いたものらしい。そして、その「グリーンスリーブス」はまだ出版されていない。いつか読める日がくるのかなぁ。
| 本:あ行(恩田陸) | 20:41 | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 20:41 | - | - |
コメント
こんばんわ^^今更ですが、読みました。
リンクしている作品も面白かったですが、それ以外の作品も面白かったですね。
重みのある短編集でした。
にしても、恩田さんは映画も小説も知識豊富ですよね。
素晴らしいです〜
| 苗坊 | 2006/11/08 8:21 PM |
苗坊さん、こんばんは。

そうそう。
ここから出来上がった小説もあるし、
これから書かれるだろう話もあるしでワクワクしました。

恩田さん映画や小説にふれて、それをキチンと記憶して自分の小説に取り入れちゃう。すごい記憶力です。
| なな | 2006/11/08 10:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/464
トラックバック
図書室の海 恩田陸
図書室の海 あたしは主人公にはなれない―。関根夏はそう思っていた。 だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から秘密の使命を授かった。 高校で代々語り継がれる“サヨコ”伝説に関わる使命を…。少女の一瞬のときめきを描く『六番目の小夜子』の番外篇「図
| 苗坊の読書日記 | 2006/11/08 8:19 PM |
図書室の海
恩田 陸 図書室の海 六番目の小夜子 で初めて恩田陸の作品を読んだが、 この図書室の海はその六番目の小夜子 の番外編である表題作や 夜のピクニックの前日譚が入った短編集だ。 六番目の小夜子も背筋が震えたが、この図書室の海もいい意味で
| Moving Planet(惑星ブログ) | 2006/11/17 12:29 AM |
図書室の海 恩田陸
図書室の海 ■やぎっちょ書評 残念ながらおもしろくなかった。恩田陸さんの本の中ではワースト1かも。 わけがわからない短編がいくつかと、尻切れのような短編がいくつか。「麦の海〜」や「夜のピクニック」なんかにつながる話も今ひとつ乗り切れなかったし。 短編
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/01/09 7:40 PM |
図書室の海
表題作「図書館の海」を含む全10編の短編集。 1999年に「象と耳鳴り」にて短編の経験はあるが、あちらは同一主人公による推理小説なので連作短編になるのかな。完全な短編というのは初めての作品集。 他の恩田陸作品とリンクしている作品があるが、それはそれ
| 本を読もう | 2007/04/17 9:33 AM |