CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「最後の願い」光原百合 | main | アデノウィルス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「青に捧げる悪夢」 
青に捧げる悪夢
恩田 陸/ 若竹 七海/ 近藤 史恵/ 小林 泰三/ 乙一/ 篠田 真由美/ 新津 きよみ/ 岡本 賢一/ 瀬川 ことび/ はやみね かおる
角川スニーカー文庫の「ミステリーアンソロジー」と「ホラーアンソロジー」から集めたもの。それぞれが違ったテイストでとても面白かった。乙一さん気になります。

「水晶の夜、翡翠の朝」「麦の海に沈む果実」と同じ場所で起こるヨハンを主人公にしたお話。

「みたびのサマータイム」17歳の女の子の誕生日に出会った人。読んでから「みたび」のタイトルの意味がわかった。

「水仙の季節」カメラマンが撮影する事になった双子のモデルの話。

「攫われて」は痛い話で文章をじっくり読めなかった。

「階段」暴力を振るう父親。だれも逆らえない。姉妹の父への恐怖が私にまで伝染しました。

「ふたり遊び」お城に一人っきりでしたい放題。おとぎ話なのにどこか壊れているという感じ。

「還って来た少女」自分に似た子を見たと友人から言われた中学生がその子を探す話。

「闇の羽音」は浮浪者が怖い。主人公の女の子は中学生。最後まであきらめずにがんばる。その後どうなったのだろう?と気になる。蜂の飛ぶ音、暫く聞きたくないなぁ。

「ラベンダー・サマー」は見えてるのと、映像どちらが本物なの?それでも「いい画がとれた」と喜ぶ主人公達が一番怖い。

「天狗と宿題、幼なじみ」はかわいい小学生の話。霊が見える春奈とその事を家族以外で唯一知ってる快人。


| 本:その他(アンソロジー) | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:19 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/46
トラックバック