CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「トリップ」角田光代 | main | 葉山の海 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「一千一秒の日々」島本理生
一千一秒の日々
一千一秒の日々
島本 理生



大学生、同じ年代の男女の短編集。
「風光る」女子大生真琴。4年間付き合った哲君との別れ。
「七月の通り雨」真琴の高校時代からの親友、瑛子。真琴を大切におもう気持ち。
「青い夜、翠のフェンス」真琴達が行くダイニングバーでバイトする針谷君。幼なじみでみんなの目を引く一沙を中学の頃から守らないとと思っている太った針谷君。
「夏の終わる部屋」針谷君達の幼なじみ、大学生の長月君。コンパで知り合った操との関係。
「屋根裏から海へ」真琴の高校時代の彼氏、加納君。家庭教師をしてる子の姉、沙紀との会話、そして真琴と急接近。
「新しい旅の終わりに」真琴と加納君の温泉旅行。
「夏めく日」高校時代の瑛子。人のいない放課後、もうする結婚する石田先生と。

大学生、もうかなり前の事です。だけど、甘いだけの恋愛じゃないのですっと物語にはいっていけました。一つずつ、一人称で語っているのですが、誰が語っているのかは、話を暫く読むまでかわからないのです。周りの人の名前は何度も出てくるのに。暫く経って会話の中にその人の名前が出てきて「あら。今度はあなたなのね!」という楽しみがありました。

最後まで読むと、最初に読んだ真琴や瑛子の印象がすっかりかわっているのには驚きました。
| 本:さ行(島本理生) | 20:02 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:02 | - | - |
コメント
別々の、しかも繋がった登場人物の小さなお話が沢山あって
得した気分と、なんだかいい気持ちになりました。
| 弥勒 | 2007/03/18 11:06 AM |
弥靭さん、こんばんは。

この物語のことを思い出すと「夏」って思います。
登場人物のつながり方がうまかったですよね。
| なな | 2007/03/18 8:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/433
トラックバック
一千一秒の日々 島本理生
一千一秒の日々 この本は 「やっぱり本が好き♪」のミーさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 島本さんの初期の方の作品のようですね。正直初期の作品好きだなぁと、前回の「リトル・バイ・リトル」に引き続き思いまし
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/09/26 5:38 PM |
一千一秒の日々/島本理生
一千一秒の日々 もうすぐ新刊が発売される島本さん。 「一千一秒の日々」/島本理生 小さな明かりの灯った夜の中で 私たちは長い会話とキスを交わしながら、何度夜を明かしただろう。 ふたりだけの愛おしい日々が溶けていく ―生真面目で不器用な恋人た
| 徒然書店 | 2007/03/18 11:07 AM |