CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「のだめカンタービレ」二ノ宮知子 | main | 「おやつの記憶をたどりにいく」堀井和子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」J.K. ローリング
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子


ハリー16歳。復活したヴェルデモートの影響で世の中は厳戒態勢、マグルの世界までもが混乱している。6年生になったハリーは普通の授業のほかに校長先生の個人授業を受ける事になった。借りた教科書に書いてあった書き込みは誰が書いたのか?何かをたくらんでいるマルフォイはたくらんでいる事は?スネイプは味方なのか?敵なのか?ハリー、ロン、ハーマイオニーの恋の行方は?



ハリーがついに6年生。ずいぶん間隔をあけて出版されるので、登場人物や出来事をすっかり忘れてしまいます。リドルの部屋ってなんだっけ?秘密の部屋で何が起こったんだっけ?読み返すには分厚すぎる過去の5冊、ちょこっとしたヒントを元に記憶の糸を手繰り寄せながらの読書です。

色々書くとネタバレになってしまうので、サラリとしか書けません。下巻の後半部分は夢中で読みました。

誰かが亡くなるっていうのは知っていました。ハリーの大切な人のうちの誰かなんだと覚悟を決めてよんだのですが。まさか…そんな…お葬式の場面は胸がつまりました。

次作、7作目が最後になるようですね。魔法界では17歳で成人だそうです。次は大人になったハリーに会えるのですよね。すごく気になります。又忘れた頃に出版されるのでしょうか…
| 本:海外の作家 | 22:24 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - |
コメント
ななさん、お久しぶしです。
あの人が死んでしまうところで、本当はまだ生きているんじゃないのかと疑ったりしたのですが、お葬式のシーンで、
ああこれは事実なのだと理解し、泣きました。
とても好きなキャラクタでした。

ゆうきさんから伝わった件、まだ何も解決できていません。
今日、実家に戻りました。
今一緒にいることがお互いにとって幸せなことだとは、
どうしても思えなくて、時間と距離を置くことにしました。
強くならなければ、と思っています、
| りあむ | 2006/06/17 12:36 AM |
りあむさん、こんばんは。

私も大好きでした。すごい喪失感で読んでから数日経ってますが、今でもなんだか思い出しては悲しくなります。

ご実家から通うのですね。
一緒にいるとお互い冷静になれないこともありますよね。
距離を置いて、それから又いい方向に向かっていく事祈ってます。とにかく、自分が幸せになるにはどうすればいいかって事を一番に考え、できる範囲で行動してくださいね。かげながら応援してます。
| なな | 2006/06/17 9:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
『ハリポタ』読了!
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(J.K.ローリング/静山社) 本を読み終わって、久々に抜け殻のようになっている。 一人ため息をついて。 前巻の映像化を前提としたようなドタバタ劇にやや幻滅していたのだけれど、 今回は思っていた以上に良かった。 冗長で退
| 朝から晩まで本を読んでいたい | 2006/06/17 12:22 AM |