CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 春の遠足 | main | 「銀河のワールドカップ」川端裕人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ミーナの行進」小川洋子
ミーナの行進
ミーナの行進
小川 洋子, 寺田 順三


1972年。ミュンヘンオリンピックが開催された年。中学生になった朋子は単身東京で裁縫の勉強する母と別れ、伯母の家に1年間お世話になる。従妹のミーナと過ごした芦屋での1年間。


物語は主人公の朋子が忘れられない1972年、芦屋の洋館で過ごした日々を回想しています。

素敵な洋館で暮らす人々は実に興味深い。
・ミーナは本が大好きでいつもポケットにマッチ箱を忍ばせている女の子。喘息もち。
・ローザおばあさんはドイツから嫁入り道具として持ち込んだ兄弟の前で念入りに美容クリームを塗る。
・伯父さんは家でも着飾り、周りを明るくする人。だけどなぜか不在。
・伯母さんはローザに隠れてタバコとお酒を飲みながら誤植を探す事に熱中している。
・ペットのポチ子はお父さんが10歳の頃に家に来たコビトカバ。
・ローザおばあさんがお嫁に来た時からいるお手伝いの米田さんは家の何もかもを取り仕切っている。
・庭師の小林さんはポチ子の世話をする。
・スイスに留学してるミーナの兄・龍一。

素敵な洋館で裕福な生活をするとても幸せな家族。伯父が呼ぶホテルの料理人たち。龍一の手紙に喜ぶみんな。そんな幸せな家族に、ミーナの喘息発作や伯父の不在が暗い影を落とします。そこらへんの加減がすごく上手だって思いました。

マッチの使われ方がすごく素敵。マッチを擦るミーナの美しい姿。ミーナの趣味は素敵な絵のマッチ箱を集め、その箱に合った物語を作る事。三日月にのっているタツノオトシゴの話。縫い物をする天使の話。シーソーに魅せられたゾウの話。ガラス瓶に流れ星を集める少女の話。そんな小さな物語がどれも素敵でした。

気がついたら「素敵」って言葉を連発していました。本当に「素敵」な世界なんです。所々にちらばる絵も「素敵」でした。
| 本:あ行(小川洋子) | 22:42 | comments(27) | trackbacks(22) |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは。

>気がついたら「素敵」って言葉を連発していました。

という文章がうなずけました。
素晴らしい1冊でした。
私の今年のベスト1になるかも、と思っています。
まだ一連の伊坂作品は読めていないのですけれど(笑)。
| 藍色 | 2006/05/29 3:15 AM |
ななさん、コンニチハ。
“素敵”この言葉がよく似合う物語でしたよね。
物語に登場するマッチ箱。すごく印象的。
少し前の王様のブランチで、
小川洋子さんが大事そうに見せていました。
この物語のために作っていただいたそうですよ。
| ましろ | 2006/05/29 1:12 PM |
◇藍色さんへ

小川さんの独特な空気。すばらしいですよね。
色々思い出しても、やっぱり「素敵」としか言い表せない自分が悲しいです。


◇ましろさんへ

マッチを擦るミーナ。
マッチ箱の絵。物語。どれも印象的でした。
この絵のマッチ箱があるんですか?
それは又「素敵」です。
王様のブランチ、見たかったです。
| なな | 2006/05/29 10:27 PM |
ななさん、こんにちは。
コメント、トラバありがとうございます。

前のコメントの件で、お詫びします。
ななさんのレビューを読ませていただいて、“そこらへんの加減”というフレーズやマッチ箱に書かれている物語へ焦点を当てていることに、ななさんの感性がよく現れているように感じたのです。
ところが、自分の気持ちが先走ってしまって、そのことを書かないまま投稿してしまいました。
あとでひどく後悔して、どうしても気になって・・・気を取り直してお伺いしました。すいませんでした。

このあと、念願の伊坂作品でまたお伺いします・・・。
| 藍色 | 2006/05/30 10:27 AM |
藍色さん、わざわざすみませんでした。
全然気にしていないので、どうぞお気になさらないでくださいね。
本当に「素敵」な物語だったのですから。
| なな | 2006/05/30 10:34 PM |
ななさん、こんばんは♪
TBさせていただきました。
上半期のベストワンかも知れません。

小説やドラマの舞台って東京方面が圧倒的に多いので、関西人としても嬉しい1冊でした。

前後に読んだ作品が少し霞んで見えたのは気のせいではないはずです(笑)
| トラキチ | 2006/06/28 8:09 PM |
トラキチさん、こんばんは。
上半期のベストワン。同感です。

「My Recommend Books!」に是非!と思ったのですが、PCをかえた時にトラキチさんからいただいたパスワード等をなくしてしまい、出来ずでした。

| なな | 2006/06/29 12:59 AM |
ななさん
こんばんは!
『素敵』という言葉がぴったりの物語でしたね〜
マッチ箱のイラストが可愛くって、手元に置いておきたい感じ。
それだけじゃなく、ミーナの考えたマッチ箱の物語がイラストと絶妙に溶け合っていました。
それだけで、一つの絵本、童話になりますよね。
読み終えるのがホントにもったいなかったです。
| エビノート | 2006/07/15 8:50 PM |
エビノートさん、こんばんは。
小さいマッチ箱とそのマッチ箱の中に入ってる素敵な物語。
いいですよね。
今ではあまり見かけないマッチ箱ですが、
子どもの頃は「集めてみたい」って思った事あります。
熱心じゃなかったのですぐにガラクタの一部になりましたが…
| なな | 2006/07/15 9:14 PM |
おはようございます。
久しぶりに小川さんの作品をよみましたが、本当に素敵・素敵な作品でした。
文章の美しさに感動しました。

TBさせていただきました。
| ゆう | 2006/07/20 10:08 AM |
ゆうさん、こんばんは。

本当に素敵な世界でした。
小川さんの本ってどれこもれも雰囲気があってすばらしい。
小川さんの本をあんまり読んでいないことに気がついて
これは全部読まなければ!って思いました。
| なな | 2006/07/20 11:29 PM |
心が安らぐお話でした。
マッチ箱の挿絵、本当に素敵でした。
他の挿絵もこの本の雰囲気にぴったりマッチしていて、読む気持ちを盛り上げていると思いました。
乙一さんの「銃とチョコレート」のこわい挿絵を見たあとなので、余計にそう思ったのかもしれません。(笑)
| | 2006/07/29 9:23 PM |
花さん、こんばんは。

昔を振り返る朋子。かけがえのない想い出。
本当に心安らぐお話でした。

乙一さんのアノ挿画のあとに、この本。
それはとてもいい選択でしたね(笑)
| なな | 2006/07/29 11:54 PM |
ななさん、こんばんわ。
「素敵」を連発する気持ちわかります。
私は「あたたかい」と「優しい」が思い浮かんで、
そればかり連発してました・・。

マッチ箱のお話は、それだけでも童話ができそうなくらい
素敵な世界でした。
ただ幸福なだけじゃなくて、陰の部分があるから
いっそう美しさとか大切さが沁みるのかもしれません。
| june | 2006/10/03 11:09 PM |
juneさん、こんばんは。

本当にいい物語でした。
マッチ箱の物語、それだけでステキなんですよね。
手元にそんなマッチ箱があったらいいのに、
そして一つずつ開いては物語を読むの。
素敵だと思いません?
| なな | 2006/10/03 11:30 PM |
ななさんこんばんは。
>マッチの使われ方が素敵
本当ですよね。
マッチ箱のお話もどれも素敵でした。
私は象とシーソーの物語が印象に残ってます。
| 琉歌 | 2006/11/20 6:06 PM |
琉歌さん、こんばんは。

私も象とシーソーの話が一番印象的でした。
箱に入ったマッチ箱。
そしてその中に入った物語。
実際にあったらいいですね。
| なな | 2006/11/20 10:33 PM |
ななさん☆こんばんは
本当に「素敵」が満載の本でしたね。
もう会えない家族を思うローザおばあさん、すぐそこにいるのに心を通い合わせることができない伯母さん、幸せと不幸せっていつも隣り合わせなんだなぁと考えてしまいました。
| Roko | 2006/12/09 8:48 PM |
Rokoさん、こんばんは。

読み終わっちゃうのがもったいない本でした。
出来る事ならずっとこの世界にひたっていたかった。

「幸せと不幸っていつも隣り合わせ」
確かにそうなんですよね。
| なな | 2006/12/10 9:05 PM |
こんにちは。
大きな事件が起こるわけではないお話なのに、何だか妙に心に残りました。
ほんとに素敵なお話でした。挿絵にあったマッチなら集めてみたくなりますね!
| あおちゃん | 2006/12/11 12:05 PM |
あおちゃんさん、こんばんは。

朋子の視線で語られる一風変わった家族が
魅力的でしたよね。

マッチ、昔はかわいい絵じゃなくても
なんとなく手元に置いていたような気がします。
今はマッチなんて見かけないですよね。
こんな絵のマッチがあったら手元においておきたいです。
| なな | 2006/12/11 10:10 PM |
>そこらへんの加減がすごく上手

そう!まさにそのとおりです!
そして昔の小川さんだとこう、その加減が暗い方に寄ってたような気がするんですけど、最近は明るいほうに寄ってきたかなと…それがうれしいです。暗いほうに寄られると一緒に暗くなるタイプなので…。
| chiekoa | 2007/01/16 12:04 PM |
なるほど、なるほど。
小川さんの本に目覚めたのがブログを始めた後で
過去の作品、それほど呼んでいないのですが
暗い方に寄っていってたんですね。

小川さんの物語はどくどくな世界があって
読んでる間にグググっと引き込まれてしまいますよね。
| なな | 2007/01/17 10:39 PM |
ななさんに勧めていただいた、この「ミーナの行進」、図書館で借りて読みました。ななさんって、本当に物語の持っているよさを変形させること無く受け取り、表現できる人なんだな、って思いました。(これは、本の感想じゃないですね。変ですね。)
私のこの本の感想は、

「わぎゃ〜、うそ! 完全にはめられた。」

なんです。
どうも、いつも人とずれています。
でも、勧めていただいてよかったです。

私のブログで、ななさんのブログのことを紹介させていただきました。
トラパ、させてくださいね。
| マエガス | 2007/01/23 4:22 PM |
マエガスさん、こんばんは。

マエガスさんの感想「完全にはめられた」が
どう「はめられた」なのか興味津々。

マエガスさんのブログにジャンプ!!!
| なな | 2007/01/23 9:54 PM |
マッチ、本当に素敵でしたよね。舶来のものだったんでしょうか?そんなものが、工場の片隅でとるにたりないものとして使われてる、そんなところに衝撃を受けたりしてました。
こんなマッチならほしいなぁ。眠っていた収集癖が眼をさましそうです(笑)。
| まみみ | 2007/04/13 11:55 PM |
まみみさん、こんばんは。
舶来物。なんだかこの物語にぴったりの言葉です。
素敵なマッチでしたよね。
私もマッチ箱欲しいです。
その前に自分の部屋が欲しい。
| なな | 2007/04/15 7:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/391
トラックバック
ミーナの行進、小川洋子
装幀・装画は寺田順三。 岡山在住で主人公で語り手の朋子は、1966年に父親を亡くした後、母親が東京の専門学校で1年間洋裁の勉強することにしたため、1972年、中学1年生
| 粋な提案 | 2006/05/29 3:16 AM |
ミーナの行進
 閉ざされた世界。ごくごくちいさな世界。思えばわたしは、ずっとそんな世界で時間を埋めてきた気がする。ひとりきりで。ひとりよがりに。数年前よりもずいぶん上手に埋めることができる、と言いきれるくらいに。わたしが、小川洋子著『ミーナの行進』(中央公論新社)
| まっしろな気持ち | 2006/05/29 1:16 PM |
小川洋子 『ミーナの行進』
またしても小川洋子の心地良い回想の物語に入りこんでしまった。一風変わった家族との一年間の生活の記憶が、まるで自分の思い出かのように目に浮かびます。強烈な印象がないからこそ、読み終った後のその気持ちをずっと大事にしておきたくにしたくなるような一冊です。
| デザイン家電から書評まで紹介シマウマ | 2006/06/24 10:36 PM |
<超オススメ>『ミーナの行進』 小川洋子 (中央公論新社)
ミーナの行進小川 洋子, 寺田 順三 / 中央公論新社(2006/04/22)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <2006年初夏、素晴らしい名作に出逢った> 美しくて心が安らぐ小説である。 私の場合何年かに1度
| 活字中毒日記! | 2006/06/28 7:40 PM |
ミーナの行進 〔小川洋子〕
ミーナの行進 ≪内容≫ 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代に育まれたふたりの少女と、家族の物語。 (BOOKデータベースより)
| まったり読書日記 | 2006/07/15 8:46 PM |
ミーナの行進 小川洋子
生まれ育った岡山を離れ、母方の伯母夫婦の住む芦屋で暮らす事になった中学生の朋子。 当時の素敵な洋館での静かな暮らしを、大人になった朋子が回想する物語。 病弱なミーナ、ミーナのペットであるコビトカバのポチ子、誤植探しが趣味の伯母、ダンディな伯父、ドイツ
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/07/20 10:07 AM |
ミーナの行進
ミーナの行進 小川洋子 中央公論新社  2006年4月 母は東京の専門学校で勉強することになり、小学校を卒業した朋子は、芦屋に住む叔母夫婦の家に預けられることになった。芦屋には、飲料水会社の跡取り息子の伯父と、伯母、伯父の母であるドイツ人のロー
| <花>の本と映画の感想 | 2006/07/29 9:15 PM |
第42回谷崎潤一郎賞小川洋子ミーナの行進
第42回谷崎潤一郎賞は、 「独特の文学的世界が構築されたすばらしい作品」と評価され、 小川洋子さんの「ミーナの行進」に決まりました。   受賞作「ミーナの行進」は、 1972年の芦屋の豪邸を舞台にいとこ同士の少女2人が、 病気や家族、時代が及ぼす不安に負け
| 及川的大人のブログ | 2006/08/26 7:35 PM |
「ミーナの行進」小川洋子
ミーナの行進 はじめのうちは、今は亡き王国の話を読んでいるような、うそうそとした寂しさが漂っているように思えて、読んでいてなんだか寂しかったんです。でも、主人公の少女朋子の過ごす1年を読むうちに、寂しいけれどその中に優しさを感じたし、ラストの現在を
| 本のある生活 | 2006/10/03 11:09 PM |
「ミーナの行進」小川洋子
ミーナの行進発売元: 中央公論新社価格: ¥ 1,680発売日: 2006/04/22売上ランキング: 20169おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/11/14 友達が芦屋に住んでいる。その子は残念ながら?マンション住まいだが、 泊まりに行ったときに、「すごいよ」と誘われて
| 本を読む女。改訂版 | 2006/11/16 4:37 AM |
「ミーナの行進」
博士に続いてこの著者の作品を読むのは2冊目です。 しかしこの方は何でこうも日常をいとおしく表現できるんだろう。 ちょっと特別な人達だったけど、それを覗けば日常を書き連ねているだけなのにそのどれもが愛しく感じられるんです。 朋子の思い出なのに、本を読
| BOOKCASE | 2006/11/20 5:46 PM |
『ミーナの行進』 小川洋子
ミーナの行進posted with amazlet on 06.12.09 小
| ついてる日記? | 2006/12/09 8:43 PM |
「ミーナの行進」小川洋子
タイトル:ミーナの行進 著者  :小川洋子 出版社 :中央公論新社 読書期間:2006/11/27 - 2006/11/29 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代
| AOCHAN-Blog | 2006/12/11 11:55 AM |
小川洋子の「ミーナの行進」を読んだ!
小川洋子の最新作、とはいえ今年の4月末に出たものですが、「ミーナの行進」を読みました。小川洋子は「博士の愛した数式」で、第1回の「本屋大賞」を受賞して話題になりました。「ミーナの行進」は、たぶん彼女の作品の中では、今のところ最高傑作に位置づけられるでし
| とんとん・にっき | 2006/12/28 10:18 PM |
ミーナの行進 [小川洋子]
ミーナの行進小川 洋子 寺田 順三 中央公論新社 2006-04-22 家の都合で、岡山から芦屋にある親戚の家に1年間預けられることになった13歳の朋子。そのお屋敷で彼女が出会った人々との思い出は…。 はぁ、いい本でした。ほんとうにほんとうに、心からいい本でした。
| + ChiekoaLibrary + | 2007/01/16 12:01 PM |
ミーナの行進
「ミーナの行進」小川洋子 著 は、ナナさんのブログで出会って、図書館に借りに行った本です。もし、この本をまだ読んでいないのなら、まずはナナさんのところに行ってみてください。
| マネキン始めました!試食販売報告 | 2007/01/23 4:23 PM |
ミーナの行進 - 小川 洋子
善人しか出てこない本を読んだってのはあまり記憶にない。善人しか出てこないのだから物語は当然激しい起伏があまりない。でもそれが時と場合によっては心地良い。
| 脳内TraP | 2007/04/02 10:27 PM |
「ミーナの行進」 小川洋子
ミーナの行進posted with 簡単リンクくん at 2007. 4. 9小川 洋子著中央公論新社 (2006.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/04/13 11:46 PM |
『ミーナの行進』 小川洋子
『博士の愛した数式』と同じくらい、 ゆっくりとじんわりと心に沁みる、物語。 淡々と、そして優しく過ぎてゆく日々。 でもそれは、決して色あせることのない、 宝物のようにきらきらといつまでも輝く思い出。 田舎の母子暮らしだった朋子にとって、 飲料
| *モナミ* | 2007/06/15 7:09 PM |
ミーナの行進 小川洋子
ミーナの行進 この本はふわごこちのゆかさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 オススメ頂いたのはかなり前なんですよね。ほんぶろの小川洋子さんのところで皆さんがこぞってこの本をオススメしていたので、そのうちの一人ゆ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/06/26 5:04 PM |
ミーナの行進 小川洋子
『ミーナの行進』小川洋子内容(「BOOK」データベースより) 2006年第42回谷崎潤一郎賞受賞作品 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代に育まれたふたりの少女と、家族の物語。    古き良き少女小説の系
| 風味絶佳な日々 | 2007/10/28 6:27 PM |
「ミーナの行進」小川洋子
「ミーナの行進」は時間をかけて読みたい作品。    【送料無料】ミーナの行進価格:1,680円(税込、送料別) 舞台は1972年の神戸。 母子家庭の朋子は母親が東京で専門学校に通うため神戸の家に預けられる。 大きな屋敷に住む一家と1年間の共同生活。 そこに
| りゅうちゃん別館 | 2011/07/10 5:31 PM |