CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「夜の朝顔」豊島ミホ | main | 「空をつかむまで」関口尚 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争
図書館戦争
有川 浩

昭和最終年度に公序良俗を見出し、人権を侵害する表現を取り締まる為に成立・施行された「メディア良化法」メディアの良化を目指し、公序力俗に反する書籍・映像作品・音楽作品などを任意で取り締まる。それに対抗する事を期待され成立したのは「図書館の自由法」本を、図書館を守る為に組織された図書防衛員として働く郁の成長と活躍の物語。


有川さんの作り出す世界、好きです。図書隊員?軍事訓練?考えられない設定なので、最初のほうにその世界に入り込むまでちょっと苦労するのですが、入ってしまえばもう夢中。

主人公の郁は高校生の時に本屋さんで良化委員会の検閲に遭遇し、買おうと思っていた本を取り上げられそうになる。その時助けてくれた図書隊員に憧れ、図書隊員になる事を決意した。女として始めての図書特殊部隊に任命される。郁のひたむきさと乙女っぷり、可愛らしいです。

研修期間から馬の合わない堂上教官。優秀な同期手塚。情報収集に長けている柴崎。冷静に正論を語る小牧など、周りの人と郁の会話もすごく面白いです。

郁と堂上の関係。これには参りました。私の中の乙女心(あったらしい…)をくすぐります。昔見た映画「愛と青春の輝き」を思い出し、読んでいる間ずっと頭の中にあのテーマソングが流れていました。だけど、ちょっと終わり方が中途半端。もっときちんと王子様は堂上だったって郁が知りどういう反応をするのかを見たかったな。

続編、ぜひぜひ読みたいです。
| 本:あ行(有川浩) | 22:07 | comments(30) | trackbacks(27) |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - |
コメント
>(あったらしい…)

大笑いさせてもらいました。
私の中にも、あったらしいですよ(笑)
完璧にツボでしたからね〜。
楽しい本でした!
| ゆうき | 2006/05/26 3:56 PM |
あぁ、よかった。
こんなに胸ときめかせていいものか?って思ってたんです。
私、ちょっとおかしいのかな?って。
安心しました。
「出来る教官とダメな私」って女の人がはまるパターンなんでしょうね。
| なな | 2006/05/26 10:27 PM |
みなさ〜ん、ここに乙女がいますよぉ!(笑)ですね。
月9として楽しんで読みました。でも、あともう少しこの設定を活かして欲しかったなぁ、というのが正直な感想。少しネタバレですが、郁の王子様があの店での活躍のあと組織で問題になったというエピソードはもっと膨らませそうですね。続篇のエピソードで、回顧譚かなんか。そのときに、なぜ「表現の自由」が守られなければいけないのか、熱く語って欲しいです。
基本的にはこのノリでいいんです。でも、あともう一歩欲しい。そんな作品でした。
| すの | 2006/06/24 7:48 AM |
はーい。乙女でーす。
これはもう、本当にそこらへんが私のツボにぴったりとはまりまして、無我夢中で読んだのです。
内容に対するきちんとした評価は出来ません。
郁になりきって「王子様(ハート)」ですから(笑)
| なな | 2006/06/25 3:43 PM |
私も乙女心をくすぐられました!!
あったんですねぇ・・私にも乙女心。
王子様ってやっぱり素敵です。

ところで「戦争」の記事に、「内乱」のTBがついてました。
これは早くそっちも読めということでしょうか(笑)。
| june | 2006/10/26 2:28 PM |
juneさん、こんばんは。

そうそう、自分の中にあった「乙女心」にビックリです。
もうすっかり卒業してたと思ってたんですけどね。

TB、失礼しました!
私はやっぱり郁なんだ。柴田にはなれそうもないですね。
あぁ〜私の王子様はどこに???
| なな | 2006/10/26 9:35 PM |
あぁ、やっと読みました!
やっと「乙女」の意味がわかりました!(笑)。
こういう娯楽作品はいいですよね〜。
ときめきまくり…ラヴ!
って、ナナさん、まだ王子様探しを…(笑)。
| chiekoa | 2006/10/30 11:55 AM |
chiekoaさん、こんばんは。

えぇ。こういう物語はスカッと爽快。いいです。
元気が出ます。ニヤニヤしちゃいます!

そりゃーもちろん!
いつまでも白馬に乗った王子様を探し続けるのです。
探さなくても王子様がいつか迎えにきてくれるんです。
| なな | 2006/10/30 10:33 PM |
お久しぶりです〜
わたしも胸キュンで読んでしまいました。
若干オタクごころもくすぐられましたが!

王子様・・・いつかやってくるはずですよね♪


| kaori(すみれ改め) | 2006/11/06 6:31 PM |
kaoriさん、お久しぶりです。

そう、胸キュンの乙女心です。
有川さんの本はどれもすこしオタクですよね。
だけどツボにはまるんです。
たまらないんです。

王子様、いつか白馬に乗って現れるんです!
乙女は信じて待つのみ!です(笑)
| なな | 2006/11/06 10:25 PM |
あはは、乙女が大集合してますね(笑)。とかいいつつ、「内乱のほうがラブ度が高いらしい」と聞いて少し動揺したわたしも十分乙女なのかもしれません……。

大変楽しい読書をしました。堂上教官も、個人的には「気分だ!」の…ああもう名前を度忘れしている…一人だけクマに勝てそうなあの上官が好きでした。かっこいいっす、みんな。
| まみみ | 2006/11/11 3:54 PM |
まみみさん、こんばんは。
ようこそ乙女の秘密の花園へ…(笑)

分厚さに一瞬うっとなりますがあっという間ですよね。
みんなみんなかっこよかったです。
| なな | 2006/11/11 7:08 PM |
こんばんわ^^
TBさせていただきます!
面白かったですね〜。皆さんがお勧めされているだけあります。
私も郁と堂上の関係が気になってしょうがなかったです。
最後には正体を知ってほしいなぁと思ったんですね。
堂上のキャラはストライクですよ、私^m^
続編も楽しみです。
| 苗坊 | 2006/11/27 12:09 AM |
苗坊さん、こんばんは。

いいですよね〜
これは本当にお薦め本です!!!
図書館内乱もさらにニヤニヤできますので
お楽しみにぃ〜
| なな | 2006/11/27 9:31 PM |
なんだか熱が下がって元気になって、
旦那さんと遊び始めちゃった。
病院は午後だな。

| ゆうき☆ | 2006/12/23 11:30 AM |
ゆうき、早くよくなるといいね。
ロックマン、お姉ちゃんがよくなるまで待つのだよ!
| なな | 2006/12/23 7:56 PM |
こんばんは★
こちらの記事にTBさせていただきました。
図書館戦争、有川さんは初読だったのですが、
楽しんで読みました。
乙女心…なんと懐かしく甘美な響きであることか(笑)
私もそんなものはもうすっかり枯れているもんだと思ってました。
コレを読むまでは…(苦笑)
楽しむだけでなく、青少年の『健全な』育成とメディアのありかたであるとか、
考えさせられることもおおいなぁ、と思いました。
ちなみに私は小牧ファンです♪
『図書館内乱』も期待大!!です。
| Rutile | 2007/01/04 7:02 PM |
Rutileさん、こんばんは。

でしょ。でしょ。
「図書館内乱」を読んだ時に「私の中にも乙女心があったらしい」と思ったのでした。それ以来、私はすっかり「乙女」です。

小牧さんも素敵ですよね。
高校生に戻れるのなら、見守られて成長したいです。
| なな | 2007/01/04 11:21 PM |
面白かったです。
マジで感動。
キャラ、サイコーでした。
柴崎好きです。
「丘の上の王子様」を連想してしまったのは僕だけでしょうか?
| す〜さん | 2007/02/13 10:40 PM |
す〜さん、「丘の上の王子様」ですか!
懐かしい!そうですね。
私の乙女道はあそこから始まってるのかも。
| なな | 2007/02/14 10:51 AM |
ななさん、こんにちは。
京都・学生シリーズを終えて、
出遅れてました有川さんの図書館シリーズにやっと着手です。
とてもおもしろく読みました。
郁が王子様を覚えていないのが、とってもやきもき。
しっかりラブコメで、ニヤニヤしちゃいました。
ななさんは、「キャンディ〜」から乙女が始まったのですね。

そうそう、「ラ・タ・タ・タム」の記事もアップしました。
| 藍色 | 2007/04/16 4:23 PM |
藍色さん、こんばんは。

勢いがあって、甘くて、考えされられる部分もある。
すごく楽しい読書タイムですよね。

そう、私の乙女道は「キャンディー」からなんだと思います。丘の上の王子さま〜ぁ。
| なな | 2007/04/16 9:29 PM |
はじめまして

自分も『図書館―』楽しませてもらっています

高いので学校の図書館で借りています。

自分好きな物について誰かがコメントをしているのをみるのは楽しいです。

ちなみに
この人は柴田ではなく、柴崎です

非常に気になりましたので確認の上訂正してください
| あの人 | 2007/04/26 10:02 PM |
あの人さん、はじめまして。
「図書館シリーズ」いいですよね。
私も置き場所の問題から図書館で借りてます。

柴崎さんの名前、ご指摘ありがとうございます。
早々に直しました。
| なな | 2007/04/26 10:26 PM |
すごくテンポが良くて、漫画のようにキャラが個性的で楽しく読みました。
本を読むとドラマ化したら‥と想像するのですが、この本はアニメ化が似合いそう。

図書館シリーズおくらばせながら読み始めます!



| たまま | 2007/07/31 2:13 PM |
たままさん、ようこそ「乙女」の世界に。
普通シリーズものってマンネリ化するものですが
これはどれもこれも面白いです!!!
これから楽しめるなんて羨ましいです。

図書館シリーズ漫画化するみたいですね。
LaLaとかいう雑誌みたいです。
| なな | 2007/08/01 7:55 AM |
かなり出遅れてしまいましたが、ようやく読みました。
やっぱり、乙女心を刺激されてしまいますね〜有川さんの作品には。
そこが好きなんだけど♪
いやもう、『図書館危機』までノンストップのジェットコースターに乗ってる感じでした。
そして、また最初っから読み返している私(^_^;)
漫画化もちょっと楽しみです。
| エビノート | 2007/08/23 9:32 PM |
エビノートさん、こんばんは。

有川さんの本、「乙女のツボ」満載ですよね。
ニヤニヤしっぱなしです!
「危機」まで読んでから、最初に戻ると
周りの人たちの人間性なんかも知っているから
さらに楽しめそうですね。
| なな | 2007/08/23 9:55 PM |
ななさ〜ん。今頃ですよ、私。
なかなか読めないままに他の作品ばかり読んですっかりタイミングを逸してたんですけど、偶然読めました。
すでにもっと可愛げのあるヒロイン読んでしまってるせいか、郁の生意気さにはハラハラしました。

でも堂上の懐のでかさ、いいな〜。
まるで花男みたい。小牧たちはF4って感じで。(笑)
| じゃじゃまま | 2012/05/25 11:05 PM |
じゃじゃままさん、こんにちは。
新刊が色々出ると、ついつい後回しになっちゃいますよね。
でも、これから楽しめるんだから幸せですよ♪

そうですね。花男みたいだ!
堂上みたいな男の人がいたらいいのになぁ。
| なな | 2012/05/27 12:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/389
トラックバック
● 図書館戦争 有川浩
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02by G-Tools , 2006/04/05 お父さん、お母さん、お元気ですか。 私は元気です。 念願の図書館に採用されて、私は今── 毎日軍事訓練に励んでいます。主人公、郁の、こんな手紙ではじまるこの本。 な、なんで
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/05/26 3:55 PM |
『図書館戦争』有川浩
『お父さん、お母さん、お元気ですか。私は元気です。  念願の図書館に採用されて、私は今──毎日軍事訓練に励んでいます』 公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。法務省に籍を置く良化委員会のため、
| 蓮に鷺 | 2006/06/14 3:49 PM |
「図書館戦争」有川浩
「図書館戦争」有川浩(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、SF(?)、ラブコメ、図書館、言論統制、焚書、ライトノベル 最近よく見かける名前、有川浩。気になっていたところに、本書の名前。「図書館で本を借りよう!」なんてブログを開いている身において、思
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/06/24 7:29 AM |
レビュー 「図書館戦争」 有川浩
  「図書館戦争」  有川浩   メディアワークス (2006/2/10・1680円) 0000(4,2)  公的秩序、善良風俗。略して公序良俗を害する表現を取り締まる「メディア良化法」が成立し、施行された未来。  図書館に対する(良化特務機関による)
| BLOG MYSTERY NOVELS | 2006/07/06 2:23 AM |
図書館戦争 有川浩
図書館戦争 この本は、 「コンパスローズ」の雪芽さん に勧めていただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 ちょ〜おもしろかった!! あのですね。主人公郁の性格大好き。こういう主人公ならファンキーな小説は楽しめます!! それから、
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/09/19 11:49 PM |
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争 有川さんの作品は「海の底」とか気になりつつも未読でした。今回タイトルにひかれて(図書館ものに弱いのです)読んでみたのですが、おもしろかったです!図書館と戦争、文と武という一見対極にあるものの組み合わせに、はじめは意外性を感じたのですが、
| 本のある生活 | 2006/10/26 2:27 PM |
図書館戦争 [有川浩]
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02 舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された現代。法を楯に「良くない本」を傍若無人に検閲、取り締まる「良化特務機構」に対抗できるのは、「図書館法」に則り
| + ChiekoaLibrary + | 2006/10/30 11:53 AM |
図書館戦争
図書館戦争 有川 浩 出版社 / 著者からの内容紹介 ───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として 『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ!敵は合法国家機関。
| a bird shop | 2006/11/06 5:35 PM |
「図書館戦争」有川浩
タイトル:図書館戦争 著者  :有川浩 出版社 :メディアワークス 読書期間:2006/10/16 - 2006/10/18 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メデ
| AOCHAN-Blog | 2006/11/07 2:28 PM |
「図書館戦争」 有川浩
図書館戦争posted with 簡単リンクくん at 2006.10.28有川 浩著 / 徒花 スクモイラストメディアワークス (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/11/11 3:44 PM |
有川浩【図書館戦争】
血や涙や汗は本の中だけ、平和で静かな読書人たちが集う図書館で、「戦争」とは何ゆえに!? 表紙イラストからして穏やかならぬこの本は、読んでみれば胸キュンの一大エンタテインメント小説であった。 この本をお勧めくださっ
| ぱんどら日記 | 2006/11/13 2:19 PM |
図書館戦争 有川浩
図書館戦争 オススメ! 正化31年、全国の主要な公共図書館は警備隊を持つに至っていた。 その年、女性としては珍しく、防衛員配属を第一志望として図書館に採用された笠原郁。 持って生まれた運動神経と陸上部で培った男性に負けない基礎体力で、厳しい新入隊員訓練
| 苗坊の読書日記 | 2006/11/27 12:01 AM |
図書館戦争
  『図書館戦争』 有川浩 2006年 いやはや面白かった。 タイトル見て、比喩的な意味の「戦争」なのかと思ったら、本当に戦っちゃうし。 読みながら「思想の自由」についての深い暗喩なのかと思ったら、 あとがきにあるコンセプトは「月9連ドラ風で一発GO!」だ
| わすれるまえに | 2006/12/23 11:29 AM |
『図書館戦争』有川浩
シェアブログ1152に投稿 ウチの本屋でも常時平積み、話題の本です。 舞台は、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として 『メディア良化法』が成立・施行された現代。 主人公・笠原郁は図書館に採用された新人
| 道草読書のススメ | 2007/01/04 7:19 PM |
図書館戦争
********************************************************************** 公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として 『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ! 敵は合法国
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2007/01/18 4:35 PM |
図書館戦争   〜有川 浩〜
まずい、 面白すぎ。 しかし、ありなのか?この世界。 図書館が武装して、図書を守る。 敵は、メディア良化委員会。何だ、それ? 設定が面白すぎです。 ありえない、こんな世界。 でも面白い。 小説なのに
| My Favorite Books | 2007/02/13 10:43 PM |
図書館戦争 - 有川 浩
いや、マジ面白かったです!!なんと言っても主人公の笠原郁ね。どうしてこうも直情型なんだろうかと思ってしまうのです。よせば良いのに思ったことを言わずにはいられないっつうん
| 脳内TraP | 2007/02/24 3:53 AM |
69:図書館戦争
遅ればせながら… 有川 浩の『図書館戦争』を読みました てっきり比喩としての戦争かと思ってたら、本当に戦争だったんですね。 みなさんの記事は読んでいましたが、ここまでSFマッチョな戦争とは思いませんでした。そしておもろい。 公序良俗を乱し、人権を侵害す
| プリン@BOOK CAFE | 2007/04/15 9:58 AM |
図書館戦争 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 「本の雑誌」の2006年上半期エンターテインメント第1位。 ―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗
| 粋な提案 | 2007/04/16 4:38 PM |
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争有川 浩 (2006/02)メディアワークス この商品の詳細を見る 公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化法」が施行された日本。 それに対抗するのは、図書館の自由を下敷きに作られた「図書館法
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/17 5:45 PM |
78:図書館内乱
有川 浩の図書館シリーズの二作目『図書館内乱』です 今回は『内乱』ということで、前回のような血が流れるような戦闘ではなく、どちらかというと、大人の世界というか、陰湿な情報戦が繰り広げられます。 情報操作 潜入捜査 スパイ養成 そして… ハニートラップ!?
| プリン@BOOK CAFE | 2007/05/01 10:27 PM |
図書館戦争
この本は、本屋大賞にもノミネートされる位に、本好きに支持されている作品です。 私もずっと気にしていたのを、一気読みしてしまいました。 主人公の郁が本の為と、一目ぼれしてしまった人を追いかけて、図書館隊に入って本を守る戦いをする話と言うと、そのまんま
| 本を読もう | 2007/05/09 8:42 AM |
図書館戦争/有川浩
読書期間:2007/6/17〜2007/6/19 公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ! 正義の味方、図書館を駆ける!
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2007/06/21 12:02 AM |
図書館戦争 〔有川 浩〕
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02売り上げランキング : 5252おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するた
| まったり読書日記 | 2007/08/23 8:54 PM |
【図書館戦争】 有川浩 著
本ブログの皆さんが「いさぎよく」参戦されている、本… ようやく、自分も参戦させていただきました [:銃:] 序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩
| じゅずじの旦那 | 2007/09/01 12:48 PM |
図書館戦争<有川浩>−(本:2007年128冊目)−
図書館戦争 出版社: メディアワークス (2006/02) ISBN-10: 4840233616 評価:91点 (ネタバレあります) 評判になっているのは知っていたけど、なかなか読む機会がなかった本。 ようやく図書館で借りることができ、読み始めると、あまりの発想の突飛さと展開
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/11/03 1:13 AM |
図書館戦争 有川浩著。
《★★★☆》 非常に遅ればせながらようやく読みました。 しかも偶然子供が友達に借りてきて、又貸し!!させてもらいました。 本が狙われている時代。メディア良化法という法律の元、本を読む自由や選ぶ自由が危機に晒され、メディア良化委員会に対立し、本を守るため
| じゃじゃままブックレビュー | 2012/05/25 11:02 PM |