CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5」石田衣良 | main | 「古道具 中野商店」川上弘美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「六番目の小夜子」恩田陸
六番目の小夜子
六番目の小夜子
恩田 陸


学校に代々伝わる「サヨコ伝説」。鍵をもっている「サヨコ」が卒業するときに次の「サヨコ」に鍵を渡し、3年に一度「サヨコ」が文化祭で一人芝居をする。6番目のサヨコが誕生する年に突然転校して来た謎めいた美少女、沙世子。そして物語が動かされていく。

読んでいる本が見当たらず、友達から借りたこの本を手に取ったのが昼過ぎ。続きが気になってあっという間に読んでしまいました。読んだ後はなんとなく中途半端な気持ち。急ぎすぎたのかと思ってもう一度読んでみたけど、それでも恋愛物?青春物?ミステリー?ホラー?と悩みました。だけど、最後まで絶対に悪者だって思ってた沙世子が秋くんを火事の中から助けた時にはすっかりいい子に見えていたので、私は物語にすっかりはまっていたってことでしょう。

前に恩田さんの短編集で「六番目の小夜子」の番外編って言うのを読んだような気がするのですが、それが何の本に入ってたのかすっかり忘れました。確か図書館が関係してたような気がするのですが…考えても考えても脳みそグルグルするだけだ。
| 本:あ行(恩田陸) | 22:11 | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - |
コメント
こんばんは。
記事の投稿からしばらく経っているようですが、失礼します〜。

私はドラマで見てから、今頃になって本を読んだので、ギャップに惑わされて、最初は読みづらかったです(苦笑)。
でも、私もいつの間にか引き込まれていました。

>沙世子が秋くんを火事の中から助けた時にはすっかり良い子に見えていた
わかります!
私も沙世子が気持ち悪くて悪女に見えてたんですけど、火事のちょっと前からいきなり普通になってて、可愛くなってきて、ちょっとびっくりしました。

番外編は「図書室の海」に収録されているようですよ。
| chiro | 2007/07/31 7:50 PM |
chiroさん、おはようございます。

昔の感想見つけていただいてありがとうございます。

この物語、ドラマになったみたいですね。
本の映像化ってなかなか難しいです。
どっちが先にしても自分の中にその印象が残っちゃいますもの。

恩田さんの物語、臨場感があってすごいですよね。
講堂のシーンがすごく印象に残ってます。
| なな | 2007/08/01 8:03 AM |
 こんばんは♪
 
 ラストがなんだか爽快感に欠けたようなところは
 ありましたね。
 それが中途半端な印象だったのかも。

 でも、読んでてどんどん引き込まれましたよね。
| miyukichi | 2007/09/03 7:53 PM |
miyukichiさん、こんばんは。
引き込まれる物語でした。
そして臨場感!劇の場面なんて背中がゾクゾクしましたもの。
さすが、恩田さん!です。
| なな | 2007/09/03 10:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/360
トラックバック
六番目の小夜子
 この本は、ひとつの学校論である。  学校の内部にいる人は、学校のパワーで無意識に動かされ、生徒役や教師役を演じている。塾講師のバイトをやっていたとき「先生は演じるものだ」というアドバイスをもらったことがある。生徒の前に立って演説をする。恥ずかしい
| 本を読もう | 2007/04/17 8:12 AM |
「六番目の小夜子」恩田陸
「六番目の小夜子」 恩田 陸 新潮社 1998-08 勝手に評価:★★★★★  「あなたも赤い花を活けに来たの?」少女はゆっくりとそう言った。  津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継
| Chiro-address | 2007/07/31 8:13 PM |
六番目の小夜子/恩田 陸 [Book]
 恩田 陸:著 『六番目の小夜子』  六番目の小夜子 (新潮文庫)恩田 陸新潮社このアイテムの詳細を見る  恩田さん、実は前に読みかけのまま  中断しちゃったことがあるので、  実質、これが初。  恩田さん作品群のなかでも、  この本は人気が高いらしく、  私
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/09/03 10:42 PM |
六番目の小夜子
★★★★
| 自由の森学園図書館の本棚 | 2008/12/03 9:20 PM |