CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「イルカ」よしもとばなな | main | 「女たちは二度遊ぶ」吉田修一 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「チョコレートコスモス」恩田陸
チョコレートコスモス
チョコレートコスモス
恩田 陸


伝説的なプロデューサー芹澤泰治郎が10年の空白を経て新作舞台を手がけるらしい。内容は女優二人の芝居。芹澤が指名したベテランから新人までが受けるオーディションで試される女優たち。

うわー面白かったです。最近の恩田さんの本、面白いんだけどちょっとラストが…とか取り残された…って感じが強かったのですが、これはもう最初から最後まで入り込んでしまいました。

オーディションのシーン、1次も2次も同じ演目が色んな女優さんによって繰り返されます。台詞は一緒なのに演技する人によってまるっきり違う劇になっているのがわかるんです。私も会場で見てるひとり、と言うよりは響子風に言う「第3の目」演技してる少し上から見ている人になっているような気分。文章だけでここまで臨場感を出せる恩田さんすごいです。

主人公は二人。一人目は飛鳥。演劇の経験は全くないのに、すさまじい集中力で言われた事を表現する。学生演劇集団ゼロの紅一点として「目的地」という芝居でデビュー。あまりのすごさに「上手いのか下手なのか」わからない劇団仲間。しかし飛鳥は自分が演劇をしたいのかどうかもわからない。

もうひとりは東響子。親も兄も俳優という恵まれた環境に育ち、小さい頃から女優として生きている。演じる事のすばらしさは知ってはいるが、その先を見るのが怖いと思っている。

そんな二人があるオーディションで出会う。演技をする響子を一瞬も見逃さないように見る飛鳥。幼馴染との競演であるはずのないヒナギクに触れる事が出来たと思った響子とあるはずのないヒナギクに触れた響子を見た飛鳥。「あなたと同じ所に行きたい」と言う飛鳥。

これからの二人がとても楽しみな終わり方です。「チョコレートコスモス」是非観たいです。
| 本:あ行(恩田陸) | 20:51 | comments(22) | trackbacks(24) |
スポンサーサイト
| - | 20:51 | - | - |
コメント
こんにちは。これは面白かったですよね!ラストであれれ?っていう、恩田さんのパターンになってなくて、良かったです。それでも、続編を期待してしまうわたし・・・。だって、飛鳥なんて、全然まだまだこれからですもんね。あ、「チョコレートコスモス」も、ぜひ観たいです。恩田さんのことだから、いつか小説にしてくれるかもしれないですね。期待しちゃおうかなあ。では♪
| ゆうき | 2006/04/30 1:12 AM |
この作品は、ページを繰る手が止まりませんでした!
久しぶりに没頭できた作品ですね♪
続編、ないんでしょうかね(笑)
| ゆう | 2006/04/30 2:36 PM |
◇ゆうきさん

ゆうきさん、こんばんは。
これはよかったです。気分爽快!
あまりに読後感がよかったので、今日図書館で未読の恩田さんを手に取ろうかと思ってしまったほどでした。
飛鳥の成長みたいです。
恩田さんだったらすばらしい舞台「チョコレートコスモス」を書いてくれると思うんですけど…

◇ゆうさん

分厚い本だったのに、あっという間でした。
途中で「半分きちゃった」「あと1/3しかない」って
終わりが来るのが寂しい気持ち。
続編、読みたいです。
まだまだ、これからですから!
| なな | 2006/04/30 10:05 PM |
面白かったね!
「ガラスの仮面」買っちゃう?
古本屋で売ってるかな??
でも、置き場所が…。
| ゆうき☆ | 2006/05/01 8:07 AM |
「ガラスの仮面」じっくり読みたいよね。
そう、おき場所が問題なんだよね。
| なな | 2006/05/01 10:04 PM |
ななさん、読みました〜。
ほんとうにあっという間に読み終えてしまいますね。
久々に、言葉の持つ力を実感した小説でした。
これは絶対に続編を書いてもらわないと!!

ゆうきさんと自転車の距離に住んでらっしゃるんですね!
そういうお友達羨ましいです。
デパートはできましたか?
| りあむ | 2006/05/01 11:02 PM |
りあむさん、これは本当に充実した読書時間でした。
「恩田さんやっぱりすごく好き」って思いました。
読んだばかりだし、図書館で借りた本が沢山あるのに
フラフラと恩田さんの未読本に手が出そうになりました。

ゆうきと私は駅一駅ぶん離れていますが
お互いのマンションを確認できる位置です。

どうぶつの森はなかなか…
通信していないのでデパートにもなっていないのです。
| なな | 2006/05/02 1:25 PM |
いっせいに皆読んだという感じですね、この作品。
おもしろかった・・というのがシンプルにして最大の賛辞でしょうか。
続篇、期待しるものの、期待していいのかどうか?広げすぎた風呂敷(あおい、劇団ゼロ、小松崎、芹澤の芝居etc)をどう畳んでいくか、そして続篇ならではの新しいエピソード。前作を越えられなければ、とくに序章に過ぎない本作品では続篇を書く意味はないし・・・。すごい期待と不安です(苦笑)
| すの | 2006/05/04 9:32 AM |
「チョコレートコスモス」の小説版。おぉ、それ読みたい!またはどこかの有名プロデューサーとかがこれを読んで実際に脚本おこすとか…妄想はふくらむばかりです(笑)。
| chiekoa | 2006/05/04 2:28 PM |
◇すのさんへ

辛口のすのさんが「おもしろかった」って評価するって事はお薦め度の高い本ですね。
続編、すのさんが指摘しているように、実際にあるとすると中々難しいのかもしれませんね。劇団ゼロの二人に焦点を合わせた物語なんてよさそうですが…

◇chiekoaさんへ

「チョコレートコスモス」の小説版。よさそうですよね。恩田さんなら面白い舞台、絶対に書けると思います。
| なな | 2006/05/06 8:27 PM |
こんにちは。
やっと読み終わりました。
面白かったですね^^私も最後まで楽しく読みました。
続編出してほしいですよね。
飛鳥の今後と、響子との共演。
恩田さん、予定ないのかしら・・・。
| 苗坊 | 2006/05/20 6:10 PM |
苗坊さん、こんばんは。

恩田さんはすごく好きなのですが、これは最初から最後まで気持ちよく読める本でした。
続編、もしくは演劇「チョコレート・コスモス」が読みたいです。
いつか、きっと書いてくれると信じましょう。
| なな | 2006/05/20 9:31 PM |
この話を読んで,また「ガラスの仮面」を再読したくなりました。あれも本当におもしろいです。読み始めたら止まりません。
ほんとに完徹しそうになるんで,ちょっとずつ買って読むか,もしくは時間を決めて漫画喫茶行ったほうがいいと思いますよー。
絵で引いてしまって読まない人もいるようですが,あれは…読まないと損でしょう。絶対!!ってチョコレートコスモスとあまり関係ない話ばかりですみません。
| まみみっくす | 2006/06/04 8:40 PM |
まみみっくすさん、こんばんは。
私が「ガラスの仮面」を読んだのは中学生の時。
まだ紅の天女をやらせてもらえるかどうか…って所だったと思います。18巻位だったかなぁ。
読みたいのです!漫喫しかないですね。

今、友人に借りた「のだめ」が手元にあるんです。
先週火曜日は読むのが止まらなくて次の日痛い目にあいました。図書館の本も沢山あって、「のだめ」ちょっと封印しています。はうぅぅー
| なな | 2006/06/04 10:04 PM |
こんにちは。TBさせていただきました。
いやほんと面白かったです。厚さを感じさせない本でした。そして芝居の臨場感!
六番目の小夜子も芝居のシーンは圧巻でしたね。
続編、私も期待です。
| MNO | 2006/06/11 12:14 PM |
MNOさん、こんにちは。
TBとコメントありがとうござました。

先が気になって、もったいないんだけどどんどん読んでしまいました。すごく引き込まれる本でしたね。
「六番目の小夜子」の舞台のシーンもゾクゾクしましたが、
この本もヒナギクが見えたあたりはゾーっと寒気がしました。
続編、どうやらあるようですね。
気長に待ちたいと思います。
| なな | 2006/06/12 9:49 AM |
こんにちは、TBさせて下さい。
いやー、ほんとわくわくしてどんどん読んでました。
久々の電車乗り越し本です!
「欲望という名の電車」のDVDも借りねば!!
続編も読みたいですね。
| 駒吉 | 2006/06/12 10:58 AM |
駒吉さん、こんばんは。
TBとコメントありがとうございました。

この本は引き込まれますよね。
確かに「電車乗り過ごし本」です。
私は「家事・育児放棄本」でした(笑)

「欲望という名の電車」昔の映画ですよね。
気になります。
| なな | 2006/06/12 9:27 PM |
ななさん こんばんわ〜
ななさんに紹介していただいた本の中でまず陸ちゃん本を読みました。なんだか本の厚さの割に一気に読んでしまいました!
なんだかとっても飛鳥の方に共感・・というか「理解」できてしまった自分がむしろコワい。。。
どうやら連載になるようで、だからラストはあのような具合らしいですよ。今後の飛鳥と響子は楽しみですね。

あと「雪屋のロッスさん」と「初恋」も購入済みなので、読み終わったらまたTB貼らせてくださいね♪
| やぎっちょ | 2006/06/26 2:59 AM |
やぎっちょさん、こんばんは。

人にお薦めして、その方が本を買うと(私はほとんどが図書館で借りるものですから…)ドキドキします。
楽しめたでしょうか?
恩田さん、最近ラストがあれ?って本が多かったのですが、これは最初から最後まで充実していました。

続き、楽しみですね。
| なな | 2006/06/26 10:13 PM |
こんばんは。
この作品読み始めて5日経っても全然のれなくて、一体どんな話なんだ!?とななさんのブログ参考にさせてもらいました。
私、半分以上、結構苦しくて、響子が乗り込む辺りでようやく起き上がった!って感じでした。
ラストがあれ??だと、それはそれで不満なくせに、まともな終わり方だと、それでいいのか??と思ってしまうなんて、我が儘ですね。
| じゃじゃまま | 2006/07/15 10:49 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

物語に全くついていけない時ってありますよね。
他の作家さんだったらその時点で読むのやめているかもしれないけど、恩田さんだからやっぱりがんばって読んでしまう。罪作りな作家さんです(笑)
この物語は久しぶりにまともな終わり方でスッキリと読み終わったのですが、ラストがあれ?って方が心に残るような気がします。やっぱりわがままなんでしょうね…
| なな | 2006/07/16 10:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/352
トラックバック
● チョコレートコスモス 恩田陸
チョコレートコスモス恩田 陸 毎日新聞社 2006-03-15by G-Tools , 2006/04/04 舞台の上の、暗がりの向こう。そこには何かが隠されている。 どこまで行けばいいのか?どこまで行けるのか? 2人の少女が繰り広げる華麗で激しいバトルを描く、熱狂と陶酔の演劇
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/04/30 1:08 AM |
『チョコレートコスモス』恩田陸
「舞台の上の、暗がりの向こうには何かが隠されている」 「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二度と引き返せない」 無名の学生劇団に少女が入団した。演技経験のない彼女だったが、天才的な演技で周囲を圧倒してゆく。一方、幼い時から舞台に立ち
| 蓮に鷺 | 2006/04/30 9:33 AM |
チョコレートコスモス 恩田陸
若き実力派女優・響子と、無名ではあるが天性の才能を備えた大学生・飛鳥を主軸として、演劇界を舞台に繰り広げられる激しく熱い戦いを描く。 ストーリー展開は、ありきたりだったにも関わらず、登場人物の芝居の描写が素晴らしく、ありありとその場面が目に浮かび、臨
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/04/30 2:34 PM |
チョコレートコスモス
  『チョコレートコスモス』 恩田陸 2006年 コスモスが好きです。 恩田さんが好きです。 お芝居が好きです。 おお!この本は私のための本みたいだわ!(自己中)   まるで松たか子のような、演劇的サラブレッドの東響子、   生まれたばかりのよう
| わすれるまえに | 2006/05/01 8:07 AM |
『チョコレートコスモス』恩田陸はどこまで行くのか。
『チョコレートコスモス』(恩田陸/毎日新聞社) 小説と芝居。 情報量という面で見れば、視覚のみの小説に対して、芝居は圧倒的に有利である。 恩田陸の新作小説が芝居をテーマにしていると知ったとき、正直無謀だと思った。 恩田陸を愛し、本の力を信じる私では
| 朝から晩まで本を読んでいたい | 2006/05/01 11:02 PM |
「チョコレートコスモス」恩田陸
「チョコレートコスモス」恩田陸(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、演劇、ガラスの仮面、読み物 恩田陸という今をときめく作家、実はどうも合わない。何が悪いのか判らないのだが、読んだ幾つかの作品。最初は「このミス」で見かけた「月の裏側」だっ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/05/04 8:56 AM |
チョコレートコスモス [恩田陸]
チョコレートコスモス恩田 陸 毎日新聞社 2006-03-15 無名の学生劇団に入団した、一人の少女・佐々木飛鳥。演技経験などない、まったくの素人の彼女は、しかしその天才的な演技で周囲の人々を圧倒していく。一方、幼い時から舞台に立ち、多大な人気と評価を手にしてい
| + ChiekoaLibrary + | 2006/05/04 2:27 PM |
再び恩田陸『チョコレートコスモス』&『六番目の小夜子』
昨日も、恩田陸『チョコレートコスモス』について書いたが(恩田陸『チョコレートコスモス』→サキ「開いた窓」)、どちらかというと、サキという作家の短編小説「開いた窓」にまつわる思い出が話の中心になり、『チョコレートコスモス』自体については、きちんと書けな
| 小さなことを喜ぼう!             〜女40歳の「ちょいハピ」な日々〜 | 2006/05/08 12:43 PM |
チョコレートコスモス 恩田陸
チョコレートコスモス オススメ! ―――神谷は脚本家である。いつものように、事務所でストーリーを考えていたのだが、ちっとも思い浮かんでこない。ふっとビルの窓越しに目を向けると、人の動作の真似をしている少女を見かけた。ただの真似ではなく、そっくりそのま
| 苗坊の読書日記 | 2006/05/20 6:09 PM |
『チョコレートコスモス』 恩田陸
「チョコレートコスモス」なんて、 かわいらしいタイトルとは裏腹な。 そこには、激しい女たちの闘いが!(笑) 書けなくて苦しんでいる脚本家。 突拍子もないことを言い出す演出家。 はみ出しものの役者たち。 演劇を巡る、人間模様。 人の名前を覚え
| *モナミ* | 2006/05/21 10:50 AM |
「チョコレートコスモス」 恩田陸
チョコレートコスモスposted with 簡単リンクくん at 2006. 5.14恩田 陸著毎日新聞社 (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/06/04 8:38 PM |
恩田陸「チョコレートコスモス」
恩田陸「チョコレートコスモス」2006/毎日新聞社  厚い本なんですが面白く読めてしまいました。むしろ、こんなに読み進めているのに最後どうなるかわからず、ページ足りるのか?! また尻切れトンボな終わり方をしたらどうしよう! もしかしてこれ、続編アリ!?
| 徒然読書感想記 | 2006/06/11 12:12 PM |
読書:チョコレートコスモス(恩田 陸)
チョコレートコスモス(恩田陸) 「舞台はいつだって小宇宙。」 いやー、ホント「ガ○スの仮面」でした! 曲者の演出家、芸能一族のサラブレットの女優、はみ出し者で構成された新劇団と非凡な新人、新劇場 の?落としの作品を依頼された脚本家・・・etc 演じる
| 駒吉の日記 | 2006/06/12 11:00 AM |
チョコレートコスモス 恩田陸
チョコレートコスモス ■やぎっちょ評価コメント 陸ちゃん本のイメージって、読む本の順番に影響されるのでしょうか??なにしろ、最初に読んだのが「ライオンハート」だったのでSFファンタジー&ラブロマンスのイメージを払拭しきれず。 神谷が最初に飛鳥を見かける
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/06/26 2:18 AM |
恩田陸【チョコレートコスモス】
森山良子のアルバム【あなたが好きで】に収録されている『30年を2時間半で……』という曲をご存じだろうか? あなたが好きで森山良子 (2004/12/29)ドリーミュージックこの商品の詳細を見る 厳密に考えて、これを
| ぱんどら日記 | 2006/07/11 3:29 PM |
妄想キャスティング――恩田陸【チョコレートコスモス】
この本を読んでいて、ヒロイン「佐々木飛鳥」を演じる宮崎あおいのイメージが頭に浮かんでずっと消えなかった。 「ぱんどらさん、読書中にNTTドコモのCM見たんじゃないの?」とか言わないでね。(図星、かも……)
| ぱんどら日記 | 2006/07/11 3:32 PM |
チョコレートコスモス 恩田陸著。
いやぁ~、冒頭はSFのお話かと思った。 内容も知らず、ただ恩田氏の新作だ!と思って読んでみたけど、一体なに色の本なのか非常に不安だった。 恩田ワールドいっぱいだと、置いてけぼりになること多いし、本当恩田氏の頭の中覗いて見たい!いや、目の前で恩田氏に解説
| じゃじゃままブックレビュー | 2006/07/15 10:45 PM |
『チョコレートコスモス』恩田陸
チョコレートコスモス恩田 陸 (2006/03/15)毎日新聞社この商品の詳細を見る 「まだそっち側に行ってはいけない。 そっち側に行ったら、二度と引き返せない。」 幼い時から舞台に立ち、 多大な人気と評価を手にしている
| まろ茶らいふる | 2006/09/12 6:47 PM |
チョコレートコスモス<恩田陸>−(本:2006年114冊目)−
毎日新聞社 (2006/3/15) ASIN: 462010700X 評価:91点 (ネタバレあります) ヒーローやヒロインを求める読者の素直な思い、それに応えて次々とページをめくらせる。 人物の魅力を書く恩田陸の筆力と言うのはやはり凄い。 516ページを一気に読んでしまった。
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/11/23 7:21 PM |
チョコレートコスモス
チョコレートコスモス 恩田陸  毎日新聞社  2006年3月 映画業界では伝説的な芹澤泰治郎が、新しく芝居を計画している。そのオーディションが行われるといううわさに、ベテラン女優の東響子は、揺れる。一方、芝居の経験のない佐々木飛鳥は、劇団に入団
| <花>の本と映画の感想 | 2006/12/02 7:41 PM |
チョコレートコスモス  恩田 陸
チョコレートコスモス 恩田 陸  07−12 ★★★★☆  【チョコレートコスモス】 恩田 陸 著  毎日新聞社  《演劇が舞台、それは読者が観客です》  出版社 / 著者からの内容紹介より 「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/01/14 1:07 AM |
チョコレートコスモス - 恩田 陸
いやぁ、凄い!読み終わってしばらく放心状態でした。偉そうですが、恩田陸さん、見直しちゃいましたよ。ごめんなさい、と謝ります。これは文句なしです。[:にひひ:]
| 脳内TraP | 2007/02/28 10:39 PM |
「チョコレートコスモス」恩田陸
チョコレートコスモス発売元: 毎日新聞社価格: ¥ 1,680発売日: 2006/03/15売上ランキング: 56286おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/03/15 高校3年の時に、クラスの文化祭の劇の脚本を書いたことがある。 別に認められたとかじゃなくて、受験前にそんな
| 本を読む女。改訂版 | 2007/03/15 11:09 PM |
「チョコレートコスモス」恩田陸
タイトル:チョコレートコスモス 著者  :恩田陸 出版社 :毎日新聞社 読書期間:2007/03/27 - 2007/03/29 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 舞台の上の、暗がりの向こう。そこには何かが隠されている。どこまで行けばいいのか? どこま
| AOCHAN-Blog | 2007/05/07 5:23 PM |