CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ハイジの白パン | main | 「きょうのできごと」柴崎友香 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ありがと。あのころの宝もの十二話」
ありがと。―あのころの宝もの十二話
ありがと。―あのころの宝もの十二話
ダヴィンチ編集部


十二人の作家の短編。帯に「胸にじんわり」とついてます。12人のうち読んだ事ある作家さんは4人。

今は全部の話を覚えているけど、いつまで覚えていられるかしら?「モノレールねこ」はほのぼのとしていてよかった。「愛は、ダイアモンドじゃない。」は一番心に響いた。好きなのに悪循環に陥る二人。昔こんな気持ちあったなぁ…と。
「町が雪白に覆われたなら」狗飼恭子
喫茶店で皿洗いばかりの私とお客にかわいがられる咲ちゃん。

「モノレールねこ」加納朋子
太った野良猫に首輪をつけて、そこに手紙をくくりつけ文通する小学生。

「賢者のオークション」久美沙織
30歳を過ぎたモデル。仕事も恋人もなくオークションにはまっていく。

「窓の下には」近藤史恵
夏休み、1階に引っ越してきた女の子とウサギを4階のベランダから眺め、友達になりたいと思う私。

「ルージュ」島村洋子
不倫をしている千佳子。休日は隙を見せないよう化粧を念入りにする。銀座で偶然会った高校時代の友人。

「シンメトリーライフ」中上紀
両親の離婚、そしてそれぞれが再婚した。異母兄弟に異父姉妹。いつも周りに気を使う由菜。

「光の毛布」中山可穂
設計事務所に転職した咲。寝る間も惜しんで働き、すべてを失う。

「アメリカを連れて」藤野千夜
ポメラニアンのアメリカは少し太りすぎ。夜中に散歩に出る事にした。

「愛は、ダイアモンドじゃない。」前川麻子
夫と別れ、年下の恋人と一緒に暮す事になった。こんなはずでは…

「骨片」三浦しをん
大学を卒業して家業を手伝う朱鷺子。大学の恩師の骨を大事に持っている。

「届いた絵本」光原百合
栞が8歳の時に出て行った父。最期の夜、絵本を読んでくれた。

「プリビアス・ライフ」横森理香
私の魂の物語。過去から現代に。
| 本:その他(アンソロジー) | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/318
トラックバック