CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 三度のメシより… | main | 「ななつのこ」加納朋子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「明日の記憶」荻原浩
明日の記憶
明日の記憶
荻原 浩


五十歳、広告代理店の営業部長の佐伯。最近物忘れがひどくなったと思っていた。頭痛と不眠でかかった病院で告げられた病名が「若年性アルツハイマー」少しずつ病気が進行していく佐伯の心を描く。

最初の文章「誰だっけ。ほら、あの人」からドキッとされられました。私の事を書いてるのかと思いました。ドラマのタイトル、俳優の名前、最近読んだ本の内容、思い出せないんです。それでブログを始めた訳ですが、友人の話を聞いてもみんな同じようなものだから「これが普通」なんて思ってます。本の中で、佐伯も歳をとったらそんな物だと思って生活しています。ストレス性の病気だと思って病院に行ってみたら「若年性アルツハイマー」と診断されます。父親も同じ病気で亡くなってます。佐伯のあせり、いいえ、この病気と診断された人達のあせりがよくわかるし、もしかしたら自分にも…って思わせます。

脳細胞がダメになっていく様子を「ぷつり」って音で表現していますが、その「ぷつり」が耳から離れません。仕事でミスをおかしてはいけないと、聞いたこと、会った人の特長をメモしてポケットがパンパンに膨らむほど持ち歩いています。段々病気が進行していったら、今度は家族の写真を見て忘れないようにします。自分がそうなったらどうするんだろう?自分の夫がそうなったらどうするんだろう?と凄く考えさせられました。

佐伯が病気の説明を受ける際、本人より付き添いの妻に話をされて気分を害したって部分がありました。仕事柄、佐伯が飲んでいる薬を患者さんに渡す事あります。初めてくる患者さん、大抵付き添いの人と一緒なので薬の説明は付き添いの人にします。この本を読んで、たとえ本人が理解できなくても本人にきちんと説明しようって思いました。
| 本:あ行(荻原浩) | 20:13 | comments(6) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 20:13 | - | - |
コメント
ななさんコメントありがとう。是非映画も観てください。小説とは、一味違いますから・・・
映画観たら、感想をお聞かせください。
これからも、宜しくお願いしますね。
| ケント | 2006/05/15 10:51 PM |
ケントさん、こんばんは。
映画館に足を運ぶ時間がなかなかないのですが、
いつかDVDになったら見たいと思います。

こちらこそこれからも宜しくお願いします。
| なな | 2006/05/16 9:05 PM |
こんばんわ。
あのぷつりって言う音、生々しくて怖かったですね〜。
感動しました。
ラストシーンは感動してしまいました。
奥さんのことを考えると、切なかったですね。
| 苗坊 | 2006/07/26 9:09 PM |
苗坊さん、こんばんは。

「ぷつり」って音、忘れない為のメモ、主人公の焦り。
どれもこれもすごく怖かったです。

自分の夫がこうなったら私はどうするんだろう?って
考えてしまいました。
| なな | 2006/07/26 10:12 PM |
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 
 ナナさんは、医療関係のお仕事をされているんですか。 
 患者さんとご家族への説明、
 いろいろと難しそうですね・・・。
| miyukichi | 2007/06/07 10:25 PM |
miyukichiさん、こんばんは。

そうなんです。薬剤師なんですけど勉強不足で…
仕事に入るたびに冷や汗かいてます。
| なな | 2007/06/08 7:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/303
トラックバック
明日の記憶
『本と映画のランデヴー第六弾』   今回は、まず小説を読んで感動し、そのあと10日後に映画を観たので、まだ原作の記憶がかなり鮮明に残っていました。こういうパターンで映画を観たのは初めてでしたが、レビューを書くには都合が良かったと思います。では、まず原
| ケントのたそがれ劇場 | 2006/05/16 12:48 PM |
明日の記憶 荻原浩
明日の記憶 オススメ! 広告代理店の営業部長である佐伯雅行は50歳のサラリーマン。娘がもうすぐ結婚をする。 最近、私は物忘れがひどくなっていた。 仕事から来るストレスが原因だと思い、病院へ行くと、若年性アルツハイマーという病名を告げられる。 映画化も
| 苗坊の読書日記 | 2006/07/26 9:14 PM |
「明日の記憶」荻原浩
タイトル:明日の記憶 著者  :荻原浩 出版社 :光文社 読書期間:2007/01/23 - 2007/01/24 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 人ごとだと思っていたことが、我が身に起きてしまった。若年性アルツハイマーと告げられた佐伯。彼には、記
| AOCHAN-Blog | 2007/02/19 9:03 PM |
明日の記憶/荻原 浩 [Book]
{/kaeru_fine/} 荻原 浩:著 『明日の記憶』  明日の記憶光文社このアイテムの詳細を見る  1年ほど前、渡辺 謙さん主演で映画化されたので、  タイトルに覚えのある方は多いでしょう。  自分の記憶が、日に日に怪しくなる。  約束したはずのことが、すっぽり抜
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/06/05 1:24 AM |
明日の記憶
今晩、テレビで映画「明日の記憶」が放映されるのが楽しみです。 DVDを借りようか悩んでいたんです。。 ちなみにこれは、荻原浩さんの作品で初めて読んだもの。 明日の記憶荻原 浩 (2004/10/20)光文社 この商品の詳細
| 読書日和 | 2007/07/01 7:51 PM |