CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「傷だらけの果実」新藤冬樹 | main | 「もし高校野球の女子マメージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」岩崎夏海 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「チョコレートTV」水野宗徳
JUGEMテーマ:読書


ドキュメンタリー番組でミスをしたディレクターの三橋圭祐(32)は携帯電話を拾ったことが縁で、ひとり暮らしの老女とメル友になる。家族に敬遠され、メールを送ることも許されない老女と親交を深める三橋だったが、ある日、“老人の孤独死”を扱う番組の仕事が舞い込み、老女を撮影しろと言われる。「俺はそんなつもりでおばあちゃんと友達になったんじゃない」そう訴える三橋だったがクビを宣告され…。(ドキュメンタリー編)。他、崖の撮影地で悩むドラマプロデューサー、熱湯風呂の準備で苦闘するADなど全六話収録。テレビの裏で巻き起こる、おかしくも心あたたまる感動の物語。
第1話 ドキュメンタリー編 
ドキュメンタリー専門のディレクター・三橋は人気漫画家に密着取材をしていてミスをした。そんな時拾った携帯電話の持ち主である一人暮らしのおばあさんとメル友になった。家族に送るつもりのメールを携帯にためているおばあさん。そんなおばあさんを取材しなければいけなくなった。

第2話 ドラマ編
ドラマ担当のディレクター加奈子は36歳独身。親友の結婚式で高校時代に好きだった男の子と再会する。二次会の途中で彼といい感じだった時、携帯がなり会社に戻らなければいけなくなった。

第3話 バラエティー編
リアクションが薄いからと「ウスイ」というあだ名で呼ばれる新人AD。今日はクイズ番組の収録だがウスイの担当はコング鉄平という芸人が入る熱湯風呂に44度のお湯をはる事。ところがお湯の温度が…

第4話 心霊番組編
ADの塚本の今回の仕事は心霊スポットでの撮影。今回ディレクターをするのは一度ヤラセで干された嘉納というおっさん。嘉納が指示するヤラセぎりぎりの指示にイライラする塚本。

第5話 プライベート編
息子の保育園の運動会でビデオ係を任されてしまった蒲田。が、蒲田はテレビ制作会社の経理をしているだけで、全くの機械音痴。

第4話 芸能人編
40歳の放送作家・高橋は最近同郷で売れなくなった芸人アカオから何度も電話をもらっていた。
| 本:ま行(その他の作家) | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2686
トラックバック