CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「晴天の迷いクジラ」窪美澄 | main | 「ビブリア古書堂の事件手帳3〜栞子さんと消えない絆〜」三上延 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「今日のごちそう」橋本紡
JUGEMテーマ:読書


パスタをこねながら、思い出す恋人のこと。失敗したデートのあとで、家で一緒に食べるアンコウ鍋。なかなか大きくならない我が子のために、ことことと煮る煮豆――。いろいろな日に、ごはんを食べる。一人で、二人で、家族そろって。誰にでもある、ごくふつうの日の料理の風景を繊細に丁寧に切り取ったドラマ。とくべつな日ではないけれど、それぞれのごはんがごちそうになる、人生のある一日を温かな筆致で描く掌編小説集。
タイトルが料理(中にはシャンパンなんてタイトルもあったけど)のすごく短い物語が23個。どの物語も状況説明がくどくなく、すんなりと物語の中に入り込めて心地のいい読書タイムでした。

「味噌漬け」の息子に「夏休みに娘を預かってほしい」と言われた老人と何か心に思うところがある孫。
「オレキエッテ」は昔付き合っていた男に教えてもらった料理を夫のために作っている主婦。
「素麺」は別れた夫から素麺が送られてくる話なんだけど、素麺が食べたくなってしまいました。夫が言う「そうめんってやめ時がわからない」って言葉、深くうなづいてしまった。
「ラタトゥイユ」はバイト先の男の子に告白したら「彼女がいるから」と振られるのですが、その彼がラタトゥイユの材料を持って家に来る。彼女と喧嘩したからという男の子とキスをして…って話。その先を考えたら悲しくなるんだろうなとは思うけど、でもそのキスは拒否できないよねぇ。
| 本:は行(その他の作家) | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:58 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2663
トラックバック