CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「とうへんぼくで、ばかったれ」朝倉かすみ | main | 「幸福な日々があります」朝倉かすみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「キシャツー」小路幸也
小路 幸也
河出書房新社
¥ 1,680

JUGEMテーマ:読書


うちらは、電車通学のことを、キシャツー、って言う。部活に通う夏休み、車窓から、海辺の真っ赤なテントに住む男子を見つけて……微炭酸のようにじんわり広がる、それぞれの成長物語。
海沿いを走る一両編成の電車が走る北海道の田舎町。その電車で通学することを「キシャツー」と呼んでいる高校生たち。夏休みはあと10日。テニス部に所属するはるか、あゆみ、このみの3人は毎日キシャツーをしていますが、写真が趣味のあゆみが砂浜に赤いテントが張られているのを見つけました。同じ電車に乗っていた、はるかの幼馴染で公の酒井良夫やお嬢様で近寄りがたい雰囲気を醸し出す野島紗絵も同じ電車に乗っていて、紗絵によるとそのテントの主が前日サックスを吹いていたらしいという。

部活が終わったはるかたちは使われなくなった駅のホームで昼ご飯を食べていたら紗絵がやって来て、テントの主らしい青年を見かけたというのだ。そしてはるかを誘って見知らぬ青年の後をつけはじめた。

その青年・宮谷光太郎は小学生のころ数年一緒に暮らした血の繋がらない姉・崎野夏実を探すため東京からその町にやって来ていた。朝テントを見ていた良夫は光太郎に話しかけ、一緒に光太郎のお姉さん探しをすることになった。

これは夏に読むのにピッタリの本でした。高校2年生、3年生の子たちがこれからの自分の事、恋愛などであれこれ悩む姿が清々しい。探している光太郎の姉がすぐに見つかるのは都合よすぎる?とも思うけど、でもいいんです。

血の繋がっていない光太郎だけでなく、良夫やはるかもそれぞれ訳ありの家庭で育ってます。だけどみんな健全なんです。美少女・紗絵のはるかへの告白には驚きましたが、あゆみやこのみは紗絵の気持ちに気が付いていたっていうし、はるかは「そういうの全然平気」っていうんだから、まぁいいのか。

とにかく読んでいる間中、幸せな気持ちになれる本でした。
| 本:さ行(小路幸也) | 22:11 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - |
コメント
こんばんは^^
お姉さんが見つかるの早かったですよね〜^^;
それでも出てくる高校生たちがみんな個性的で良い子たちでした。
小路さんの作品は癒されたいときに読むと格別ですよね^^
私も読んでいて幸せな気持ちになれました。
| 苗坊 | 2012/09/06 11:08 PM |
苗坊さん、おはようございます。 

お姉さん、あっという間に見つかりましたね。
それぞれが思っていることを語ってますが
なんだか高校生なのにすごく冷静に自分を見つめていて
静かな物語って印象でした。
| なな | 2012/09/13 8:45 AM |
はるかが全然平気って言ってるのでいいんですけど(笑)、私は気になってしまいました。
はるかの秘密には結構衝撃でしたけど、全然どろどろにならないのが小路さんですよね。
よっしーはお母さんを探したんでしょうか。
| じゃじゃまま | 2012/12/05 9:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2651
トラックバック
キシャツー 小路幸也
キシャツー著者:小路 幸也河出書房新社(2012-07-14)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 仲間のこと、家族のこと、将来のこと、そして、特別な誰かを想うということ。…それぞれの悩みを ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/09/06 11:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/12/05 9:43 AM |