CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「学生時代にやらなくてもいい20のこと」朝井リョウ | main | 「月と雷」角田光代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「僕らのご飯は明日で待ってる」瀬尾まいこ
JUGEMテーマ:読書


体育祭の競技“米袋ジャンプ”をきっかけに付き合うことになった葉山と上村。大学に行っても淡々とした関係の二人だが、一つだけ信じられることがあった。それは、互いが互いを必要としていること。でも人生は、いつも思わぬ方向に進んでいき…。読んだあと、必ず笑顔になれる、著者の魅力がぎゅっと詰まった優しい恋の物語。
楽しみな瀬尾さんの小説。あっという間に読み終わっちゃった。あぁ、残念。

最初高校3年生だった二人が章がかわるにつれどんどん大人に。突然とんでもない事を言う亮太とそんな亮太の発言をにダメ出しする小春。二人の会話がすごく面白かった。亮太の発言や行動をバッサリと切り捨てる小春ですが、実は中学3年生のころから亮太のことが好きだったというのを聞いて、にやにやしちゃいました。


「米袋が明日を開く」
高校3年生のの葉山亮太。中学3年の時に兄を亡くしてから、兄の死をどう扱ったらいいのかわからなくなり、高校
に入ってからは友達も作らず、死が出てくる本ばかりを読んで過ごしていた。そんな葉山と体育祭で米袋ジャンプを一緒にすることになった上村小春。自分をしっかり持ち、決めたことは覆さない彼女は運動会が終わった後良太に告白する。体育祭が終わり、皆の雰囲気は「受験」に向かい始めたころ、無気力で神学を考えてなかった葉山は上村と一緒の大学に行こうと考える。

壁を作り一人黄昏ている亮太に声をかけた上村。ただ単に体育委員だからなんだと思ってたけど、実はずっと亮太のことが好きだったんだねぇ。人としゃべっていなくて距離がつかめない亮太と何事もバサバサと切り捨てる上村の会話が面白かった。ポカリとアクエリアス、私はアクエリアス派だなぁ。

「水をためれば何かがわかる 」
大学に入り一人暮らしを始めた葉山はバイト帰りに小春とデートする日々。亮太の大学でのあだ名はイエス。代返やノートを貸すことを嫌がらずにしたから。でも、心が広いのではなく、人に対して無関心なだけだった。亮太は小春のことを知りたいと思うが、小春はそんな事関係ないという。そこで亮太はタイへ自分探しの旅に出かける。個人旅行ではなくツアーで!

大学生になった2人。小春のことをいろいろ知りたいと思う亮太は小春に両親がいなくて祖父母に育てられたということを初めて知った時、小春に「不幸話はしたくない」と言われます。そこで亮太が考え付くのがタイへの自分探しの旅(ツアーで)ってところが笑えます。このツアーでの大阪のおばちゃんたちとの会話が面白い。

「僕が破れるいくつかのこと 」
小春が就職して間もなく亮太は突然小春から別れを告げられる。それは本当に一方的だったが、小春の気持ちが変わるわけもなく途方に暮れる亮太。落ち込む亮太を見るに見かねて、友達が合コンをセッティングしてkる得た。そこで出会った同じ大学のえみりと付き合い始める。旅行をするためにバイトに明け暮れる夏。兄の墓の前で小春と偶然出会ってから、亮太の頭の中は小春でいっぱい。

小春が別れを決意したのは祖母に「もっと幸せな家庭の子と付き合ってほしい」と言われたから。祖母の言葉は憲法より重いという小春。その後普通の女の子と付き合った亮太だけど、いつも心の中に小春がいることに気が付く。えみりがいう「親なんて子供が幸せならなんでもいいって思ってるよ」って言葉。確かにそうなんだよね。そこでえみりと小春の違いに気が付く亮太ですが、私も「へぇ〜」って思いました。

「僕らのごはんは明日で待ってる 」
2人は結婚し、将来できるであろう3人の子供のことについて語ったりする日々。ところが小春が病院で精密検査を受けて…

最終章は「なんで、亮太にそんな試練を!」って感じですが、でも二人はずっと幸せに過ごせそう。

| 本:さ行(瀬尾まいこ) | 08:22 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 08:22 | - | - |
コメント
こんばんは。
瀬尾さんらしい温かな作品でした。
始め一人でいる亮太に上村が話しかけたところからすべてが始まったんですよね。
2人は本当に今まで大変だったのだから幸せになってほしいなと思っていたのに、最後まで試練が続きましたね。
でもきっと2人はずっと幸せに暮らせるだろうと私も思います。
| 苗坊 | 2012/08/11 10:16 PM |
苗坊さん、おはようございます。

一人でいる亮太に上村が話しかけたのがきっかけですが
その上村が亮太の事を中学のころから好きだったってところが素敵だなって思いました。
| なな | 2012/09/06 8:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
僕らのごはんは明日で待ってる 瀬尾まいこ
僕らのご飯は明日で待ってる著者:瀬尾まいこ幻冬舎(2012-04-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 体育祭の競技“米袋ジャンプ”をきっかけに付き合うことになった葉山と上村。大学に ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/08/11 10:15 PM |