CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「夏天の虹 みをつくし料理帖」高田郁 | main | ぶどう大福 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「鍵のない夢を見る」辻村深月
JUGEMテーマ:読書


望むことは、罪ですか?彼氏が欲しい、結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。そんな願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。待望の最新短篇集。
最初の1話以外全て男が関わってくる物語ですが、とにかく出てくる男がみんなリアルにいそうな嫌なタイプの人たち。なのに主人公の女性は引っ張られちゃうんですよね。「それもまたちいさな光」に出てきた「吸引力のある人」「ブラックホールみたいな人」を思い出しました。本当にいやだけど気がついたらはまってるんでしょうね。あぁ、怖い。

ちょうど「直木賞受賞」のニュースが流れた日に手元に届いた本ですが、「楽園のカンヴァス」の方が好きだったなぁ。


「仁志野町の泥棒」
バスツアーに参加したミチルはバスガイドが小学校の時の同級生だという事に気がついた。1学年1クラスの小学校に通っていたミチルは3年生のときに転校してきた水上律子と友達になった。律子はそれまで毎年のようにこの近辺で転校を繰り返していたのだが、その理由とは彼女の母に関することだった。秘密を知ってしまったミチルはとても驚いたが、母親に知られると律子と友達でいられなくなると思って黙っていた。

田舎っていまでも玄関開けっ放しなのかしら?近所の家に盗みに入ってしまう母親とそれを警察に届ける事無くやり過ごすご近所さんたち。理解が出来ない世界でした。

「石蕗南地区の放火」
笙子は短大を卒業してから財団法人町村公共相互共済地方支部の正職員となった。現在36歳。県内の町村の公共の建物などの保険を扱っている。ある日、笙子の実家の向いにある消防団の詰め所が火事になった。共済金の手続きのために火事現場へ行くと、以前しつこく言い寄られデートをした大林と言う消防団のリーダー格の男が現場を指揮していた。

きれいと言われながら36歳まで独身でいる笙子。彼女のヘンなプライドで色々な事がうまく行かないようすが、実際にありそうだなって思いました。そして消防団の大林。後輩はバカにしてバックドラフトって呼んでいるのに、バカにされていることには気がつかず火事場で大張りきり。笙子とのデートも本当に勘違いばっかり。絶対に近寄りたくないバカ男でした。だけど、こういう男っていたよなぁ。

「美弥谷団地の逃亡者」
着替えも水着の準備もなく房総の海までやってきた陽次と美衣。ふたりはご近所出会い系サイトで知り合い付き合い始めたのだ。陽次はすぐにイライラする。暫く会っていなかったんだけど、数日前に陽次に連れ出された。

なんかとっても危ない2人だなって思ってたんだけど、やっぱり…最後の数ページで全てがわかるけど、衝撃的でした。

「芹葉大学の夢と殺人」
芹葉大学で工学部の教授の他殺体が発見された。容疑者である羽根木雄大の元交際相手である二木未玖が岩手県盛岡市のラブホテルの非常階段から転落し意識不明の重体。殺された教授は2人が所属する研究室の教授だった。事件を知った未玖が回想する大学時代の自分と雄大の事。

これは物語に入り込んでしまいました。なんだかすごかった。大学入学時から「医学部に入りなおす」「その後サッカー選手になる」という雄大のダメっぷり。何かヘンだとわかっていながらもそんな雄大に引きずられる未玖。

「君本家の誘拐」
ショッピングモールでちょっと目を離した隙に10ヶ月の娘を乗せたベビーカーが見当たらなくなってしまった。必死になって探す良枝。結婚して3年、やっと授かった子供なのだ。お店の人に探してもらいながら、持ってくるのを忘れた携帯を取りにいえに帰った。

これはなんだかすごくリアルに子供が生まれてからの閉塞感を思い出しました。最初に最悪の結末(子供を自分で殺してしまった)を考えていたんだけど、そうじゃなくてほっとした。
この夫、育児に関して全く無関心で私の夫によく似てる。
| 本:た行(辻村深月) | 10:03 | comments(2) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 10:03 | - | - |
コメント
こんばんは。
ここまで出てくる人たちが嫌いなのは珍しかったです^^;
もうみんな印象が悪かったです。
でも、実際にいそうな人たちもたくさんいましたし。。。
辻村さんの作品と考えるとこの作品で直木賞は納得でした。
貫井さんは大作でしたけど、いつもの作風ではないなと思ったので。
原田さんは未読でした。気になっているのですが図書館で予約が付きすぎていたのであきらめました^^;
| 苗坊 | 2012/07/21 10:53 PM |
苗坊さん、おはようございます。

本当にイヤな人たちばかりでしたね。

貫井さんの本、借りたのに本がいっぱいで
読まないまま返却してしまい、再度予約中です。
原田さんの本はすごくよかったので、ぜひぜひ!
| なな | 2012/07/31 8:03 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2630
トラックバック
鍵のない夢を見る 辻村深月
鍵のない夢を見る著者:辻村 深月文藝春秋(2012-05-16)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 望むことは、罪ですか?彼氏が欲しい、結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。そん ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/07/21 10:43 PM |
鍵のない夢を見る 女性心理を細かく描いた2012年直木賞受賞作
鍵のない夢を見る 評価☆☆☆ 辻村深月 文藝春秋
| ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ  | 2012/07/23 6:19 AM |
鍵のない夢を見る 辻村 深月
鍵のない夢を見る 5篇の短編集。 ささやかな夢を叶える鍵を求めて 5人の女は岐路に立たされる…帯より タイトルは「仁志野町の泥棒」 「石蕗南地区の放火」 「美弥谷団地の逃亡者」 「芹葉大学の夢と殺人」 「君本家の誘拐」 聞いたことのあるような事件もあり
| 花ごよみ | 2012/09/03 3:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/12/03 5:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2014/01/07 4:54 PM |