CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「終活ファッションショー」安田依央 | main | 「最後の恋をあなたと」沢木まひろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ココロ・ファインダ」相沢沙呼
JUGEMテーマ:読書


自分の容姿に自信がもてないミラ、クラスの人気者カオリ、「わたし」というしがらみに悩む秋穂、そして誰とも交わろうとしないシズ。同じ高校の写真部に所属する4人は、性格も、好きなカメラも違うけれど、それぞれのコンプレックスと戦っていた。カメラを構えると忘れられる悩み。しかし、ファインダーを覗く先に不可解な謎が広がっていて…。高校の写真部を舞台に、女子高生たちが構えるカメラに写るのはともだち、コンプレックス、未来、そしてミステリー。
アマゾンの内容紹介に「ミステリー」って書いてあったけど、それほどミステリーじゃなかったような気がする。

写真部に所属する高校生4人の物語。それぞれが高校生らしいコンプレックスを抱えていて、他の部員に助けられて前向きになる。そんな物語でした。最近続けざまに読んでいる相沢さんの小説ですが、女の子が主人公なのははじめて読んだ。

今回も又イジメの事が出てきた。イジメ、出来ることなら息子達が関わらずに(するほうでもされるほうでも)すんだらいいのになぁって願わずにはいられない。

「コンプレックス・フィルタ」
ミラ子こと鏡子は自分のことが好きじゃない。名前に鏡ってついてるけど鏡を見るのは大嫌い。だっていつ見ても、顔色の悪い女の子がそこにいるから。親友のカオリみたいにかわいかったらいいのに…写真部のシズだってカオリをモデルにして写真を撮っている。化粧もかわいく決まるし、服もかわいい。気がつくと嫉妬している自分がいる。そんなカオリが最近部活に出てこない。

「ピンホール・キャッチ」
秋穂は友達の輪にうまく混じれない。リサちゃんや志保ちゃんのグループに入れてもらってはいるけど、2人の会話に入っていけず「えへへへ」って笑うだけ。ミラ子先輩のSDカードに入っていたデータは校内の壁ばかりを撮影したものだった。割れ目のある壁を見ていると落ち着く。

「ツインレンズ・パララックス」
カオリは写真を撮るのが好き。そして撮られるのも好き。告白されたけどビンタをして断ってしまった。最近クラスでハブられてる中里さんが気になる。なんかクラスが全体がいやな雰囲気。シズが写真を撮ってくれている時に中学時代の「暎子」の話をする。

「ペンタリズム・コントラスト」
普通の親よりは物分りよく、高いカメラでもパソコンでも買い与えてくれる両親から「もういい加減、写真で遊ぶのは控えたらどうなの?」と言われたシズ。予備校に通うため部活にもいけない。親が思う大学と自分が進みたい道…
文化祭で展示した写真を片付けるように言われて久しぶりに部室に行く。マスキングテープで留められた写真を見ていると、一枚だけ日焼けしてる事に気がついた。いったい誰が何の為に?

全体を通してみて、カオリの話が衝撃的でした。告白されてビンタしてしまった理由。中学の修学旅行。そして一生懸命努力しているのに、それでもまた同じ道をたどってしまうのか…って。
| 本:あ行(その他の作家) | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2621
トラックバック