CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「猫色ケミストリー」喜多喜久 | main | 「マツリカ・マジョルカ」相沢沙呼 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「くちびるに歌を」中田永一
JUGEMテーマ:読書


長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧問の松山先生は産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ、元神童で自称ニートの美しすぎる臨時教員・柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。
それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。夏のNコン(NHK全国学校音楽コンクール)県大会出場に向け、女子は、これまで通りの女子のみでのエントリーを強く望んだが、柏木先生は、男子との混声での出場を決めてしまう。
一方で、柏木先生は、Nコンの課題曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、十五年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課していた。提出は義務づけていなかったこともあり、彼らの書いた手紙には、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた--。
五島列島の島にある中学を舞台に祖父母と暮らす合唱部の仲村ナズナと一日中一人ぼっちなのにひょんな事から合唱部に入部してしまう桑原サトル、2人が交互に語ります。

女子だけだった合唱部。Nコン目指して練習を始めようとした3年生の春、産休に入る松山先生の替わりに松山先生の同級生の柏木先生が顧問になる。美人の柏木先生目当てに男子部員が数名入部して来た。突然やってきて下手なくせに練習をまじめにしない男子に腹をたてる女子、そんな男子と仲良くする女子と女子部員も二つにわかれてしまうのです。男子を指導していた部長が男子のせいで風邪をひき学校を休んだ事がきっかけで練習を真剣にするようになった男子。柏木先生の「一人だけが抜きんでていても、意味がないんだ。そいつの声ばかり聞こえてしまう。それが耳障りなんだ。だから、みんなで足並みをそろえて前進しなくちゃいけない。みんなでいっしょになって声を光らせなくちゃいけない。なによりも、他の人とピッチを合わせることが武器になるんだ。だから、だれも見捨てずに、向上していかなくちゃならない」の言葉が印象的でした。

ナズナは母を癌で亡くし、父は愛人を作って出て行ってしまった。男の人なんて絶対に好きにならないって思ってる。幼馴染の向井ケイスケが顧問の柏木先生目当てで入ってくるが、昔ナズナが書いた手紙を手にし男子肯定派になれと協力を要請する。そんなケイスケの事が少しずつ気になりだすナズナですが、ケイスケの気持ちは…

サトルは学校の登下校の時にかまぼこ工場で働く自閉症の兄を送り迎えする地味な男の子。一年の時に後ろの席だった長谷川コトミの事が気になる。音楽室に荷物を運んで欲しいといわれた事から合唱部に入部する事になるのだが、コトミには付き合っている先輩がいる事を聞いてショックを受けたり、コンテストで佐世保に行った時にその先輩の所に一緒に会いに行ったりします。兄が自閉症でなかったら自分が生まれることはなかったと聞かされていたサトル、これはかなりショックだろうな。

コンクール当日、会場に入らなかったサトルの兄のためにナズナが言い出しコトミとサトルと歌いだした歌が次第に大きくなっていく様子が素敵でした。そしてナズナのドロップの思い出、思い出したくても思い出せなかった母の言葉を思わず聞くことができたラストも素敵でしいた。
| 本:な行(その他の作家) | 08:42 | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 08:42 | - | - |
コメント
こんにちは。
素敵なお話でした〜。
Nコン、地方の大会ですが観に行ったことがあるので何だかその時の事を思い出しました。合唱はみんなで奏でるものだから、一人だけが良くてもダメなんですよね。
生徒たちが合唱を通して成長していく姿が素敵でした^^
最後も良かったです。
| 苗坊 | 2012/06/25 9:14 AM |
苗坊さん、こんばんは。
中田さんの作品なので面白くない訳が無いとは思ってたのですが、期待を裏切られることなく最後まで大満足でした。
最後、素敵でしたね。
| なな | 2012/06/25 9:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2612
トラックバック
くちびるに歌を 中田永一
くちびるに歌を著者:中田 永一小学館(2011-11-24)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 書店員さん大注目作家・中田永一最新作! 長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧 ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/06/25 9:13 AM |
「くちびるに歌を」中田 永一
中田永一「くちびるに歌を」を読みました。 長崎の五島列島の中学校の合唱部顧問に東京から若い産休代替の音楽教師がやってきます。 彼女目当てに合唱部に入る男子たちと、コンクールをめざす女子部員たち...
| 心に残る本 | 2012/07/08 5:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/11/17 6:14 PM |