CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「誰か」宮部みゆき | main | 「捨てるな、うまいタネ」藤田雅矢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「黄昏の百合の骨」恩田陸
黄昏の百合の骨
黄昏の百合の骨
恩田 陸


亡くなった祖母の「理瀬が半年以上住むまで、この家は処分してはいけない」という遺言。そしてイギリス留学から戻ってきてその洋館に伯母姉妹と住み始める理瀬。祖母の一周忌の為帰ってきた稔と亘。

「理瀬」シリーズの物語。前回読んだ「睡蓮」からちょっと時間がたってて、なんだかとても懐かしい人達にあった気分。

祖母が残した不思議な遺言。一見穏やかに暮しているように見える、理瀬と伯母姉妹、しかしそれぞれの心の中には色んな気持ちが渦巻いている。周りから「魔女の館」と呼ばれ、注目される理瀬たち。祖母の一周忌の為帰ってきた従兄弟の稔と亘。行方不明になった男の子はどこに?誰を信じてたらいいのか?遺言の、ジュピターの謎は?理瀬が「一瞬頭の片隅に閃きながらもモヤモヤした気分を引きずる」って文章を読みながら、私も一緒にモヤモヤしながらどんどん読み進めて行きました。あーこれで終わるって思ったところで、もう一つの驚きが。恩田さんの手にすっかりはまっていました。

最後のほうの「そして、二人の少年が静かに準備を始めていた。将来再びめぐりあうことになる少女にその道が繋がっていると、一人は知っていて。もうひとりは知らずに」の文章。理瀬の物語はまだ続いていきそうですね。嬉しい。だけど二人の男の子誰だろう?亘と雅雪?

しかし、将来ヨハンと結婚するであろ理瀬。「最強のパートナーどうし。この先ずっと闇と光の境目をあるいていく」はずなのに、「何か変?」って思いながら、どんどん事件に巻き込まれていってまう。「もう少ししっかりしょうよ」って言いたくなっちゃいます。もちろん、理瀬がそうやって巻き込まれないとお話は進まないのですが…
| 本:あ行(恩田陸) | 20:52 | comments(6) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 20:52 | - | - |
コメント
そう、私もその太字のところで続編がー。と思ったのです。あの唐突な展開は「次回へ続く」の意味だろうと。楽しみです。少年の一人は雅雪であって欲しい、と切に願ってます。好きだったので。あーなんかキャラにほれ込んでしまうシリーズですね。
| ざれこ | 2006/04/24 11:46 PM |
ざれこさん、唐突でしたよね?
確かに男の子たちが素敵です。
こんな子がいたらいいのに、
いや、よかったのに(過去形にしておかなければ、怪しい女になってしまう)
| なな | 2006/04/25 10:36 PM |
こんばんは♪
TBさせていただきました。
確かに恩田さんの作品は男の子が素敵ですね。
乙女心をくすぐります(笑)
そして、女性陣が結構コワイ。
同性だからですかねー。
物語の最後にはド肝を抜かれました。
| tomekiti | 2006/07/25 8:34 PM |
tomekitiさん、こんばんは。

そう、恩田さんの作品は乙女心をくすぐります。
周りにそういう男の子がいたらよかったのになぁなんて思ってしまいますよね。

ラストは急展開でした。
えーそうなの?ってすごく驚いた記憶があります。
| なな | 2006/07/26 12:20 AM |
麦の海に〜に引き継ぎ
すっぽり恩田さんの手中にハマってしまいました(笑)
久しぶりに本を読んで夜更かししました!!
そんくらい面白かったす〜
続編はもう出てはるんですか??
気になるなぁ
| 弥勒 | 2007/06/15 12:28 AM |
弥靭さん、こんばんは。

たしかに物語が終わるまでは何も出来ない
眠る事だって出来ない…そんな本ですよね。

続編はまだだと思います。
理瀬に会いたいですね。
| なな | 2007/06/15 10:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/260
トラックバック
「黄昏の百合の骨」恩田陸
黄昏の百合の骨発売元: 講談社価格: ¥ 1,785発売日: 2004/03売上ランキング: 12,815おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/04/24 さて、三月シリーズ、現在刊行分は全部読みました。読む順番ですけど、 私が読んだのは「睡蓮」(少し前に)→「三月は深き紅
| 本を読む女。改訂版 | 2006/04/24 11:43 PM |
「黄昏の百合の骨」恩田陸
タイトル:黄昏の百合の骨 著者  :恩田陸 出版社 :文春文庫 読書期間:2006/07/05 - 2006/07/06 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り家は処分してはならない」亡き祖母の奇妙な
| AOCHAN-Blog | 2006/07/19 11:33 AM |
恩田陸『黄昏の百合の骨』
恩田陸『黄昏の百合の骨』 講談社 2004年3月10日発行 「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り家は処分してはならない」という、奇妙な祖母の遺言に従い、理瀬は留学中のイギリスから帰国した。 百合の香りが強くただよう“魔女の館”と噂される
| 多趣味が趣味♪ | 2006/07/25 8:31 PM |
黄昏の百合の骨 恩田陸
黄昏の百合の骨 この本は こばけんさん、chiekoaさん、juneさん、雪芽さん、ななさん、読書猫さんにオススメしていただきました♪ いつもありがとうございます。 ■やぎっちょ書評 三月ワールドの四冊  「三月は深き紅の淵を」  「麦の海に沈む果実」
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/09/16 4:09 PM |
黄昏の百合の骨
前作は物語の中のような(まあ物語なんですが)学園の中での幻想的なミステリで、ファンタジー色も強かったが、今作はグッとミステリ色が濃くなり、随所に散りばめられた謎や伏線が、一癖も二癖もある色とりどりの人物によって紡がれる。 誰が味方か、誰が敵か、何
| 本を読もう | 2007/04/15 8:13 AM |
黄昏の百合の骨
黄昏の百合の骨恩田 陸 「夜のピクニック」以来の恩田陸作品。 「何か面白いの読みたいなー!」と思うと この方の作家さん(+数名)の名前が浮かびます。 ということで、何となくホラーじみた 素敵なタイトルだったので手に取ったら 作者は「恩田陸」。レジ
| きょうのできごと…。 | 2007/06/12 11:26 PM |
黄昏の百合の骨/恩田陸
久しぶりの恩田さん! 「黄昏の百合の骨」/恩田陸 強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。 奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは 優雅に暮らす美貌の叔母二人。 因縁に満ちた屋敷で何があったのか。 「魔女の家」と呼ばれ
| 徒然書店 | 2007/06/15 12:29 AM |