CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「レディー・マドンナ 東京バンドワゴン」小路幸也 | main | 「海岸通りポストカードカフェ」吉野万理子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「らくだこぶ書房21世紀古書目録」クラフト・エヴィング商會
JUGEMテーマ:読書


ある日、未来の古書目録が届いた。半信半疑で注文してみると、摩訶不思議な本が次々と目の前に現れた。想像力と創造力を駆使して、書物の世界に遊ぶ、空前絶後の奇書、待望の文庫化。文庫化にあたり「あとがきのようなまえがき」を追加。
1997年の秋にクラフト・エヴィング商會の元に届けられた<SAND MAIL>それは古めかしい文字で「京都・駱駝こぶ書房製古書目録」と書かれた本でと手紙。手紙には「2052年になったこちらからそちらへ送ります。21世紀になってから50年程の古本を送りますので注文してください」と書かれていた。目録を読みながら注文した本の数々。

さすが装丁のプロ。それぞれの本が素敵です。答えだけが載っている「A」と言う本。7/3横分けの修辞学は七三分けに関する本なんだけど、本も7対3にわかれています。未来の世界では印刷されてから1年後に文字が浮かび上がるような技術が開発されていて、そのインクで書かれた本は時差式に本の色々な部分が浮かび上がるのです。それを20世紀にもってくると全部白紙って言うのが、納得だけど面白い。この先本をめくりながら文字が浮かび上がってくるのを待つ楽しさったら。後「あたらしいくだもの/なつかしいくだもの」は絶対に読みたいと思いました。

ラストはなんだか考え始めるとグルグルしちゃうような、今書いてるのが未来に行ってそれがまた過去に?いったい誰が書いたのよ?って感じだったので、深くは考えずにおきました。
| 本:か行(その他の作家) | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2592
トラックバック