CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「幸せになる百通りの方法」荻原浩 | main | 「大公女殿下に捧げる密室」芦辺拓 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「しあわせのパン」三島有紀子
JUGEMテーマ:読書


北海道洞爺湖畔の静かな町・月浦に、りえさんと水縞くんの営むパンカフェ「マーニ」があった。実らぬ恋に未練する女性・香織、出ていった母への思慕から父親を避けるようになった少女・未久、生きる希望を失った老夫婦・史生とアヤ……さまざまな悩みを抱えた人たちが、「マーニ」を訪れる。彼らを優しく迎えるのは、りえさんと水縞くんが心を込めて作る温かなパンと手料理、そして一杯の珈琲だった。映画界の俊英・三島有紀子による初の小説執筆作品。映画「しあわせのパン」から生まれた、とびっきり香ばしくて温かい物語。特別付録として絵本「月とマーニ」を巻末に収録。
同名の映画の監督が書いた小説だそう。色々見ていると映画の隙間を埋めるような小説みたい。映画も見てみたいなぁ。

北海道洞爺湖湖畔の月浦でカフェ「マーニ」を営むりえさんと水縞くん。りえさんはコーヒーをいれ、水縞くんはパンを作る。そこを訪れる悩みを抱えた人たちは二人の料理を食べ、コーヒーを飲み元気をもらう。夫婦という事になっているりえさんと水縞くんにはなんだか距離があるような気がする。

とても素敵な物語なんです。静かだし、料理はおいしそうだし。夢みたい。

「さよならのクグロフ」
デパートで働く香織は羽田でイケメンの彼、岡田に電話をかけている。香織のお誕生日にあわせ沖縄に行く予定だったんだけど、岡田が来ない。香織は真逆の北海道へ行くことにした。新千歳空港の観光課窓口で勧められたカフェ・マーニに行った香織の2泊3日の旅。

「ふたりぼっちのポタージュ」
学校で出された宿題「一番好きな食べ物と一番嫌いな食べ物」そんなの書けるわけが無い。だってそれはお母さんが作ってくれた「かぼちゃのポタージュ」なのだ。お母さんはお父さんと喧嘩をして出て行った。ホテルで働くお父さんは忙しく未久とあまり会えない。ある日、バスに乗らずにバス停の先にあるカフェに行った。

「壊れた番台とカンパニオ」
関西で銭湯をやっていた史生は店をたたみ年上の妻・アヤと一緒に月浦へやってきた。そこは二人が新婚旅行をした思い出の場所だ。アヤが病気になったので死に場所を求めてやってきたのだ。カフェ・マーニに泊まった二人。結婚当初からパンが嫌いと言ってたアヤがパンを手に取りおいしいといった。

「カラマツのように君を愛す」
りえに3度あっただけなのに「月浦で一緒に暮らそう」と言った水縞の日記。文房具会社の営業をしていたボクは純喫茶で休憩するのがすきだった。ある日、喫茶店の窓から見た川の向うのビルの窓から女の人の腕が伸びてきて紙ふぶきを散らした。それがりえさんとの出会いだった。

これがもう本当に素敵なんです。「想う、という事は苦しみです。 その想いが実るか実らないかわからないまま、想い続けることは楽なことではないとボクにはわかっていたのです。」って始まるんです。「だから客観的になる為に日記をつける」と。

まぁ、実際何の仕事も持たずに北海道に移住し、電気も無いところで暮らしコツコツと家を建てながら暮らし、お客が来るのかわからないようなカフェを作るなんて、夢物語ではありますが、それでも素敵!

最後に「もうボクは日記を書かないと思います」ってある。その一言がよかったな。
| 本:ま行(その他の作家) | 17:15 | comments(5) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 17:15 | - | - |
コメント
映画を先に観ましたが、確かに映画の隙間を埋める作品だと思います。
りえさんは水縞くんのような男性に想われて幸せでしたね。
| こに | 2012/05/29 7:38 PM |
登場人物たちの設定や心情を深く描写していて、映画をより楽しめる物語でした。書かれた言葉も美しかったです。

小説を読んで未来ちゃんとパパが食べたコロッケは百合根でつくられたものだってわかりました。料理の描写もおいしそうでした。

| 日月 | 2012/05/29 10:53 PM |
◇こにさんへ

映画を観てから読むと、頭の中に大泉洋さんと原田知世さんが出てくるのでしょうね。
りえさんは幸せな人ですよね。

◇日月さんへ

監督さんが書いた小説だからこそ、映画と本の両方楽しめるんでしょうね。
映画、7月にDVDになるようなので観てみようと思います。
| なな | 2012/05/31 10:05 AM |
こんにちは。
私は映画は見ていないのですが、あの2人を頭に思い浮かべながら読んでいました。
綺麗な北海道の景色が目に浮かぶようでした。素敵な作品ですよね^^
水縞くんとりえさんの出会いと関係は驚きましたが、2人ならきっと大丈夫だと思いました。
| 苗坊 | 2012/05/31 11:15 AM |
苗坊さん、こんばんは。
表紙に二人の写真が載ってるから、やっぱり頭の中で二人が動きますよね。
素敵な作品です。静かな生活にため息が出ました。
| なな | 2012/06/01 10:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2590
トラックバック
三島有紀子「しあわせのパン」
ポプラ文庫2011年12月 第1刷発行2012年1月 第8刷発行207頁 巻末に収録絵本「月とマーニ」 映画「しあわせのパン」の三島監督による書き下ろし小説です読後は本を読んだというより、映画をより詳細に鑑賞したような気分でした りえさんと水縞くん以外の登場人物が
| 読書と映画とガーデニング | 2012/05/29 7:39 PM |
小説 「しあわせのパン」 三島 有紀子
映画「しあわせのパン」のノベライズ本。「しあわせのパン」は、北海道・湖のほとりの町月浦でカフェマーニを営む水縞くんとりえさんと、カフェを訪れるお客さんたちの物語を四季を通じて丁寧に描いたすてきな映画です。 映画に劣らず、小説もとてもよかった。 登場
| 日々の書付 | 2012/05/29 10:36 PM |
しあわせのパン 三島有紀子
しあわせのパン (ポプラ文庫)著者:三島有紀子ポプラ社(2011-12-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 北海道洞爺湖畔の静かな町・月浦に、りえさんと水縞くんの営むパンカフェ「マーニ ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/05/31 11:13 AM |