CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「サファイヤ」湊かなえ | main | 「毎日かあさん」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「あなたの本」誉田哲也
誉田 哲也
中央公論新社
¥ 1,470

JUGEMテーマ:読書


憧れの都会で流されるままに暮らす女の血脈。深き森で暮らす原始人たちの真実。ごく普通の男子中学生の前に現れた天使の目的。父の書斎で発見した一冊の本に翻弄される男の運命。天才スケート美少女を見守り続ける少年の淡い初恋。すべてを手に入れたミュージシャンが辿り着いた場所。警視庁新宿署新宿六丁目交番に勤務する諸星巡査長の意外な日常―引き込まれるストーリー、予想外な結末を、堪能せよ。
短編を続けて読んだので、どれが誰の物語なのかわからなくなってきちゃいました。

一番面白かったのは「交番勤務の宇宙人」

「帰省」
田舎では姉みたいな人が美人と言われる。幹子は都会に出たが、元彼のヒロにつきまとわれている。近くに住む姉といっしょに田舎に帰省する前日、ヒロがやって来た。幹子を風俗で働かせ、気に入らないと暴力をふるっていたヒロ。川の土手でヒロともみ合い、ヒロは階段から落ちてしまった。帰省の電車に揺られながら不安な気持ち。

ヒロが登場した時には本当に怖かった。でも、歴史は繰り返すなんですね。

「贖罪の地」
山の中で狩りをして暮らす大人の男二人と女一人、そして少年一人。「卵」のような硬いものに住む白い男が彼等を見守っている。

う〜ん。わからない世界観でした。

「天使のレシート」
中3の僕はコンビニで働く「天使」という名前の女性にほのかな恋心を抱いている。ある日川原で「天使」さんとでたった僕はカラスにから揚げをあげる彼女と話をした。彼女の正体とは…

これは何かのアンソロジーに入っているのを読んだことがあった。

「あなたの本」
国語の教師をしていた父親の書棚にあった「あなたの本』」そこには自分が生まれてからの事が書いてあった。最初は信じなかった吉川だが、両親が死んだ後本内容の正確さに驚いた。だが、人生のカンニングをするべきじゃないと未来の部分は読まずにいた。妻をもらい、その妻が病気になり、久しぶりに本を手にした吉川。

これは最初から読んでしまった方が良かったんじゃないかなぁ。私だったらどうするだろう。ガッカリするとわかってても読んじゃうと思う。

「見守ることしかできなくて」
小学生の時、妹のお供として通う事になったスケート教室で「俺」はプロを目指すユウナと出会った。ユウナの滑りに感動したが翌年にはユウナは別のリンク移ってしまい会えなくなってしまった。中学に進学し、ユウナと同じ中学に入り言葉を交わすようになった。僕は優勝を目指すユウナを見守り、応援する。

ファンタジーなのかな。まさかそんなラストとは。乙一さんっぽいかも。

「最後の街」
ミュージシャンとして大成功した男は目標を見失い「この世の果て」を目指すことにした。この世の果ての手前にある「最後の街」にある店の店主は「この世の果てなんか行くべきじゃない。今まで何人も見送ってきたが、戻ってきたのは1人だけで、その1人も意識を失ったまま」だと言う。だが男は「この世の果て」を目指して旅立った。

この世の果てで透明になって隙間にはまり込む様子がずっと頭の中に残りました。


「交番勤務の宇宙人」
前任の早田隊員と代わり、地球の警備担当駐在員になった光の星星人・諸星団吉。日本では自分たちの活躍がテレビで放映され大人気だと聞いていたが、実際は誰も宇宙人の存在に気付いておらず、目立たないように大人しく交番勤務をしておけと言われる始末。交番での退屈な日々。だが、ある日10円がボタンになったり、お札が新聞紙にかわる事件が起こった。宇宙人の仕業に違いない。

ウルトラマンのような最近のジョージアのCMのような設定。せっかく地球の平和のためにやってきたのに交番勤務で目立たないようにって言われちうかわいそうな警備隊員です。何か事件が起こったとき「新宿署には東警部という有能な警部がいる」と言うようなことが書いてありました。誉田さんのなんかの小説で読んだぞ、東さん。
| 本:は行(誉田哲也) | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック