CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋」 | main | 「仙台ぐらし」伊坂幸太郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「三匹のおっさん ふたたび」有川浩
JUGEMテーマ:読書


剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!」と、ご近所の悪を斬るあの三人が帰ってきた! 書店万引き、不法投棄、お祭りの資金繰りなど、日本中に転がっている、身近だからこそ厄介な問題に、今回も三匹が立ち上がります。ノリのお見合い話や、息子世代の活躍、キヨの孫・祐希とノリの娘・早苗の初々しいラブ要素も見逃せません。漫画家・須藤真澄さんとの最強タッグももちろん健在。カバーからおまけカットまでお楽しみ満載の一冊です。
今回も3匹がパトロールをします。この三人、本当にきっちりと正しいところが素敵です。本の中にも出てきたけど、老人だからって全ての人が「いい人」「正しい行い」をする人じゃないけど、この三人はいつも正しい。町でたむろしている不良にだって全然負けてないです。体力も気力も。

祐希と早苗は高校3年生になり、どこの大学に行こうか悩みます。祐希はなりたいものは見つからないけど「もうすこしジジイの側にいたい」と言うような事を言うのです。言葉は雑だけど、三匹の頼みには軽く腰を上げるし、いい子です。

「第一話」
キヨの嫁、お嬢さん育ちの奥様・貴子がパートに行った先で遭遇したトラブル。

忙しい肉屋でひとりスローペースの貴子は職場に全然なじめない。そんな時親切にしてくれた同僚。お茶をするたび「ちょっと出しておいて」と小銭を借りる同僚。これは断りにくそうですよね。それにしても世間知らずの貴子、結構がんばります。そして息子の祐希がやさしい!

「第二話」
重雄が毎月将棋雑誌を買いに行く商店街の書店。孫の絵本でも買おうかと2階へ行くと漫画コーナーにいた中学生がにらんできた。その3人は万引きの常習犯で、大型書店でも見つかった途端逃げ出し祐希と早苗にぶつかったことがあった。

春休みになり中学生が悪さをするだろうと書店でのパトロールをかってでた三匹。店長は万引犯をつかまえるんじゃなく、未然に防ぎたいと言うのです。ただ、常習犯の中学生3人はそういうわけにはいかない。警察には言わず、書店で働かせる店長。いい人だとは思うけど、万引きしたらやっぱり警察に通報しなきゃ。

「第三話」
新学期が始まり勉強に集中できない早苗。高校三年生、とても大事な時期なのに。原因はお父さんである則夫とお見合いをした女の人。

則夫の妹の話術にはまり、お互い相手のことを考え自分の気持ちを抑えてどんどん「結婚」の方向に進んでいきそうでした。祐希に八つ当たりした早苗。最初何が起こったのか全然わからない祐希でしたが、自分の方が頼られてると喜ぶ姿がかわいい。

「第四話」
キヨのバイト先「エレクトリック・ゾーン」では最近朝になるとゴミがいっぱい。夜中のうちに散らかされたものだ。仕事帰りにコニビニゴミを散らかしている中学生を注意したキヨ。翌日、大量のゴミが敷地内にばら撒かれていた。それから夜回りを始めた3匹。いったい誰が?その後、キヨの妻が知り合いの地主からゴミの不法投棄をする人がいって困っているので何とかして欲しいと頼まれる。ゴミを捨てているのはだれ?

ゴミ、曜日によって捨てられるゴミが決まっていて出しそびれると生ゴミがひどい事に!なんて事もありますが、粗大ゴミだけでなく普通のゴミもだんだんと有料化になっていますよね。そうなると不法投棄がひどい事になるんです。悪いのは若者だけじゃないって言うのもなんだか納得。

「第五話」
重雄の息子康生は子どもの頃居酒屋をしている父親が大嫌いだった。だけど、お祭りの時だけは父がかっこいいと思っていた。神社の神主が替わってからお祭りをやっていない。商店会も活気付くんじゃないかとお祭りを企画したが、前回お神輿が壊れてしまっていて直すのに100万以上かかるらしい。住宅を回り寄付を募る康生。

「第六話」
町に偽三匹が現れた。早苗の家の前を通り靴紐を直している祐希を放火犯と間違え、かばんの中身を見せろという3人。どうやらその家の1人がシゲの妻の幼馴染らしい。

いやいや、シゲの奥さんもてるじゃないですか!


そうそう、ボーナストラックとして「好きだよと言えずに初恋は、」という物語が入っています。父親の仕事の関係で転勤ばかりしている潤子という女の子が小学校6年生の時に気になっていた男の子との話。その男の子は昼休みに潤子の事を誘い出し色々な花について教えてくれるのです。

その男の子は日下部君って名前でした。これは「植物図鑑」のイツキとさつきの息子らしい。潤子はだれなんだろう?調べてみたら「三匹のおっさん」に登場しているみたい。だれ?
| 本:あ行(有川浩) | 23:31 | comments(8) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 23:31 | - | - |
コメント
今回もおっさんたちは元気でしたね。ノリさんの見合い話や偽物騒動まで、いろいろな種類の話で楽しめました(^^)

私は、本屋の万引きの回がすきです。万引き犯をつかまえるより、万引きをしないようにしたいという店主の対応がすてきでした。

「好きだよと言えずに初恋は、」にでてきた女の子は、「三匹のおっさん」で祐希と早苗の中を引っ掻き回していた女の子だと思います。
| 日月 | 2012/04/28 11:22 AM |
日月さん、おはようございます。

万引きの話、店主の対応は素敵でしたね。働かせて、ちゃんとバイト料を渡す。

「好きだよと言えずに初恋は、」の潤子ちゃん「三匹のおっさん」に登場していたんですね。なるほど。再読してみます。ありがとうございました。
| なな | 2012/05/03 8:07 AM |
番外編のじゅんこは一巻ででてきた子です。早苗の元同級生のはずです。あと可能性としてですが、日下部君はもしかするとイツキとさやかの子供の可能性もありますね^^
| みつき | 2012/05/05 7:18 AM |
みつきさん
一巻をもう一度読み返してみないとですね。
日下部君、イツキとさやかの子供!
そうか…そうなると母親の言葉って言うのがさやかの発言になるんですね。そう考えるとワクワク度が増しますね。
ありがとうございました。
| なな | 2012/05/06 8:47 AM |
こんにちは。
三匹のおっさんたちがまた活躍していて嬉しくなりました。
でも、社会問題がリアルすぎてちょっとモヤモヤしてしまうところもありました。こういう人が実際にたくさんいるんだと思うと悲しくなります。
万引きの話は店主が素晴らしかったです。私は警察に突き出せばいいじゃないかと思いましたが。

「好きだよと言えずに初恋は、」は全く別物だと思って読んでいたのでブログのお友達さんに教えてもらうまで全然気づきませんでした^^;
私が聴いたのは日下部君はイツキ君とさやかの子どもで、潤子は早苗の友達だという事でした。
でも早苗の友達で登場したことは全く覚えていません^^;
| 苗坊 | 2012/05/07 9:23 AM |
苗坊さん、おはようございます。

ゲームセンターにゴミを持ち込む主婦の話は腹立たしかったし
お年寄りに席を譲る話は「どこまでがお年寄り?」って悩むし
なんだかわかるなぁって事がいっぱいでした。

「好きだよと言えずに初恋は、」はイツキの子供なんでしょうね。
潤子、私も全然覚えてない。
でも、嫌がらせされたかもしれないなぁとはなんとなく思い出してきました。
| なな | 2012/05/08 8:09 AM |
ななさんのレビュー見るまで、私ずっとあの日下部君はあの日下部君で、彼の小学校時代の話だと思ってました。潤子のことは前作、自分のレビューで気付きましたけど、詳細忘れてるんで、もう一度確認したいですね。

で、本題!?私も万引き犯は警察に突き出すべきだと思ったし、祭りの町内会長とマンションの住民、ちょっと納得いかないですね〜。実際ありそうなことで、なんかすっきりしない終わり方が現実的!
| じゃじゃまま | 2012/10/19 11:55 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

私も日下部くんはあの日下部君が子供のころの話だと思ってて、感想にもそう書いていたんです。
だけど違うって事を教えていただいて、ちょこっと書き直してしまいました。

万引きね〜やっぱり警察ですよね。うん。
| なな | 2012/11/01 10:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2568
トラックバック
「三匹のおっさんふたたび」 有川 浩
「三匹のおっさん」の続編、「三匹のおっさんふたたび」読了! いやー、面白かった!(^^)今回もまた痛快でした。 キヨ、シゲ、ノリの幼馴染のアラ還三人のおっさんたちが、今回もご近所で起こる問題をが華麗に(?)解決。 しかし今回、ノリさんに見合い話が浮上!
| 日々の書付 | 2012/04/28 11:14 AM |
三匹のおっさん ふたたび 有川浩
三匹のおっさん ふたたび著者:有川 浩文藝春秋(2012-03-28)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦 ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/05/07 9:24 AM |
三匹のおっさんふたたび 有川浩著。
《★★★★》 ふたたび、三匹のおっさん現る。 町内の悪、諸問題を解決、退治していく痛快活劇!? 前作「三匹のおっさん」は、★は四つにしておきながらも、実はちょっと消化不良な印象で。 今回の★四つは文句なしの四つ!四つ半でもいいくらい。 分かった!分かっ
| じゃじゃままブックレビュー | 2012/10/19 11:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/11/08 9:21 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2014/05/31 5:05 PM |