CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< SPACE BATTLESHIP ヤマト | main | 「下町不思議物語」香月日輪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「少女は卒業しない」朝井リョウ
JUGEMテーマ:読書


高校最後の卒業式、7つのさよならの物語。
校舎取り壊しが決まっている高校、最後の卒業式の一日。少女7人が迎えるそれぞれの別れを、瑞々しく描く連作短編集。恋愛あり、友情あり、成長あり、ミステリ的仕掛けあり。青春の全てがここに!

新刊を楽しみに待ってる朝井さんの小説。高校生だったり、大学生の物語なんだけど、毎回楽しく読めます。次はいつかなぁ。
今回は廃校になる高校最後の卒業式の日の女の子達。男の子のことを書いた「桐島、部活やめるってよ」より印象に残りそうなのは、私が元女子だからかな。しかし、心の半分は親目線で読んでたな。

「エンドロールが始まる」
毎週金曜日、図書室に通う私は先生と少しだけ顔を近づけて話をした。先生に個人的に借りた本。卒業式の朝、私は先生にいつもより早く学校に来て欲しいとお願いした。私にとって卒業式の日は、この本の返却期限だった。

なんだか思わせぶりな先生だ。ちょっとずるいかも。

「屋上は青」
卒業式の日。授業をサボることも、宿題を忘れることもない優等生の私は、立ち入り禁止の東棟の屋上にいる。なぜなら尚輝から久しぶりにメールが来たからだ。子どもの頃からずっと一緒だった尚輝。でも尚輝と私は全然違った。子どもの頃からいつか尚樹は遠くに行ってしまうだろうと思ってたけど、1年前とうとうそれが現実となった。

「在校生代表」
卒業式恒例の卒業ライブ。1年生の時見たそのライブで照明をやっている人に目を奪われた私は生徒会に入る事に決めた。担任のザビエルに3つのお願いをした私は、今日ここで答辞を読む。

こんな答辞は絶対にないけど、それでも素敵な告白でした。

「寺田の足の甲はキャベツ」
男バスの寺田と付き合っている私は女バスの部長。今日、私はちゃんと言わなきゃいけない。

寺田の足の甲がキャベツみたいに見えたからかもしれない。って言うんだけど、キャベツみたいな足ってどんなんだろう?地方都市に住んでいて、彼氏と別の場所に住む事になる。そんな時ってやっぱり別れを決心するものなんだろうか?

「四拍子をもう一度」
ライブのトリで、校内で絶大なる人気を誇るビジュアル系バンド・ヘブンズドアのメンバーの化粧道具と衣装一式がすべてなくなってしまったのだ。控え室でパニックになるみんな。ところがヘブンズドアのボーカルの「刹那四世」こと森崎は、この事態に動揺しているようには見えない。


「ふたりの背景」
カナダから転校してきた私はクラスに馴染めなかった。そんな時見かけた東棟の壁に絵を書く正道君。正しい言葉だけを発しようと口数が少なくなってしまうけど、その綺麗な感情が私には心地いい。

クラスのリーダー的存在の女の子、こういう子いそうだなぁって思った。正道くんとは全く違う道だけど、きっといつかアメリカから帰ってきてパン屋の前に立つだろうなぁ。

「夜明けの中心」
卒業式が終わったその日の深夜、私は今日取り壊されることが決まっている校舎に忍び込んだ。幽霊が出るという噂があるけど、今の私にはその噂は全然怖くない。むしろ、羨ましい。

トートバッグをもって忍び込んだ学校。目の前で起こった悲しい出来事。2人が少しでも前向きになれたらいいのにって思いました。
| 本:あ行(その他の作家) | 22:49 | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - |
コメント
こんにちは。
またまた失礼いたします。
朝井さんの小説、私もとても楽しみにしています。
それぞれ卒業を迎えた学生たちの気持ちがとてもよく書かれていましたよね〜。
最後の章の子たちが抱えているものが重いですけどこれからも前向きに生きていってほしいなと思いました。
| 苗坊 | 2012/04/19 10:19 AM |
苗坊さん、おはようございます。

卒業式の切ない思いがいっぱいでした。
最後の章の2人、ものすごく重いものを抱えていますね。
目の前で…なんて考えたら私だったら何も出来なくなってしまうような気がします。
| なな | 2012/04/21 9:47 AM |
こんばんは。

朝井さん、大注目ですよね。
作品どれもいい感じで、最近いっぱい出てるのでとても嬉しいです。
いろんな女の子いましたが、みんな可愛かった♪
女の子書くの上手ですよね。

あ、私もキャベツみたいな足には引っかかりました。なんか想像できない。読み違えてるのかなとか思ったりしたのですが。
| ちきちき | 2012/04/28 8:33 PM |
ちきちきさん、おはようございます。
そうそう。最近いっぱい出てますね。
今春、就職したそうでこれからは待たないといけないのかもしれないのが残念なところです。

キャベツみたいな足!どんなんでしょうね?
夏になったらキャベツ足の子を探すため
若い男の子の足に注目してみようと思います。
| なな | 2012/05/03 8:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2555
トラックバック
少女は卒業しない 朝井リョウ
少女は卒業しない著者:朝井 リョウ集英社(2012-03-05)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 今日、わたしはさよならする。図書室の先生と。退学してしまった幼馴染と。生徒会の先輩と。部 ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/04/19 9:13 AM |
少女は卒業しない
JUGEMテーマ:読書&nbsp; 高校最後の卒業式、7つのさよならの物語。校舎取り壊しが決まっている高校、最後の卒業式の一日。少女7人が迎えるそれぞれの別れを、瑞々しく描く連作短編集。恋愛あり、友情あり、成長あり、ミステリ的仕掛けあり。青春の全てがここに!
| ぼちぼち | 2012/04/28 8:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2014/03/11 11:08 PM |