CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「夢違」恩田陸 | main | 「怪物」福田和代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「無菌病棟より愛をこめて」加納朋子
JUGEMテーマ:読書


2010年6月、私は急性白血病だと告知された。愛してくれる人たちがいるから、なるべく死なないように頑張ろう。たくさんの愛と勇気、あたたかな涙と笑いに満ちた壮絶な闘病記。
加納さんの本、久しぶり♪と思ったら、ご自身の白血病闘病記だったんですね。驚きました。

発病前から、抗がん剤による治療、そして転院しての骨髄移植。日記形式に治療の事や、副作用の事、食事について、体重についてなどが、冷静に時にはクスっと笑える加納さんらしい文章で書かれています。

しなければ治る見込みがないとわかっているけど辛い抗がん剤の副作用。骨髄移植前後の辛さ。なんと言っても骨髄移植をした人に「どうだったか」を聞いたところ、ほとんど覚えていないと言うのですから、限界ギリギリの抗がん剤投与やその後の骨髄移植は想像を絶するものでしょうね。

ご家族とのやりとりがたくさん出てきます。ご主人の優しいこと!ったら、本当に羨ましくなります。うちだったら夫はものすごく迷惑そうな顔をして、病院にも来ないんだろうなあ。中学に入学したての息子さんを残しての入院はさぞかし辛かっただろうな。骨髄を提供した弟さんの手記はすごくしっかりとしていたし、それ以外のご家族も友達の話もすごく素敵でした。白血病と知って会いに来てくれた友達が書いたカード「来てっていってくれてありがとう」には涙が出ました。

加納さんの新刊が出ること、楽しみに待っています。

| 本:か行(その他の作家) | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック