CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「お別れの、そのあとで」伊藤たかみ | main | 「ルーズヴェルト・ゲーム」池井戸潤 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「荻窪シェアハウス小助川」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


みんなで暮らせば、なんでもできるそう思える瞬間が、確かにあった――。やりたいことも夢も特になし。自慢は家事の腕前だけ。そんな佳人が背中を押されて始めたのは、見ず知らずの男女6人 管理人のタカ先生との共同生活だった。場所は小さい頃に通った医院を改築した、シェアハウス。くらしのルールをみんなで作って、案外、居心地がいいかも。でも――。一歩踏み出す勇気が見つかる長編エンタメ!
沢方佳人は中学生の時に父親を亡くなり母親が外で働く事になってから、双子の弟妹の世話を含めた家事全般をやってきた。母親には大学進学を勧められたが、やりたい事があるわけでもなく高校時代からやっている酒屋でのバイトをしながら過ごす19歳。そんな佳人を心配した母親は、家を出ろと言う。近所にあり子どもの頃からお世話になっていた小助川医院がシェアハウスになるの。建築士でシェアハウスを作った相楽さんから、オーナーのタカ先生と入居者達の橋渡しをして欲しいと頼まれる。

シェアハウスに住む事になるのは佳人を含めて6人。大学に進学する18歳の恵美里、駅前の本屋に就職が決まった同じく18歳の今日子、大学を卒業して幼稚園の先生になる亜由、歯科衛生士で40歳の茉莉子、近所のレストランでウエイターをやっている37歳の大吉。

6人での共同生活がすごく楽しそうに描かれています。楽しそうなんですが、タカ先生に言わせると「悩みがある人もいる」そうで、佳人は面倒見のよさから色々な人の話を聞きます。

読みながらどんなラストになるのかなぁって思ってたのですが、まさか放火とは…放火の後からの展開があまりにもサラリとしていて、なんだかちょっと物足りなかったかも。
| 本:さ行(小路幸也) | 06:57 | comments(6) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 06:57 | - | - |
コメント
まさか、ラストが放火とは、
ちょっと小路さんの作品のイメージからは想像が
出来なかったですね〜。
「賑やかなのに、熱くはない」性格もあっての事
かも知れませんね。
http://www.birthday-energy.co.jp
というサイトで、小路さんの性格とかを詳しく書いてあって、
なんか興味深く読んでしまいました。

最近新作ラッシュみたいですね。
4月末にも出るそうですよ。

静かで穏やかなれど、産みの苦しみこそが原動力みたい
ですから、次々と作品が出るのかな・・・?。
| ドリス | 2012/04/12 11:19 PM |
ドリスさん、コメントありがとうございました。

小路さん、新作ラッシュなんですね。
それは楽しみです♪
| なな | 2012/04/18 8:33 AM |
こんばんは^^
佳人がとにかく良い子で幸せになってほしいなと気分は近所のオバちゃんでした。
タカ先生もとても素敵な人でしたよね。
隠居なんてもったいないです。更にお医者さんのいるシェアハウスなんてとても安心ですよね。
どういう展開になるかと思ったら…でしたね。

東京バンドワゴンの新作が出ましたね^^
今図書館に予約中でそろそろ来るので楽しみです。
| 苗坊 | 2012/05/13 12:47 AM |
苗坊さん、おはようございます。

私なんてホント息子を見ているような気持ちになってました。
タカ先生、素敵でしたね。
ラストにはちょっとビックリ。
この前、近所でお店数件が焼ける火事があったのです。
翌日から暫くの間、前を通るたびにこげた匂いがして
この小説を思い出していたのです。
| なな | 2012/05/17 8:14 AM |
ななさん、こんばんは。
赤の他人の彼らがどんな結末になるのかなって思っていたら、案外ハッピーエンドって感じでしたね。
シェアハウス、私はちょっと面倒くさいですけど(笑)、基本はバンドワゴンの流れですね。
| じゃじゃまま | 2012/09/11 10:54 PM |
じゃじゃままさん、おはようございます。
シェアハウス、私も面倒だなって思います。
一人で自由に暮らしたい(笑)

まだまだ続きがあってもよさそうな終わり方でしたね。
| なな | 2012/09/13 8:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2544
トラックバック
荻窪シェアハウス小助川 小路幸也
荻窪 シェアハウス小助川著者:小路 幸也新潮社(2012-02-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る みんなで暮らせば、なんでもできるそう思える瞬間が、確かにあった――。やりたいことも夢 ...
| 苗坊の徒然日記 | 2012/05/13 12:45 AM |
荻窪シェアハウス小助川 小路幸也著。
《★★★☆》 ちょっと訳ありな人々が集まるシェアハウス小助川。 相次いで両親を亡くし病院を閉めてしまった小助川鷹彦先生。父を亡くし、ずっと母の手助け弟妹の世話に明け暮れていた佳人。かかりつけの医院だったタカ先生が大家さん、気心の知れた佳人はプチ管理人
| じゃじゃままブックレビュー | 2012/09/11 10:50 PM |