CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「検察の本懐」柚月裕子 | main | 「お別れの、そのあとで」伊藤たかみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ウィンター・ホリデー」坂木司
JUGEMテーマ:読書


届けたい。間に合わないものなんてないから。一人から二人、そして…。父子の絆の先にある、家族の物語。父親は元ヤン・元ホスト・現宅配便ドライバー、息子はしっかり者だけど所帯じみてるのが玉にきずの小学生。冬休み、期間限定父子ふたたび。

「ワーキング・ホリデー」の続編です。
前作はでホストだった大和の元に進が訪ねて来て、自分に息子がいる事を知った大和。宅配ドライバーに転職して、進と2人で夏休みを過ごしました。

そして今回、季節はタイトルどおり冬。進と涙の別れをした後、進からのメールを待ちわびる大和。ところが進からは「冬休みには行く」とそっけないメールが届いただけ。携帯を見ては自分からメールしてみようか。でもうざがられるかなと悶々とする大和は父親というより恋する中学生です。冬休みになって進が大和のところにやってきても、お互いなんとなく素直に自分の気持ちを言い出せず、モジモジ。まるで有川さんの甘い小説を読んでいるようでした。

前作に出てきた人たちはみんな元気でした。ホスト時代の雪夜とナナ、そしてジャスミン。ハチさん便のボスにリカさん、コブちゃん。大和の一言でバイトを始めた大東のキャラもすごかった。

大和が時折見せるホスト時代の姿。さりげなくカタログを進めたり、お酒の飲み方だったり断り方だったり。ちょっとかっこいいなって思いました。


「エリア0 配達予告」
大和の愛車「ハニービー・キャリー」が進化した!自転車がついて機動力が倍増!そんな愛車で配達する時にカタログ販売のセールスに励むヤマト。10件達成すると報奨金が出るらしい。冬休みにやってくる進に何かプレゼントしようと一生懸命にカタログを進める大和。だが、進からのメールは少なく素っ気ない。

進にメールを頻繁にしたらウザイと思われるんじゃないか?と心配したり、雪夜が進と頻繁にメール交換していることにむくれたり。大和ったら本当にかわいらしいです。

「エリア1 サンタ便(トナカイなし)」
北海道でスキーをしてきたと思われる男の荷物を運んだ大和はその男に「仕事は面白いか」と聞かれ「一緒に働いている人たちを含め、すごく楽しい」と答えた大和は自分の返事に驚いた。営業所にやってきたナナが「進は自転車を欲しがっている」という有力情報を伝えた。12月23日に自転車を購入したヤマトは進を心待ちにする。24日帰ってきたヤマトを迎えた進はなぜか不機嫌だった。

不機嫌な理由が「ゴミの分別」だなんて。これには大笑いしました。

「エリア2 歳末特別配送」
朝礼時、年末に配達が多くなるおせち料理。これには細心の注意を払わなきゃいけないとボスから言われた。その日、アルバイトとして新規に営業所にやってきたのは、以前大和に仕事は楽しいかと聞いた大東。大東の教育係に指名された大和だったが、時間にルーズで話を全然聞いていない大東は10万のおせち料理を落としてしまった。怒り出す客に「なんとかします」と答えてしまった大東。

なんとなく展開は途中で予想できたけど、みんなが楽しく大晦日を過ごせてよかった。

「エリア3 初荷の酒」
おせち料理を作るのを手伝ってもらった根岸家から根岸夫妻、ナナと5人で二年参りをした大和と進。元旦早々、ボスからの電話。リカさんが客先で酒を飲まされてしまったのでかわりに配達をして欲しいと言うのだ。一緒にうごいていた大東も祝い酒を強要され出来上がってしまい、コブちゃんはインフルエンザに。せっかくの正月休みを進と一緒に過ごせない大和は焦燥感に駆られ、進との間もぎこちなくなる。

大和が進に由希子と三人での初詣を提案他のですが、由希子は来られないという。大和の気持ちは由希子に向いているのに、中々難しいものなんだなぁ。御餅ピザを食べる食べないでごちゃごちゃ揉める大和と進。凧揚げをしに行き、お互いにヤキモチを焼きあう二人。もう、本当に恋人同士みたいで笑っちゃった。

「エリア4 ハート配達人」
無事正月を乗り切った祝いの営業所の飲み会でヤマトは進にお年玉を渡していないことに気付いた。慌てるヤマトに進から「相談がある」とメールがきた。友人のコウタがバレンタインデーにチョコレートをもらいたいと悩んでいたので、大和に相談したのだ。そして営業所ではコブちゃんから、特定の女の子からチョコをもらう方法を尋ねられる。2人ともちょっとずれていて意中の女の子からチョコがもらえるタイプじゃないような気がすると頭を抱える大和。バレンタインデーが近づき、その手の荷物が多くなってきた頃、営業所に飛び込んできた女子中学生・金田まりは自身が出したチョコの回収を求める。配送の荷物から探し出した荷物を持ち帰ったはずのまりが公園のゴミ箱に棄てるのを目撃したヤマトはまりの目の前で、それを拾って持ち帰ろうとするのだが・・・。

「エリア5 届けたい」
進の行動に一喜一憂する大和に対して、大和をたしなめる雪夜。そんなとき、コウタから「進が由希子と喧嘩して家を飛び出してヤマトのところに向かった」という連絡が入る。待っていたが進は大和の所にやってこないし、コウタも進との連絡が途絶えたと言う。久しぶりに由希子に連絡をいれ「自分が探すので待っていて欲しい」と言うが、由希子はそんな大和の言葉を聞かずに1人で探し始める。大和は元暴走族の後輩たちを集め、進捜索を手伝わせるのだった。偶然、由希子と合流したヤマトは、後輩からの連絡で進を発見した現場に向かうが、そこで見たのは、原付に轢かれそうになる進だった。

気が利かない大東君が結構ちゃんと気を使って車の中に3人。なんだかこの先が楽しみなラストでした。
| 本:さ行(坂木司) | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:32 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2542
トラックバック