CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< メアド | main | 「六〇〇〇度の愛」鹿島田真希 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子
しゃべれどもしゃべれども
しゃべれどもしゃべれども
佐藤 多佳子


子供の頃から落語が三度のメシより好きで、18歳で今昔亭小三文に弟子入り、21歳で二ツ目になった今昔亭三つ葉は当年26歳。頑固で気が短く、女性の気持ちはさっぱりわからない。そんな彼の元に、落語を習いに通うことになった4人。三つ葉の従兄弟で吃音に悩むテニスコーチ。「話し方講座」に通う黒猫のような冷たい美人。関西弁でクラスで1人浮いたまま戦闘態勢を崩さない小学生。普段は強気ながら野球解説になると話が出来ない元ピンチヒッター。そんな個性的な連中を前に、三ツ葉は四苦八苦。

みんなそれぞれに悩みを持っていて、生きるのが不器用。落語を勉強する為に集まっても、会話は弾まない。「まんじゅうこわい」を教える事にしたが、熱意が全く見られない上に、お互い他人のあげあしをとったりもする。そうこうしているうちに、三つ葉自身も失恋したり、師匠に指摘されたりで、自信を失う。

三つ葉の語りが軽快。5人が少しずつ相手を理解し、フォローしあい、自分と向き合って悩みを克服していこうとする。そんな姿に心があたたまります。落語の発表会の時には私も一緒に緊張してました。読み終わってほのぼのする、本当に素敵なお話。

落語と言えば「タイガー&ドラゴン」の私。長瀬君を頭に思い浮かべながら読みました。歴代の有名な落語家や落語の始まりなどについてもちょこっと触れられていた。著者の佐藤さん、きっとすごい落語好きなんだろうなぁ。
| 本:さ行(佐藤多佳子) | 20:33 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 20:33 | - | - |
コメント
こんにちは^^TBさせていただきました。
私も落語と聞いたら「タイガー&ドラゴン」を思い浮かべます。
でも、ドラマを見たことはないんです^^;
いや〜見ればよかったですねぇ・・・。
三つ葉の性格、可愛らしいなぁと思いました^^
気が短くて頑固だけど、根は優しいんですよね。
ラストがとっても好きです。
映画も・・・観るかな〜・・・。
考え中です。
| 苗坊 | 2007/02/11 12:58 PM |
苗坊さん、こんばんは。

ドラマ、面白かったですよ。
ラストいいですよね。
ほのぼのしました。

映画?この本が映画化されるんですか????
| なな | 2007/02/12 12:31 AM |
こんばんは★
清々しく、本当の落語のように小気味いいテンポで、
(生の落語は聴いたことないんですが…)
さくさく読んでしまいました。
かといって決して印象の薄い作品ではなく、
登場人物たちの持つ悩み・苦悩がひしひし伝わってきて、
彼らがそれを乗り越えようとする姿に、
ただただ感動でした。

映画は良君が出てないそうで、それが残念です〜。
DVDになったら観ようかなっ。
| Rutile | 2007/07/09 10:47 PM |
Rutileさん、こんばんは。

私も生の落語は聴いたことないです。
登場人物が不器用なんだけど一生懸命で
ラストは一緒に感動しました。

映画、私もDVDになったら観ようと思ってます。
| なな | 2007/07/09 11:20 PM |
クセの強すぎの登場人物がみんな良かった。
一緒に悩んで、笑って、読み終わって心が暖かくなる素敵なお話でした。
私も落語聴いてみようかなぁ〜


| たまま | 2008/05/09 8:57 AM |
たままさん、こんばんは。
本当に素敵な物語でしたよね。
そして映画もなかなかよかったです。

最近平安寿子さんの「こっちへお入り」を読んで
さらに落語に興味持ちました。

| なな | 2008/05/09 9:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/254
トラックバック
しゃべれどもしゃべれども 佐藤多佳子
しゃべれどもしゃべれども 今昔亭三つ葉、当年26。 三度の飯より落語が好きで、噺家になったはいいが、いまだ前座よりちょい上の二ツ目である。 性格は頑固で気が短く、おまけに女性の気持ちにはめっぽう疎い。 そんな三つ葉に落語指南を頼む物好きな人が現われた
| 苗坊の読書日記 | 2007/02/11 12:57 PM |
しゃべれどもしゃべれども 佐藤多佳子
しゃべれどもしゃべれども この本はCiel Bleuの四季さんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 はじめての佐藤多佳子さん。うん。文章は正統派という感じがひしひしと伝わってきます。 粗筋など読まずにいきなり本文だったので
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/07/07 10:07 PM |
『しゃべれどもしゃべれども』佐藤多佳子
シェアブログ1152に投稿 噺家の今昔亭三つ葉は、師匠に「噺に個性がない」と言われ、少々ヘコんでいた。 そんな折、ひょんなきっかけから『落語教室』を開くことになる。 『生徒』はそれぞれワケアリの4人。 自身の悩みに加え
| 道草読書のススメ | 2007/07/09 10:36 PM |
しゃべれどもしゃべれども
★★★ 著者:  佐藤多佳子 出版社: 新潮社   映画にもなった、落語を愛する男の物語。   26歳の今昔亭三つ葉は噺家。前座の1つ上の二ツ目。落語が大好きだけど、恋にも悩み・・・ でも女の心にはとんと疎いので、悶々とすることになります。そんな
| 自由の森学園図書館の本棚 | 2009/01/11 10:30 AM |