CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「二人乗り」平田俊子 | main | オーシャンズ12 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「SPEED」金城一紀
SPEED
SPEED
金城 一紀


名門女子校に通う岡本佳奈子。家庭教師の彩子さんの自殺に疑問を持った佳奈子は、同じ大学に通う中川に相談に行く。忙しそうな中川にすべてを打ち明けることなく帰宅するが、帰り道襲われそうになる。そこにたまたま居合わせたゾンビーズの面々。佳奈子を助け、事情を聞き、彩子さんの自殺について一緒に調べる。集まってくる巨額の金、政治家とのつながり。黒幕はどうやら学園祭実行委員長の中川らしい。戦う事を決めた佳奈子とゾンビーズ。

ゾンビーズの第三弾。家事も、育児も急いで終わらせて、一気に読みました。ゾンビーズが高三の11月。「レボリューション癸魁廚慮紂沖縄に行く前の出来事です。

今回の主人公佳奈子はゾンビーズが文化祭に忍び込もうとしている聖和女学院の高校一年生。文化祭当日は休んでいたらしく、ゾンビーズの事は「学園祭に忍び込もうとしている変態連中」と思っている。ゾンビーズと戦う事を決めてから、朴にボディーガードされながら登下校をし、その事でクラスメイトにシカトされる。ゾンビーズの計画通りアギーから運転をならい、自分の事は自分で守れないとといい、朴からボクシングの基礎のワンツーを教わる。私立学校に通うお嬢さんが、肉体的にも精神的にも少しずつ強くなっていく。しかし、ボーリングもビリヤードも未経験。男の子の前でハンバーガーも食べられない佳奈子って…男の子と付き合ったからってシカトしちゃうクラスメイトって…実際の女子校はこんなんじゃないと思うんだけどなぁ。

今回は今までちょこっとしか出てこなかったアギーがたくさん登場します。いつもゾンビーズに何かを依頼されてると報酬を受け取るアギー。疑問に思った佳奈子が「どうして」と聞いたら「だって。あいつらとちゃんとつきあうのって、照れくさいだろ」って。うーん。アギー、かっこいい。今回はアギーのママも登場。ゾンビーズの面々が集まってご飯を食べていく。いいなぁ。素敵だなぁ。だけど、アギーに触れられれただけで一瞬意識が遠のきそうになる佳奈子…男の人になれていないのか、それほどかっこいいのか?私も気を失いたい。

自分が正しいって思ったことに向かって突き進むゾンビーズ。かっこいいです。又ゾンビーズに会えたらいいなぁ。
| 本:か行(金城一紀) | 11:25 | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 11:25 | - | - |
コメント
ななさん、こんにちは。
新しい自分を見つけ出す佳奈子が印象的で、
ゾンビーズの活躍が楽しい物語でしたね。
「燃えよドラゴン」「リトルダンサー」「犬神家の一族」
を見ていたので、リアルタイムで笑えました(笑)。
| 藍色 | 2006/05/23 12:11 PM |
藍色さん、こんばんは。

映画を見ているとそのシーンが思い浮かんでよさそうですね。
私は「リトルダンサー」しか知りませんでした。
「燃えよドラゴン」のあいさつを見てみたいです。
| なな | 2006/05/23 10:38 PM |
 低学歴がナンだって訴えてるとこがすきですね。人間にホントに大事なのは「誰かを助けること」のできる勇気、行動力ってことを学びました。・・・官僚の子供は官僚って時代だけれども正攻法でない生き方が出来るゾンビーズが魅力的デスw こりゃ佳奈子さんも魅かれていきますよね。
 南方、山下、アギー、スンシン、他の皆・・・ほんとはスッゴク頭がキレる気がしますね。
| カジマ | 2006/11/24 10:08 PM |
カジマさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

そうですね。学歴なんて関係ないです。
優しさと勇気があって、素敵な仲間がいる。
そんな事が大切なんだと思います。
| なな | 2006/11/26 9:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/250
トラックバック
「SPEED」金城一紀
SPEED 「レヴォリューションNo.3」「フライ,ダディ,フライ」に続くゾンビーズシリーズ3作目です。出遅れましたが、こうして3冊まとめて読むことができたのは幸せでした。どっぷりゾンビーズの世界にひたっていたので、読み終えるのがもったいなくて、読み終えた
| 本のある生活 | 2006/04/18 10:10 PM |
SPEED、金城一紀
装丁は岩瀬聡。「GO」「対話篇」「レヴォリューションN0.3」「フライ,ダディ,フライ」など現代の若者の生き方をストレートな言葉で描いて人気の金城一紀によるゾンビーズス
| 粋な提案 | 2006/05/23 12:11 PM |
SPEED 金城一紀
SPEED ■やぎっちょコメント なんて楽しい本なんだろう♪というすっきり読後感。これはまいった!! 金城さんの「対話篇」を以前読んで、淡くちょっと切ない三編の物語に空気感を感じていたけれど、この本はjuneさんの言うとおり、全くカラーが違いました。 本のあ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/07/03 6:07 PM |
金城一紀【SPEED】
作家が、どんなふうにして小説を書くのか。そこにすごく興味がある。 たとえば宮部みゆきの場合は 言葉がおりてくる のだそうだ。その言葉を次々とワープロ(今はパソコンか)に打ち込んでいき、やがて小説が完成
| ぱんどら日記 | 2006/07/12 10:01 AM |