CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ブック・ジャングル」石持浅海 | main | 「放課後探偵団」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ブロードウェイ・ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
JUGEMテーマ:映画


原題: EVERY LITTLE STEP
製作年度: 2008年
監督: ジェームズ・D・スターン 、アダム・デル・デオ
上映時間: 93分

1975年初演の「コーラスライン」が再演されることとなり、19人のキャストを求め3千人ものダンサーたちがオーディションに集まった。ダンサーたちの半生を基に描かれたこのミュージカルに、誰もが「これはわたしの物語」とキャリアをかけて挑戦。4か月後の2次選考では演技や歌の審査もさらに激しさを増し、ついに運命となるキャスト発表の日が訪れる。
16年ぶりに再演される事になったブロードウェイミュージカル「コーラスライン」のオーディション風景を、8ヶ月に亘って追い続けたドキュメンタリー映画。すごかったです。

3000人の中から選ばれるのはほんの一握り。受験者たちは、幾つかのグループに別れて踊り、合格・不合格を言い渡される。初演の時に関わっていた演出家や出演者が審査をするのですが、こだわりがあったり、先入観があったり。

沖縄出身のユカ。子どもの頃からダンス一筋、コーラスラインに出るのが夢というジェシカ。最終選考会で8ヶ月前と同じ演技をして欲しいと言われ、そんなの忘れてしまったというラシェール。ヴァルという女性は豊凶手術までしたのに結局は不合格。

すごかったのはゲイ役のオーディション。なかなか決まらなかったんだけど、オーディションなのに見ている審査員たちが涙するのです。

好きな事に一生懸命になってる姿って素敵です。そしてそんな風に打ち込めるものがある人って幸せ。すごく見ごたえのあるドキュメンタリー映画でした。
| 見る:洋画(は行) | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック