CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ヴォイド・シェイパ」森博嗣 | main | ブロードウェイ・ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ブック・ジャングル」石持浅海
JUGEMテーマ:読書


逃げろ、知力と体力の限りを尽くして。閉鎖された市立図書館に忍び込んだ男女5人を猛烈な悪意が襲う。

始まってすぐ過酷な状況になり、ひきこまれました。

平成の大合併により消失した綾北市の図書館が閉館した。この春から大学院生の沖野は秋元にその話を聞き、幼い頃通いつめ、昆虫研究の道に進むきっかけを作ってくれた懐かしい図書館に最後の別れをしようと、4月3日の深も元・綾北市立図書館へ忍び込む。同じ日、父親が図書館職員である百合香とその友人・一実と真優は、百合香の子どもの頃の愛読書を除籍本にしてもらった。しかし父親が持ち帰るのを忘れてしまったので友達に手伝ってもらって図書館に忍び込む事にした。同じ日に忍び込んだ5人はは毒針が取り付けられたラジコンヘリに追いかけられ、命を狙われることになる…。

とにかくすごい物語でした。威嚇飛行するラジコンヘリ、ティッシュペーパーで包んだコショウ爆弾を運ぶヘリ、爆竹を運ぶヘリ。色々なヘリがあちらこちらからやってきます。そんな赤と青のヘリに気をとられていると、毒のついた針をつけた迷彩色のヘリが飛んできて、刺されそうになる。



ヘリを飛ばしている側の人の話、途中途中に挿まれる話から真犯人はわかるのです。そして狙われているのが百合香だって事も。それにしても、真犯人ったら浅はか過ぎます。ボランティアの大学生に手をだしたり、人が言った事をすぐうのみにしちゃったり。



| 本:あ行(石持浅海) | 22:10 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - |
コメント
こんばんは^^
はじめから怒涛の展開で一気に引き込まれました。
本当に毒針やらコショウやら手に汗握る展開でしたよね。
面白かったのですが、やっぱり犯人の動機が納得できないですよね。
どうして信じてあげられなかったんだろうとそればかり思います。
| 苗坊 | 2011/07/01 12:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2471
トラックバック
ブック・ジャングル 石持浅海
ブック・ジャングル著者:石持 浅海文藝春秋(2011-05)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 逃げろ、知力と体力の限りを尽くして。閉鎖された市立図書館に忍び込んだ男女5人を猛烈な悪意が ...
| 苗坊の徒然日記 | 2011/07/01 12:03 AM |