CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「アネモネ探偵団 香港式ミルクティーの謎」近藤史恵 | main | 「らん」秦建日子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ばらばら死体の夜」桜庭一樹
JUGEMテーマ:読書


2009年、秋。翌年6月から施行の改正貸金業法がもたらすのは、借金からの救済か、破滅か―四十過ぎの翻訳家、吉野解は貧乏学生の頃に下宿していた神保町の古書店「泪亭」の二階で謎の美女、白井沙漠と出会う。裕福な家庭に育った妻とは正反対の魅力に強く惹かれ、粗末な部屋で何度も体を重ねる。しかし、沙漠が解に借金を申し込んだことから「悲劇」の幕があがる―。

私が読んでいる本のタイトルや装丁をチェックしては一言いう息子達。今回は「この本は怖そう」と。読み終わった後「どうだった?どんな話?」と聞かれましたが、私は「う〜ん…」としかいえなかった。最初から息子にはとてもじゃないけど話せない内容。それから最後まで、とにかく救いのない、どうしようもない人たちしか登場しない物語でした。すごくひきこまれたけど、読んだ後に何も残らなかったなあ。

古本屋の2階に住む沙漠。全く掃除していないその部屋で砂漠と関係を持つ吉野解。そして屋根の隙間から雪が舞い降りる家の中で死体をバラバラにする人。そんな風に物語が始まり、それから砂漠、解、里子、砂漠、佐藤、解の視点で物語が進みます。

とにかく砂漠がどうしようもない女なんです。美容整形をして、消費者金融からお金を借りて、さらには闇金から借金。ボロボロになり古本屋「泪」の2階に居候する。お金をくれる人なら誰でも受け入れる。

その砂漠の元に通う解。青森で母親と2人貧乏暮らし。大学入学を機に上京して、同級生の知り合いである由乃と結婚し何不自由なく暮らしているが、翻訳と大学の講師をしている収入は学生時代からの借金返済に消えてしまう。困った事は妻が解決してくれる、そんな風に考えている。

インタビューによると「ご利用は計画的に」−。かわいいアイドルが笑顔で消費者金融の利用を呼びかけていたコマーシャルが流れていたのは、今は昔。最近では、消費者金融返済困窮者の相談に乗る弁護士事務所のコマーシャルが目立つようになった。そんなCMの変化を見て「何が起こっているんだろうって、とても気になって、消費者金融問題を扱った小説を書こうと思った」と思ったそうです。

砂漠も解も消費者金融でお金を借りて、返済するお金は利息にしかならない。そんな生活を送っています。消費者金融の一番のターゲットが年収二百万円台の客って言うのには納得です。なるほどねぇ〜里子が「知り合いの知り合いが消費者金融で…」って話を同僚から聞いていますが、私の身近にもいました。主婦なんだけど、カードで買い物をして、返済が出来ないとキャッシングをして…そんな事を繰り返していたら借金が200万になってしまったと。幸い旦那さんに話して返済してもらったそうですが、だからと言ってお金遣いが控えめになったって気はしません。収入のない人は借金が出来なくなるってニュースを見たときに、これで彼女も大丈夫かなって思ったなぁ。

解の同級生・里子の話は面白かった。昔学生時代に由乃と一緒にNYに行った時、曲がる道をちょっと間違えてダウンタウンに行ってしまった。その時の「ちょっと曲がり道を間違えたらとんでもない場所にいた」というのを人に対しても感じていて、解とは学生時代仲がよかったわけじゃないけど、解のダウンタウンに二回も踏み込んでしまったという話。

古本屋の佐藤は売った本を古新聞にくるむのですが、その古新聞は同じ日付のもの。かつて、好きだった人を事故で死なせてしまった佐藤。翌日、事故の記事が載っている新聞を買いあさり、その古新聞がなくなった日に自分も死ぬつもりだという。最愛の人の娘が解に殺されたとわかっていても何もしないのはなぜだったんだろう。

砂漠は東北に向かう途中ひどい頭痛を感じ視野が赤に染まっていきます。吉野に殴られたのが原因?って思っていたんだけど、なんだかそうでもないみたいでした。あれはなんだったんだろう。



| 本:さ行(桜庭一樹) | 23:06 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:06 | - | - |
コメント
こんばんは^^こちらにも失礼いたします。
桜庭さんの作品じゃなきゃここまで読み進められなかった気がします。文章の運びや物語の展開は流石だな〜と思いました。
消費者金融の問題からこの物語が生まれたんですね。そうか、軸はそこだったんですね。
それでも読み進めていっても沙漠にも吉野にもぜんぜん共感できなくて、救いようがないなと思ってしまいました。
章の中では佐藤のところがわりと好きでした。
| 苗坊 | 2011/06/27 11:19 PM |
苗坊さん、おはようございます。

ひきこまれましたね。さすが桜庭さんって思いました。
だけど、本当にメインの2人には共感できる部分が全くなかったです。
余生を送っている佐藤、かなしいですね。
| なな | 2011/06/30 8:51 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2466
トラックバック
ばらばら死体の夜 桜庭一樹
ばらばら死体の夜著者:桜庭 一樹集英社(2011-05-02)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 2009年、秋。翌年6月から施行の改正貸金業法がもたらすのは、借金からの救済か、破滅か―四十過ぎ ...
| 苗坊の徒然日記 | 2011/06/27 11:14 PM |