CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「大盛りワックス虫ボトル」魚住直子 | main | 「アンジャーネ」吉永南央 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ハタラクオトメ」桂望実
JUGEMテーマ:読書


北島真也子、OL。157cm、100kgの愛くるしい体形ゆえ、人呼んで「ごっつぁん」―。中堅時計メーカーに就職して5年が過ぎた彼女は、ひょんなことから「女性だけのプロジェクトチーム」のリーダーに。任務は、新製品の開発。部署を超えて集められた5人と必死に企画を立てるも、その良し悪しを判断される前に、よくわからない男社会のルールに邪魔される。見栄、自慢、メンツ、根回し、派閥争い…。働く女性にエールを送る、痛快長編小説。

あれ?山本幸久さんの小説って思っちゃうような、お仕事物語。面白かったです。

主人公の北島真也子は、中堅時計メーカーに就職して5年目のOL。身長157 cm、体重100kgの堂々たる体躯。ウエストポーチにはいつもお菓子が入っている。「ごっつぁん」と呼ばれる、いじってもいいデブでみんなの人気者。

そんなごっつぁんが取締役にケーキでつられ、女性だけの新商品開発プロジェクトチームのリーダーになった。素人ならではの発想を…という取締役の安易な発想から生まれたチームだが、素人の強味を生かそうとするも世の中はそれ程甘くはなく、男社会の見栄やメンツやしきたりや根回しや派閥抗争に苦しみ戸惑いながらも、仲間達と突き進んでいく。
料理が好きな祖母のそばでいつも料理を作るところを見て、祖母の美味しい料理をたべていたごっつぁん。小学生の時にデブと言う事でいじめられていたが、「弱みは強みにもなる」の祖母の言葉を聞き、自分をいじってもいいデブキャラに仕立てて、明るく前向きに生きている。

そんなごっつぁんがプロジェクトチームのリーダーになったのです。チームのメンバーは秘書課の亜衣、経理部の地味な印象のジミー、ジミーの同期で宣伝部、歌うように喋るラッパー、営業で仕事が出来る絵里様、営業部で後輩だった千香の6名。

一度目の企画は失敗に終わったが、二度目には「弱みは強みにもなる」という言葉を胸に色々な案を出すメンバー。作戦会議を兼ねて家にメンバーを呼ぼうと思ったが「仕事の時間外に余裕はない」と言われたり、企画を通すために部長や取締役への根回しが必要だったり、人事課の上司に「仕事の九割は虚しい」と言われながらも、残りの一割のために奮闘するのです。

メンバーのあだ名もそうだけど、工場の骨皮筋右衛門とか、営業部のミミゲ、バンザイと大声で叫ぶから取締役になれたと噂のバンザイなど、出てくる人のあだ名が面白いのです。でも、考えてみたら私も昔職場に来る問屋さんにあだ名をつけていたなぁ「中年キューピー」とか「ジミーちゃん(サンリオキャラクターのパティー&ジミーから命名)」とかね。

| 本:か行(桂望実) | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2458
トラックバック