CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< メグ・ライアンの 男と女の取扱説明書 | main | 「純愛モラトリアム」椰月美智子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ラブリー・ボーン
JUGEMテーマ:映画


原題: THE LOVELY BONES
製作年度: 2009年
監督: ピーター・ジャクソン
上映時間: 135分
出演: マーク・ウォールバーグ, レイチェル・ワイズ, スーザン・サランドン, スタンリー・トゥッチ, シアーシャ・ローナン

優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン。初恋の予感に胸をときめかせていたある冬の日、彼女は近所の男に無慈悲に殺されてしまう。最初は自分が死んだことにも気づかなかったスージーだが、やがて天国の入り口に辿り着く。そんな中、犯人は警察の捜査を切り抜け、平然と日常生活を送っている。一方、愛する娘を失った家族は深い悲しみに暮れていた。やがて、父親は残された家族を顧みず犯人探しに妄執し、自責の念に苛まれていた母親はそんな夫に耐えられずに、ついに家を出てしまう。バラバラになっていく家族を、ただ見守ることしかできないスージーだったが…。
なんだか内容があるんだか、ないんだか…ちょっとわからない映画だったなぁって思ったんだけど、原作があるんですね。アマゾンの説明に「監督は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで3度に渡りアカデミー賞(R)を受賞したピーター・ジャクソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ!!映像化不可能といわれた超難作に巨匠たちが挑む!」って書いてありました。そうか、映像化が難しい内容なのか。それでちょっと納得。

図書館に新入荷CDとして入っていたので借りたのですが、図書館で見た内容紹介から亡くなった少女が家族となんらかのコンタクトをとって犯人をつかまえる話なんだと勘違いしていました。

お母さん役のレイチェル・ワイズ。何の映画に出ていたっけ?って観ながらずっと気になっていたんだけど、「コンスタンティン」「ファウンテン」「エラゴン」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」と私が見た映画にいろいろ出ていました。「ファウンテン」が印象的だったのかも。だけど、辛いからって逃げてしまうのは母親としてどうなの?家にはまだ妹と弟が残っているのに。

そしてその姉弟の面倒を見る祖母にスーザン・サランドン。アルコール漬けのおばあちゃんが一番1970年代を思わせる衣装でした。

一見普通の隣人なんだけど実は恐ろしい殺人鬼役のスタンリー・トゥッチは気持ち悪かった。気持ち悪いって思わせるだけの演技力があったって事でしょうね。それにしても彼の最後はあっけなかったなぁ。

そしてスージー。自分の遺体が入った金庫を捨てられてしまう時、霊的なものが見える同級生の体にすっと乗り移るのですが、好きだった男の子に自分の体があそこにあるって言うんじゃなく「キスして」って言うのがなんともいえずいいなぁって思いました。そしてスージーは自分の死を受け入れて天国に…ですもんね。
| 見る:洋画(や・ら・わ行) | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2445
トラックバック